シボヘール 口コミ 効果 ダイエット 結果

[シボヘール/口コミ]シボヘールがおすすめな3つのポイント・良い口コミまとめ

シボヘールがおすすめの3つのポイント

シボヘールの良い口コミ・悪い口コミを紹介します。

シボヘールは、葛の花イソフラボン配合のダイエットサポートサプリで、「脂肪燃焼」「脂肪分解」「カロリーカット」の3つの効果が期待できます!

シボヘールの主成分「葛の花由来イソフラボン」は機能性関与成分で、体重減少・脂肪減少・メタボ解消機能があることが報告されており、高いダイエットサポート効果が期待できます。

初回はWEB限定の1ヶ月980円キャンペーンがおすすめです。

↓WEB申し込み限定/初回980円キャンペーンはこちら

シボヘール公式サイトはこちら

シボヘールの良い口コミ/評判・体重15㌔以上痩せました!

体重:100㌔以上⇒86㌔

試用期間:6ヶ月

体重が大台を超え糖尿病の判決が下ってしまったので糖質制限と供に飲み始めました。

かなり徹底的に炭水化物を排除していましたのでこのサプリだけの効果ではないと思いますが翌年の健康診断ではヘモグロビンA1cの数値も健常値、ウエストも10cm引き締まったので満足しています。(@コスメ

葛の花イソフラボンは肥満気味の人の体重減少に効果的

シボヘールの主成分の葛の花由来イソフラボンは、肥満気味の方の体重やお腹の脂肪・ウエスト周囲径を減少させることが報告されています。

標準体重の方よりも、内臓脂肪や皮下脂肪が多い方のほうが、脂肪燃焼や脂肪分解の効果を実感しやすいです。

シボヘールの服用と併用して、炭水化物の制限をしたことも良い結果につながった理由ですね。

炭水化物を摂取すると血糖値が急上昇するため、体内ではインスリンを急激に分泌して血糖値を下げようとします。

血糖値の上昇率が高い食品ほど、体内では糖質の吸収率が高くなります。

ダイエットをしたい方は、血糖値の上昇が緩やかな食品(低GI食品)を選ぶと糖質の吸収率が低くなり、太りにくい体質になります。

炭水化物はダイエットの大敵なので、主食の摂取を3食から2食、2食から1食に減らすのも効果的ですね。

シボヘールのダイエット効果を実感している方の多くが、食事制限(特に炭水化物)や軽い運動を併用しています。

シボヘールの良い口コミ/評判・運動とシボヘールで15㌔のダイエットに成功

体重:63㌔⇒48㌔

使用期間:2ヶ月

腹痛などのお薬ではありませんので、ただ飲んだだけでは何の効果もありません。

説明書のなかにも適度な運動と合わせることで効果がでるようなことが書かれていましたので、私は軽めのジョギングを50分程度、週に3日だけ行いました。

そして、2ヶ月目に脂肪計測器で数値を見て驚きました。5kg弱の脂肪がなくなっていました。

少しは減ったかなと思ってましたが、まさか5kg(4.6kg)弱までの数値になっていたとは。

シボヘールだけでは無理で、運動と一緒にやったことがよかったと思います。(@コスメ

軽い運動の併用でも十分に効果があります

シボヘールは運動や食事制限と併用することで、よりダイエット効果を発揮します。

シボヘールの主成分の葛の花由来イソフラボンには脂肪燃焼効果があります。

食事や生活習慣などにより体内に蓄えられた中性脂肪は、分解して消費しなければ痩せることはできません。

葛の花由来イソフラボンには中性脂肪を分解する働きがあるので、体内に蓄積された中性脂肪を燃やしやすい形に分解することができます。

中性脂肪は分解してもエネルギーとして消費しなければ消えてなくなることはありません。

シボヘールは運動との併用が推奨されているのは、シボヘールを飲むことで中性脂肪を分解し、運動により分解された中性脂肪を消費するのが効果的だからです。

シボヘールを飲む方の中には、運動の習慣がなく体を動かすのが辛い方、膝や腰の痛みから運動ができない方などさまざまです。

運動の習慣がない人が急激に運動をすると、心臓に負荷がかかるため、かえって危険です。

膝や腰に不可がかからずに、有酸素運動で脂肪を消費できる運動は、エアロバイクや水泳などです。

エアロバイクや水泳を日常的に取り入れるのが難しいという方は、家の中で5分足踏み、ラジオ体操など、軽い不可の運動を習慣にすることで、徐々に痩せやすい体質に近づくことができますよ。

シボヘールの良い口コミ/評判・食事制限まったくなしで2㌔痩せました

体重:74㌔⇒72㌔

使用期間:2ヶ月

毎日欠かさず飲んでます。

運動も食事制限もやらず、体重も体脂肪率も飲み始めより下がりました。

お通じは以前から良かったので変わりありません。

お腹の周り、特に胃の上のお肉が落ちた様な気がします。

もうしばらく続けてみようと思います。(@コスメ

葛の花由来イソフラボンはウエスト周りの脂肪減少に効果的です

年齢を重ねると、脂肪を分解する力や脂肪を燃焼する力が衰えてきます。

基礎代謝が低下するため、若い頃と同じように生活をしていると、たくさん食べているわけではないのに太ってしまいます。

食生活や生活習慣により体内に蓄えられた脂肪は中性脂肪となり、内臓周りやウエスト周りに蓄積します。

中年太り(メタボ)になると、お腹が出てきますよね・・・。

シボヘールの主成分の葛の花由来イソフラボンは、中性脂肪を分解する働きがあります。

分解された中性脂肪は、消費されなければ再び中性脂肪に再合成されてしまい痩せません。

葛の花由来イソフラボンは、脂肪燃焼効果もあるため、分解された中性脂肪を消化することができます。

もちろん、運動をしたほうが中性脂肪の消化には効果的です。

シボヘールは、飲むだけで痩せるダイエットや置き換えダイエットのように即効性はありませんが、継続することで痩せやすい体を作ることができます。

シボヘールの良い口コミ/評判・メタボ解消に効果的

今年7月に半信半疑で一回目の購入をし、今回3回目の購入です。

成果は2ヶ月で5kg減りました。目標まであと2kg!!

シボヘールがあれば達成できそうです。(Amazon

3ヶ月の継続で効果を期待できます

シボヘールは即効性のあるダイエットサプリではありません。

そのため、3ヶ月以上の継続が推奨されています。

シボヘールは主成分の葛の花由来イソフラボンの「体重減少」「中性脂肪の減少」「ウエスト径の減少」の機能が報告されており、飲み続けることで痩せやすい体質になることができます。

シボヘールは、体内の余分な中性脂肪を分解・燃焼することで高いダイエット効果を発揮します。

でも、体内に蓄積した余分な中性脂肪は、シボヘールを飲んだだけでは簡単に燃焼させることができません。

中性脂肪は、空腹や運動などにより分解が促進されますが、そのままにしておくと再び中性脂肪に再合成されてしまいます。

ダイエット効果を高めるためには、シボヘールで中性脂肪を分解し、適度な運動で分解した中性脂肪を消費するのが理想です。

キツイ運動をする必要はありません。

脂肪燃焼のためには有酸素運動を最低でも20分以上続けることとされていますが、新たな研究では20分継続しなくても、1日のトータルで20分の運動をすることでも同程度の効果が得られるとされています。

時間がない人や、いちどに運動をするのは体力的に難しい人も、5分の足踏みを朝・昼・夜に分けて行うのはそれほど難しくないと思います。

日常生活で無理のない範囲で運動を取り入れたり、夕食のみ主食を控えることで、痩せやすい体質に変わることができますよ。

シボヘールの良い口コミ/評判・デトックス効果がすごい!

届いた今晩から、シボヘール開始!

検診も終わったけれど、思い脂肪を脱ごうと思い買いました。

ダイエットと言うと、飲んだ次の日から、お通じが良くなるのですが、今こちらを飲みだしてお通じが良くなりました。

自分は、毎日出る方なのですが、「まだ残っていますよ!」と言う事なのでしょうか?

私の場合、余りにも出過ぎたら、中止するか、飲む回数を減らします。(楽天

お通じが良くなったと感じる方が多いですね

シボヘールに含まれる成分の「セルロース」「還元パラチノース」には便通を改善する効果が期待できます。

セルロースは、サプリメントの形成に必要な食品添加物で、サプリメントの結合剤・形成材の目的で使用されます。

セルロースには食物繊維としての働きがあり、健康食品に食物繊維の目的で配合されることもあります。

そのため、セルロースを含むシボヘールを飲むと食物繊維の効果により排便効果が促されます。

還元パラチノースはショ糖から作られる甘味料で、難消化性の成分です。

そのため、多量に摂取すると便が柔らかくなることもあります。

シボヘールに含まれるセルロースや還元パラチノースはごく少量であるため、デトックス効果を実感する方が多いです。

またシボヘールの脂肪分解・消化の作用により、体内の代謝が改善することで、内臓の働きが活発になり排便が促されます。

シボヘールでダイエットに成功した口コミでは、便の量が増えたと言う方が多いようです。

腸内に便が蓄積していると腸内の消化機能が低下し、代謝が低下し太りやすい体質になります。

便通の改善は、代謝アップに繋がりダイエット効果が期待できます。

シボヘールの良い口コミ/評判・Amazon・ダイエットカフェ・@コスメなどから本当の口コミをチェック

ダイエットサポートサプリメント「シボヘール」は「葛の花イソフラボン」が配合された、機能性表示食品です。

「葛の花イソフラボン」には脂肪を減少させやすくする効果があることが証明されています。

「葛の花イソフラボン」は芸能人も愛用している人がいて、注目されている成分です。

サプリメントなので副作用もなく、気軽に飲むことが可能です。

シボヘールはマツモトキヨシなどのドラッグストアや薬局では市販されていない場合があるので、ネットでの購入がおすすめです。

ネットの通販サイトには、購入者の感想やレビューが多数あり、口コミも20代~50代と年齢も様々です。

amazonや楽天・yahoo知恵袋などの口コミでは「効果なし」などのマイナスの意見も目立ちますが、アットコスメ・ダイエットカフェなど「効果が出た」「痩せた」などいい口コミを掲載しているサイトもあります。

サプリメントは実際に使用してみないと個人差があり、効果が分からない場合があるので、いい口コミを参考にしながら利用することをおすすめします。

↓WEB限定※初回限定価格980円

シボヘール公式サイトはこちら

[シボヘール/口コミ]@コスメ・Amazon・ダイエットカフェなどの悪い口コミ/評判を紹介します

シボヘールの悪い口コミ・評判を紹介します。

シボヘールの悪い口コミでは、1~2ヶ月続けたけど効果がなかった!と言うものが多いですね。

シボヘールは飲むだけで簡単に痩せるサプリではなく、「脂肪分解」「脂肪燃焼」「ウエスト径の減少」などの効果が期待できるサプリです。

即効性はありませんが、継続的に飲むことで痩せやすい体質に近づくことができます。

運動や食事制限と併用した方は大きなダイエット効果を実感する方が多いです。

シボヘールで体内から痩せやすい健康な体を手に入れたいですね。

↓初回980円の簡単ダイエットはこちら

シボヘールの悪い口コミ/評判・運動や食事制限もしないと効果はありません

お腹周りのお肉が こんもり着いてきたので すがる思いでのみ始め4ヶ月。まるっきり変わりません効果無しです。

期待してしまったので かなりがっかりです。

やはり飲むだけで楽して痩せようなんて甘かったと反省してます。

きちんと食事と運動が1番だと痛感しました。購入代金どぶに捨てた気分ですね。(ダイエットカフェ

運動や食事制限の併用でダイエット効果アップ

即効性のあるダイエットを希望する人には、シボヘールは向いていません。即効性のあるダイエットには、置き換えダイエットなど摂取カロリーを抑えたり、不可の大きい運動などで消費カロリーをアップしなければなりません。

置き換えダイエットは空腹が辛くて失敗する人が多いですし、不可の大きな運動も毎日続けるのは億劫になりますよね。

シボヘールは即効性はありませんが、運動が苦手な人や食べることが大好きな人のダイエットをサポートします。

太ってしまう人は痩せるコツさえ掴めればダイエットはそれほど難しくないことが分かります。

シボヘールの主成分である葛の花由来イソフラボンは、中性脂肪を分解・消費する効果が期待されます。

体内に蓄積された中性脂肪は、分解されても消費しなければ中性脂肪は再合成されてしまい痩せることはできません。

そこで、分解された中性脂肪を消費するために、食事制限や運動を取り入れることで痩せやすい体質にすることができます。

でも、即効性を求めてキツイ運動や無理な食事制限をするとリバウンドしやすくなってしまいます。

毎日少しずつ体を動かしたり、夕食のみ主食を控えるど、無理のない範囲で運動や食事制限を取り入れましょう。

シボヘールを継続的に飲むことで痩せやすい体質を手に入れることができますよ。

シボヘールの悪い口コミ/評判・下痢になってしまい辞めました

毎日飲んでいたのですが、下痢をして、中止せざるをえませんでした。3ヶ月は使用しないと痩せないみたいなので、効果はありませんでした。

下痢がなく、続ければ効果があるかも?

しょうがないので、あきらめました。(@コスメ

体質によって下痢をする方もいます

シボヘールの悪い口コミでは、下痢になったと言うものが複数あります。もともと便通の良い人や便が緩い人では下痢っぽくなる人が多いようです。

シボヘールに含まれる便通を良くする成分(セルロース・還元パラチノース)により便が緩くなる体質の方がいますが、何度か飲んでいるうちに体が慣れてしまう場合もあります。

ひどい下痢や水様便、ひどい下腹部痛がある場合は、服用を見合わせたほうが良いです。

体質や体調により下痢になったり、便が緩くなる可能性もあるので、1日4粒の服用が基本ですが、1日2粒の服用からスタートして体が慣れてから徐々に増やしていく人もいます。

シボヘールはサプリメントであり薬品ではないため、1日の服用量を体調や体質に合わせて減らしても特に問題はありません。

シボヘールは脂肪燃焼効果のあるサプリであり、代謝の改善が見込めます。

代謝が改善することで全身の血流が改善し、内臓の機能が活性化することで便通が良くなったと感じる人もいます。

シボヘールの悪い口コミ/評判・1日8粒も飲んだのに効果がありません・・・

30歳を過ぎてから体重が増え、さらにはなかなか落ちなくなり、ゆるく糖質制限をしたり、ダイエットサプリや青汁など…色々試しても結果が出ないところ、こちらの製品に出会いました。某口コミサイトで1位になっていたので購入してみました。

朝と夜に4粒ずつ飲むだけなので、手軽に続けることができました。

ただ…肝心な効果は全く感じられず…。

企業から届くお手紙などは丁寧で、色々な情報を提供してくださっていたのですがやはり結果が大事ですよね。

定期コースで契約していまいしたが解約しました。

解約時には、「1か月の内数日しか解約できない」「引き留められる」…などは全くなく、電話1本でさくっと解約できたのでそこはありがたかったです。(ダイエットカフェ

1日8粒は飲みすぎです

朝と夜に4粒ずつ飲むだけなので、手軽に続けることができました。

上記のように朝晩4粒ずつ飲んだのは容量オーバーです。

シボヘールは1日4粒の服用が推奨されています。

過剰に摂取したからと言ってダイエット効果が高くなることはありません。

シボヘールの脂肪燃焼・脂肪分解効果は、最低でも3ヶ月以上の継続で体質が改善しなければ実感することはできません。

30歳を過ぎると徐々に基礎代謝が落ち、太りやすくなる方が大半です。

消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが高い状態が続けば、シボヘールを飲んでもなかなか痩せません。

シボヘールのダイエット効果を実感するためには、摂取カロリーよりも消費カロリーのほうが高い状態に日常生活の改善が必要です。

運動が難しい人は食事からの摂取カロリーを抑えるために、主食を控えたり、食事の量を減らす必要があります。

運動と食事改善の両方を併用することで、シボヘールの効果をより実感することができます。

シボヘールの悪い口コミ/評判・まったくおすすめできません

デイアナチュラやDHAのLカルニチンの方が値段も安いし効果もあります

買うならこれはやめておいた方がいいです(Amazon

葛の花イソフラボンではシボヘールがおすすめ

ディアナチュラやDHCには葛の花イソフラボンが主成分のサプリはありません。

L-カルニチンもダイエット効果が期待されていますが、シボヘールとは効果・効能が違うため比較が難しいです。

シボヘールは脂肪分解・脂肪燃焼・カロリーカットの3つの効果が期待できるサプリです。

この3つの効果が期待できるのは、葛の花由来イソフラボンを主成分としているサプリメントだけです。

カロリーカットサプリや、脂肪燃焼サプリはたくさんありますが、脂肪分解・脂肪燃焼・カロリーカットの3つの効果があって初めてダイエット効果が高まります。

シボヘールは葛の花由来イソフラボンの含有量が高く、値段も手頃で続けやすいため、ダイエットサポートサプリを探している人におすすめです。

葛の花由来イソフラボン配合のサプリメントはたくさんありますが、含有量が少なかったり、高額で続けるのが難しいものが多いです。

シボヘールのような葛の花サプリメントは最低でも3ヶ月以上飲むことでダイエット効果を得ることができるため、続けやすい価格のサプリメントを選ぶことをおすすめします。

シボヘールの悪い口コミ/評判・運動は必須です

人は運動しないと痩せません・・・て事が改めて分かりました。(楽天

消費カロリー>摂取カロリーにならなければ痩せません

シボヘールの効果として「脂肪分解」「脂肪燃焼」「カロリーカット」の3つが期待されます。

シボヘールの主成分である葛の花由来イソフラボンは、体内に蓄積した中性脂肪を分解し、消費しやすい形にしてくれます。

でも中性脂肪は分解しても消費しないと消えません。

せっかく分解した中性脂肪は、何もしなければ再び中性脂肪として再合成されます。

シボヘールを飲んだだけでは、不要な中性脂肪を消費しきれません。

中性脂肪の消費には食事制限と運動が効果的です。

シボヘールの服用に加えて運動・食事制限をすることでダイエット効果を実感することができます。

また、シボヘールはカロリーカット効果もあるため、消費カロリーをアップすることでより痩せやすくなりますよ。

シボヘールの悪い口コミ/評判・@コスメ・Amazon・ダイエットカフェなどの悪い口コミ・評判のまとめ

ダイエットサポートサプリメント「シボヘール」は機能性表示食品です。

主に、ネットの通販で購入できるため、通販サイトには使用した方々の口コミや感想・レビューが掲載されています。

個人のブログに使用の結果をまとめて記事にしている場合もあります。

アットコスメ・2ちゃんねる・5ch・ステマなどの掲示板サイトのなかには、「効果なし」「副作用がある」「危険成分が含まれている」などのシボヘールに関する悪い口コミや、デメリット情報もありますが、本当にシボヘールを使用してコメントしているのか怪しかったり、うその情報を流している場合もあります。

本当の口コミを探すのは大変ですが、公式サイトに掲載されている使用者の口コミは信用できるものなので、参考にするといいでしょう。

シボヘールはサプリメントなので、人体に有害な成分は含まれていません。副作用も心配ありませんが、1日に大量に摂りすぎると下痢を引き起こす場合があります。
また、シボヘールに含まれる「葛の花イソフラボン」にはバストアップ効果も期待できる可能性があります。

しかし、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあるため、大量に摂取するとホルモンバランスが乱れてしまう可能性もあります。

ホルモンバランスが崩れると、乳がんのリスクも高まる可能性があります。

サプリメントは1度に大量に摂取しても、すぐに劇的な効果が期待できるわけではないので、1日の推奨量の目安である、4粒を守って服用するようにしましょう。

シボヘールの本当の口コミ/体験談・飲むタイミングに注意!メタボ解消や脂肪燃焼に効果的

シボヘールは脂肪の減少をサポートする「葛の花イソフラボン」が配合されたダイエットサポートサプリで、メタボリックシンドロームの予防や、ダイエットに効果があります。。
サプリメントなので副作用はなく、用法・容量を守れば、危険はありません。

ネットの個人のブログなどで、「シボヘールを飲んでみた・使ってみた」「シボヘールを実際に使った感想」「シボヘール使用前のおなかの画像と使用後の画像」「シボヘール使用のビフォーアフター」「シボヘールを試してみた」など様々な情報があります。

個人の記事の中には、使用してみて「痩せた」「効果が表れた」などの体験談や、「効果なし」などの否定的な口コミもあり

ます。amazonなどの通販サイトにも、使用者のレビューなどが掲載されていますが、本当の口コミかどうか怪しいものもあるため、利用を考えている方は深く考えずに、参考程度に見ておけばいいでしょう。

20代を過ぎると新陳代謝が減ってきて、脂肪が減りにくくなるため、シボヘールを活用してダイエットをすることは有効と言えます。

シボヘールの口コミ・ ダイエットサポートサプリ/防風通聖散との比較

シボヘール以外にも、皮下脂肪・内臓脂肪を減らしやすくする、さまざまなダイエットサポートサプリメントが発売されています。

有名なところだと、「ナイシトールZ」「防風通聖散」「大人のカロリミット」などがあります。「シボヘールとほかのダイエットサプリメント、どっちがいい?」と思うかもしれませんが、シボヘールをおすすめします。

「ナイシトール」などは漢方薬が配合されていて、副作用として下痢を引き起こす可能性があります。シボヘールは簡保薬は配合されていないので、下痢になることはありません。

amazonなどのレビューで「効果がなかった」などの口コミがありますが、実際に使用した人の本当の口コミでない場合があり、参考程度にしたほうがよさそうです。

シボヘールはサプリメントなので、効果が表れるまでに時間がかかったり、効果にも個人差があります。

飲むタイミングは決まっていないので、朝食・夕食後などの食後や、寝る前など好きなタイミングで飲むことが出来ます。

↓内臓脂肪・皮下脂肪の両方に効果的なサプリ

シボヘール公式サイトはこちら

[シボヘール/口コミ]シボヘールの効果的な飲み方や飲むタイミング・飲み合わせについて

シボヘールは「葛の花イソフラボン」という、皮下脂肪、内臓脂肪を減らす効果がある成分が配合された、ダイエットサポートサプリメントです。

サプリメントなので、他の内服薬などとの飲み合わせは気にする必要がなく、副作用もありません。

また、医薬品ではないため、飲むタイミングや1日の上限は決まっていません。

ただし、より効果を発揮させるには、飲み方をきちんと意識した方が効率よくダイエットをすることができます。

効果的な飲み方は、「毎日欠かさず、3~4粒のシボヘールを飲み続ける」ことが痩せる飲み方です。

シボヘールは一袋に120粒入りで、1日に服用する量の上限は決まっていないため、一粒だけでも、1日にたくさんのんでも問題はありません。

ただし、サプリメントは1日にたくさん飲んだからと言って、すぐに効果が現れるわけではありません。

毎日継続して飲み続けて、少しずつ身体に変化が現れます。

継続して飲み続けていた人のブログやレビューで「痩せた」「効果があった」という声も聞かれます。

公式サイトでも、最低3ヶ月の服用を進めています。

シボヘールは、一袋120粒入りで、1日の服用は4粒を目安としているため、一袋で30日分計算です。

1日に4粒なので、朝昼晩の食後と寝る前に一粒ずつのむのがおすすめの飲み方です。

食後に飲むことで、食事と一緒にサプリメントの成分も吸収されやすくなるからです。

関連記事:【シボヘールの飲み方】効果的で正しいタイミング

シボヘールの効果的飲み方・正しい飲み方で脂肪燃焼&メタボ解消効果がアップする

シボヘールはネット通販で購入できる、ダイエットサポートサプリメントです。

「葛の花イソフラボン」が配合されていて、飲み続けていくことで、皮下脂肪・内臓脂肪を減らしやすくする効果が認められています。

ネットのブログやレビューには、「痩せた」「効果が出た」などの肯定的な評価から、「痩せない」「効果なし」といったマイナスの意見まで多数の情報があります。

サプリメントには、効果が現れるまでに個人差があります。

効果がいつから現れるかは人によって様々ですが、最低3ヶ月ほど飲み続けると効果が出てきます。

サプリメントなので、他の薬などとの飲み合わせには問題はなく、正しい飲み方といったものはりませんが、効果的な飲み方はあります。

いつ飲むのが効果的かというと、朝、昼、夜の食後や、運動前、寝る前が効果的と言えます。

食後は胃腸の活動が活発なので、食事と一緒にサプリメントの成分も吸収されやすく、サプリメントの成分を効果的に活用できます。

また、脂肪を減らしやすくするため、運動前に飲むことで脂肪の燃焼を助けてくれます。

シボヘールの効果的な飲み方・注意したい薬との飲み合わせ・併用に注意が必要なサプリや薬

シボヘールは「葛の花イソフラボン」配合のダイエットサポートサプリメントです。

「葛の花イソフラボン」は葛の花から抽出した成分で、脂肪の燃焼を助けて、痩せやすい体を作ることが出来ます。

そのため、シボヘールは「機能性表示食品」として販売されています。飲むタイミング、用法・用量を正しく守って適切に飲むことで、ダイエットに効果があります。

ネットでは「効果なし」「太る」などの評価も見受けられますが、効果には個人差があったり、効果が出るまでに時間がかかるため、継続して飲み続けることが大切です。

薬局やマツモトキヨシ・ウエルシアなどのドラッグストアでは販売していないため、ネットで購入する必要があります。

ネットでの購入も、amazonや楽天などの通販サイトを活用するよりも、公式サイトで購入したほうが、購入割引などが適用される場合があり、安く購入することが出来ます。

シボヘールは薬ではなくサプリメントなので、強い副作用が出ることはなく、ほかのサプリメントや医薬品との併用は基本的に問題はなく、注意したい薬もありません。

ラクトフェリンなど腸内の善玉菌を増やしてくれる成分が入っているサプリメントと一緒に摂取しても両方の効果を有効に活用できます。

ただし、アルコールはほかの栄養素や成分の吸収を阻害することがあるため、飲み合わせには注意が必要な場合もあります。

お酒を飲むときは、飲む前にシボヘールを摂取したほうが、成分を吸収しやすくなります。

飲み合わせに関して、不安がある場合は、かかりつけの医師に相談してシボヘールと薬を一緒に飲んでも大丈夫か相談するといいでしょう。

シボヘールの効果的な飲み方・ダイエット効果がでる期間・3ヶ月の継続を推奨する理由

シボヘールは「葛の花イソフラボン」が配合された、ダイエットサポートサプリメントです。

個人のブログなどでは、シボヘールを1週間や2週間程度~2か月程度使用した人の感想に「効果なし」などのサプリメントの効果を実感できない方の感想がある場合がありますが、シボヘールは医薬品でなくサプリメントなので、効果が表れるまでには個人差や、時間がかかります。

実際に効果が出る期間や、実感できる効果が表れるまでには、公式サイトでも推奨しているように3か月・4か月程度、継続して飲み続ける必要があります。

1か月程度では、効果が現れていても実感を得られないことが多いです。

早い人では2か月目に効果が表れる人もいますが、サプリメントの効果を確実に得るためには、3か月から半年程度飲み続けることをおすすめします。

公式サイトではらくらく定期便コースという、毎月発送してくれるコースがあります。

らくらく定期便にすると、初回購入時はシボヘールを980円で購入することが出来ます。

2回目以降も、12.7%offの2,808円で購入することが出来るので、3か月飲み続けようと考えている方で、購入を考えている場合は、らくらく定期便が一番コストを抑えることが出来ます。

シボヘールの効果的な飲み方・下痢や便秘などの副作用・ダイエット効果なしの口コミの理由

「葛の花イソフラボン」配合のダイエットサポートサプリメント、シボヘールには副作用になるような成分は配合されていません。

配合されている「葛の花イソフラボン」も科学的調査によって、脂肪を減らしやすくする効果が認められているため、シボヘールには「機能性表示食品」の表記もされています。

「葛の花イソフラボン」以外の原材料も、還元パラチノース・セルロース・二酸化ケイ素など人体に害のないものばかりです。

ただし、サプリメントにも個人差や体質によっての相性はあるため、ネットでの体験談・感想などには「便秘になった」「下痢になった」「肌荒れがひどい」「お腹が張る」などのマイナスの意見も多数あります。

「太った」「リバウンドした」などの意見もありますが、公式サイトではシボヘールを3か月間継続して飲み続けるよう勧めています。

サプリメントなので急に効果が表れないため、効果がないと感じても3か月間は続けて飲むことが大切です。

シボヘールの効果的な飲み方・飲み忘れた時はどうする?ダイエット効果を高める正しい飲み方

シボヘールは「葛の花イソフラボン」が配合されていて、脂肪を減らしやすい体づくりをサポートするサプリメントです。

サプリメントなので、ほかの薬やサプリメントとの飲み合わせは問題がなく、副作用も心配ありません。

正しい飲み方は決まっておらず、飲むタイミングも、服用している人の好きなタイミングで大丈夫です。

ただ、よりダイエットに効果的な飲み方というものはあります。

シボヘールをいつ飲むのが効果的なのでしょう?それは、飲む時間を朝・昼・晩の食後や運動後、寝る前など毎日飲む時間を決めて欠かさず飲むことです。

飲む時間を決めることで、シボヘールを飲む習慣がついて、飲み忘れ防止にもなります。

サプリメントは医薬品のように急に効果が出るわけではなく、継続して飲み続けることで少しづつ効果が表れます。

飲み忘れてしまうと、その分効果が表れるのも遅くなってしまうので、週間にすることは大切です。

公式サイトでも、3か月間の継続した服用を推奨しています。

また、食後に摂取することで、胃腸の活動も活発になっているため、サプリメントの成分も食事の栄養と一緒に体内に吸収されやすくなります。

また、1回に大量に飲んでも、体内に吸収される成分には限界があるため、回数を分けて飲むことも大事です。

シボヘールの1日の推奨量は4粒なので、1日4回に分けて少しずつ飲むことが効率のいい飲み方だといえます。

シボヘール公式サイトはこちら

[シボヘール/口コミ]シボヘールの安全性・葛の花サプリの危険性や添加物の副作用について

シボヘールは、「葛の花イソフラボン」が配合された、ダイエットサポートサプリメントです。

薬局やドラッグストアでは市販されてはいないため、ネット通販で購入する必要があります。

楽天ショッピングやAmazonなどの通販サイトにも取り扱っていますが、定価よりも料金が高い場合がほとんどです。

シボヘールを購入するなら、ハーブ健康本舗が公式通販サイトがおすすめです。

公式サイト以外の口コミやレビューには「効果なし」「痩せなかった」など否定的な意見も見られますが、シボヘールはサプリメントなので、継続して飲み続けることで効果が表れるため、最低三か月以上は飲み続けることをおすすめします。

また、飲むタイミングも大切で、朝・昼・晩の食事の後や、寝る前などに飲むことでシボヘールに含まれている成分を効率よく吸収することが出来ます。

シボヘールはGMP基準をクリアした国内工場で生産されていて、安全性にも十分な配慮がされています。

配合されている成分も副作用など危険な成分は含まれておらず、原材料は「還元パラチノース」「葛の花抽出物」「セルロース」「ショ糖脂肪酸エステル」「二酸化ケイ素」なので、人体に危険な成分は含まれていません。

サプリメントには個人差があり、人によっては体質に合わず、体調不良などの症状が現れる可能性もあります。

その場合は使用を控えたり、公式サイトならいつでも解約が可能です。

シボヘール公式サイトはこちら

シボヘールの安全性・ダイエットサポートサプリの危険性・頭痛や腹痛などの体調不良の注意点

シボヘールは、「葛の花イソフラボン」が配合されたダイエットサポートサプリメントです。

サプリメントで「機能性表示食品」扱いなので、医薬品と違い、手軽に利用できるのが特徴です。

ネットにある個人の記事やシボヘールを使用した体験談には「効果なし」「痩せない」などの意見も見られます。

しかし、サプリメント全般に言える事ですが、医薬品と違って即効性が無いため、効果を得るためには、しばらく飲み続ける必要性があります。継続して飲み続けることで、少しずつ体に変化が現れるため、シボヘールを販売している、「ハーブ健康本舗」の公式サイトでも、3か月間は継続して飲み続けることを推奨しています。

サプリメントで配合されている成分に危険性があるものや、副作用はありません。

安心して飲むことが出来ます。

しかし、注意すべき点として、人によっては体質にあわず、下痢を起こしてしまう場合もあるため、注意が必要です。

体質に合わなかった場合は、使用を控えるようにしましょう。

また、配合されているイソフラボンには女性ホルモンと似たような働きをする効果があるため、生理中に摂取すると人によっては、生理が乱れてしまったり、頭痛がひどくなるなど、ホルモンバランスを乱してしまう可能性もあるため、そのような場合もしばらく使用を控えたほうがいいでしょう。

また、妊娠中・授乳中にダイエットを行う人はあまりいないと思いますが、妊活用のサプリメントではないため、妊婦の方、母乳を飲んでいる赤ちゃんがいる方も使用を控えた方がいいでしょう。

シボヘールの安全性・葛の花アレルギーや原材料の添加物やアレルギー成分による副作用の危険性

シボヘールは脂肪を減らしやすくする効果が認められている「機能性表示食品」扱いのダイエットサポートサプリメントです。

シボヘールが「機能性表示食品」を表記できるのは、配合されている「葛の花イソフラボン」の効果によるものです。

シボヘールを製造している企業側の調査で、「葛の花イソフラボン」には脂肪の減少を助ける効果があることが認められています。

「葛の花イソフラボン」以外の成分も、身体に悪影響や副作用のない成分なので、安心して服用することが出来ますが、主成分が「葛の花イソフラボン」なので葛アレルギーのある人はアレルギー反応が出ていしまう可能性があるため、注意が必要です。

アレルギーのある人は使用を控えたり、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

また、アレルギーのない人でも、人によっては身体に合わない場合もあるため、そのような場合には服用を控えるようにしましょう。

シボヘールの安全性・大学生でも飲める?年齢制限はあるの?40代以降の男性・女性におすすめのダイエットサプリ

シボヘールはダイエットサポートサプリメントで、年齢制限はありません。

何歳の方でも飲むことは可能です。ただし、公式サイトでも掲載されていますが、未成年の服用は対象外となっているため、ダイエットでシボヘールを利用する場合は、大学生になってからや、20歳以上になってからの服用をおすすめします。

また、20代前半は代謝も衰えていないため、シボヘールは30~40代の方に特におすすめです。

30代になってくると新陳代謝の回数が減少し、脂肪が燃焼しにくくなります。

バランスのいい食事・適度な運動と合わせて、シボヘールを服用することで、ダイエットを効率よく行えます。

シボヘールは毎日継続して服用するだけなので、激しく無理な運動などは必要ないため、アラフォー女性のダイエットにもおすすめです。

シボヘールは若い人は大丈夫?中学生や高校生

シボヘールは「葛の花イソフラボン」が配合された、ダイエットサポートサプリメントです。

サプリメントなので、医薬品と違い誰でも気軽に服用することが出来ます。

定期コースもあり、効果が出なくても、気軽に解約もできるためおすすめです。

ただし、子供や中学生・高校生のダイエットにはおすすめできません。

もともと、中学生・高校生といった10代の人は新陳代謝が活発で太りにくく、部活動やウォーキングですぐに体重を減らすことが出来ます。

また、シボヘールは未成年は対象外となっていて、公式ホームページにも注意書きがあるため、控えたほうがいいでしょう。

悪い口コミの中には、「便秘になった」などのマイナスの意見もありますが、シボヘールには便秘になるような成分は入っていません。

公式サイトにも、副作用で便秘にいなるという注意書きもなく、個人の感想には「便通が良くなった」と真逆の意見も多数あるため、根拠のない嘘だといえます。

シボヘール公式サイトはこちら

シボヘールの副作用の危険性・アレルギー表示義務成分なし

シボヘールに含まれる原材料にはアレルギー表示義務成分・アレルギー表示推奨成分は含まれていません。

アレルギーは、今まではとくに問題なく過ごしていても、体調などにより突然発症することがあります。

サプリメントを選ぶときは、アレルギーの可能性のある成分は不使用のものを選ぶと安心ですね。

アレルギー表示義務成分とは

アレルギー表示義務品目は、特定原材料の7品目があります。

表示が義務付けされているものは、乳・卵・小麦・そば・落花生・えび・かにの7品目です。

これら7品目は、アレルギーを持っている方の割合が高く、アレルギー症状が強くでる可能性のある食品です。

乳や卵などはアナフィラキシーショックなど重篤なアレルギーを起こす可能性があります。

アレルギーを持っていない人も、これらの成分が含まれるサプリメントは避けたほうが安心です。

アレルギー体質の方は、サプリメントの原材料を確認することをおすすめします。

シボヘールの原材料には、アレルギー表示義務品目は含まれていないので安心です。

アレルギー表示推奨品目とは

アレルギー表示推奨品目は、アレルギー表示義務品目とは違い、必ず表示させる義務のない食品です。

アレルギーを起こす可能性はアレルギー表示義務品目より低いが、比較的にアレルギーを持っている人の割合が高い食品です。

アレルギー表示推奨品目は、あわび・いか・いくら・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン・バナナ・ごま・カシューナッツの20品目です。

身近な食品も含まれており、表示がされている商品と表示なしの商品があるため、自分で確認をする必要があります。

アレルギー表示推奨品目までしっかりと表示しているサプリメントは、安全に対しての意識が高く信頼性が高いと言えますね。

シボヘールにはアレルギー表示推奨品目は含まれていないため安心です。

植物アレルギーがある人は注意が必要

花粉症など植物アレルギーを持っている方は、植物由来の成分が含まれるサプリメントは注意が必要です。

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)はマメ科の多年草です。

植物が持つポリフェノールを多量に含んでおり、高いダイエット効果が期待されています。

でも、植物アレルギーを持っている方は、アレルギーを起こす可能性があるため注意が必要です。

服用を始めてからの体調不良・かゆみ・発疹などが見られた場合はすぐに服用を中止しましょう。

症状が強く見られる場合は、内科や皮膚科を受診すると安心ですね。

シボヘールの副作用の危険性・機能性表示食品の認定あり

シボヘールは葛の花由来イソフラボンを関与成分として、内臓脂肪・皮下脂肪の減少に効果的なサプリメントして、機能性表示食品に認定されています。

機能性表示食品の認定にはさまざまなど届出の基準があり、実験データの添付が義務付けられています。

内臓脂肪・皮下脂肪の減少効果を、第三者機関が認定したと言うことなので、信頼感が強くなりますね。

機能性表示食品とは

機能性表示食品は、事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品です。(消費者庁

消費者庁への届出には科学的根拠を示す、実験データの添付が義務付けられています。

多くのサプリメントは機能性表示食品の認定基準を満たしていないため、「食品」としての位置づけとなっています。

シボヘールは機能性表示食品の認定があるため、パッケージの表示に「内臓脂肪・皮下脂肪の減少に効果的」と表示することができます。

機能性表示食品と特定保健用食品(トクホ)の大きな違いは、機能性表示食品は消費者庁長官に届け出られたものを指し、特定保健用食品(トクホ)は、消費者庁長官の個別の許可を受けているものを指します。

シボヘールの副作用の危険性・危険性のある添加物なし

シボヘールにはいつくかの添加物が含まれていますが、危険性の高い添加物は使用されていません。

サプリメントの形成上で必要となる添加物が使用されていますが、必要のない添加物は一切使用されていないため安心です。

シボヘールに含まれる添加物・還元パラチノース

シボヘールに含まれる還元パラチノースは、食品やサプリメントに甘味料として幅広く使用されています。

他の人工甘味料とは異なり、体内で完全に消化することができます。

体内に入るとゆっくりと分解される性質から、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。

また代謝を促進させる働きも期待されています。

血糖値の急激な上昇はインスリン分泌を促進するため、日常的に血糖値の上昇が著しい食品(炭水化物・糖質)を食べているとインスリンの過剰分泌が続き膵臓に負担がかかり、インスリン分泌異常に繋がります。

血糖値が乱降下する食生活を続けることでインスリン分泌異常となり、体内では常に血糖値が高い状態となります。

血管内には余分な糖質が常にある状態となり、糖質は肝臓内で中性脂肪に合成され体内に蓄積され、肥満症に繋がります。

還元パラチノースの代謝改善効果により、血管内の糖質がエネルギー変換されやすくなり、中性脂肪の合成を抑制します。

参考:パラチノース(wikipedia)

シボヘールに含まれる添加物・セルロース

シボヘールに含まれるセルロースは、多糖類の1種で、食物繊維としての働きを持ちます。

食品やサプリメントへに添加される際には、サプリメントの形成材・結合剤として使用されたり、食物繊維として使用されます。

シボヘールは葛の花抽出物を乾燥させ粉末にしサプリメントを形成しています。

粉末をサプリメントにする際には、粉がバラバラにならないように形成材や結合剤が必要となります。

セルロースは幅広いサプリメントや食品に使用されており、安全性の高い食品添加物です。

食品添加物と聞くと体に悪そうと言うイメージを持つ方もいますが、サプリメントの形成上で必要となる添加物もあるため、必ず無添加が良いと言うわけではありません。

安価なサプリメントには危険性の高い添加物が含まれているため注意が必要です。

セルロースは危険性の高い添加物ではないため、安心して飲むことができます。

シボヘールに含まれる添加物・ショ糖脂肪酸エステル

シボヘールに含まれるショ糖脂肪酸エステルは、食用の油脂から得られる脂肪酸で、ステアリン酸やオレイン酸などの脂肪酸をエステル型に結合されたものです。

用途は幅広く、主に食品やサプリメントの乳化剤や劣化抑制剤・保存料として使用されています。

古くから食品やサプリメントに使用されている食品添加物で、安全性の高さから加工食品などの幅広く使用されています。

危険性の高い保存料もありますが、ショ糖脂肪酸エステルは安全性の高い劣化抑制剤・保存料なので、安心して飲むことができますよ。

サプリメントの製造では、必要となる添加物もあり、無添加だから良いと言うものではありません。

ショ糖脂肪酸エステルは品質や衛生管理の面から必要な食品添加物と言えます。

シボヘールに含まれる添加物・二酸化ケイ素

シボヘールに含まれる二酸化ケイ素は、別名シリカゲル・無水ケイ酸・二酸化シリコンなどと呼ばれることもあります。

二酸化ケイ素は、食品やサプリメントに幅広く使用されており、吸着剤や賦形剤として利用されています。

賦形剤はサプリメントの形成をしやすくしたり、飲みやすさを向上させるために添加されます。

二酸化ケイ素はサプリメントの形成上で必要となる食品添加物で、安全性が高いとされています。

[シボヘールの安全]葛の花(テクトリゲニン類)の効果や危険性について

シボヘールの主成分の葛の花抽出物(テクトリゲニン類)の作用と副作用の危険性について説明します。

ポリフェノールを豊富に含む葛の花抽出物は高いダイエット効果が裏付けされています。

ポリフェノールの効果・効能や副作用・危険性について紹介します。

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)に含まれる成分

シボヘールの主成分である葛の花抽出物に含まれるダイエット成分の効果や副作用の有無について紹介します。

葛の花抽出物には多量のポリフェノールが含まれており、高いダイエット効果を発揮します。

ポリフェノールの効果・効能・副作用や危険性の有無について紹介します。

葛の花抽出物には多量のポリフェノールが含まれる

シボヘールの主成分である葛の花抽出物には多量のポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは植物に多く含まれる抗酸化物質で、植物が紫外線などの外的な刺激から自身を守るために含まれています。

植物は紫外線を常に浴びているため、光による酸化によりダメージを受けやすいため、ポリフェノールを多く含み、酸化ダメージから身を守ります。

ポリフェノールは約5,000~8,000種類あると言われており、それぞれの成分で効果・効能が異なります。

ポリフェノールは全般的に強い抗酸化作用を持つことに変わりはなく、体内の老化を予防する成分です。

肥満症は体内の老化も大きな原因となるため、抗酸化物質を摂取することで代謝を改善することでダイエット効果を得ることができます。

葛の花抽出物にはポリフェノールの1種イソフラボンが多量に含まれる

シボヘールの主成分は葛の花抽出物に含まれるイソフラボンです。

葛の花由来イソフラボンは、強い抗酸化作用を持ちます。

肥満症は体内の老化も大きな原因となり、基礎代謝量の低下や、褐色脂肪細胞の減少などは老化によるものです。

年齢を重ねると基礎代謝量が低下するため、若い頃と同じ食生活を続けていると、体内で消化しきれない糖質が増えてしまい、中性脂肪に合成されてしまいます。

基礎代謝は全身の細胞が新しく生まれ変わる若い世代は高く、新しい細胞の生成が滞る中高年以降では基礎代謝量が低下します。

中性脂肪を燃焼する効果のある褐色脂肪細胞も細胞の1つなので、新しい細胞が生まれ変わる若い世代はたくさんの褐色脂肪細胞が生まれ変わり活性化しているため太りにくいのです。

年齢を重ねると褐色脂肪細胞の生まれ変わりがされず機能が低下するため、痩せにくく太りやすい体質となります。

褐色脂肪細胞の活性化には抗酸化物質が効果的です。

細胞の機能低下は活性酸素により、細胞に酸化ダメージが与えられることで起こります。

ポリフェノールの抗酸化作用により細胞への酸化ダメージが軽減できれば、褐色脂肪細胞の活性化に繋がります。

ダイエットをする上で抗酸化物質は欠かせませんね。

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)の主な効果について

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)にはさまざまな効果が期待されています。

とくにポリフェノールによる抗酸化作用・生活習慣病の予防効果が期待されます。

イソフラボンは強い抗酸化作用をもつ

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、強い抗酸化作用を持ち、ダイエット効果が期待されています。

30代40代以降になると体内は酸化(老化)し、糖の代謝がスムーズにできません。

食事から摂取した糖質は、運動や日中の活動の際にエネルギーに変換され利用されます。

糖質をエネルギーに変換する際には、ミネラルやビタミンによる代謝が必要となりますが、体内が酸化(老化)すると代謝が低下するため、食事から摂取した糖質をエネルギーに変換する能力が低下します。

血管内の糖質はエネルギーに変換されて消費されれば体脂肪が増えることはありませんが、余分な糖質は肝臓内で中性脂肪に合成され体内に蓄積されるため、糖質の代謝が低下すると太りやすい体質となります。

イソフラボンなどのポリフェノールは強い抗酸化作用を持ち、体内の酸化(老化)を予防する働きがあります。

体内の酸化(老化)により太りやすい体質となる30代40代では、抗酸化物質の摂取がダイエット効果に繋がります。

シボヘールには豊富なポリフェノールが含まれるため30代40代以降のダイエットをサポートすることが期待されています。

イソフラボンは生活習慣病の予防に効果的

生活習慣病は、高血圧・糖尿病・脂質異常症などがあります。

これらは、食事から摂取した糖質や脂質の代謝の異常により起こります。

代謝の異常は、体内が酸化(老化)することが原因となります。

30代40代以降は活性酸素により体内が酸化(老化)し、生活習慣病を発症しやすくなります。

食事から摂取した糖質や脂質は、スムーズに代謝ができれば代謝異常による生活習慣病にはなりません。

でも、年齢と共に代謝が低下し、食事から摂取した糖質や脂質は血管内で活性酸素を発生し、動脈硬化や高コレステロールなどの原因となります。

シボヘールに含まれるポリフェノールは、活性酸素を無害にする働きがあるため、血管ないで発生した活性酸素を無毒化し、生活習慣病を予防することができます。

30代40代以降のダイエットは、ポリフェノールの摂取が必要です。

ポリフェノールを豊富に含むシボヘールは、30代40代以降のダイエットにおすすめです。

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)のダイエット効果について

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)はダイエット効果が期待されています。

中性脂肪の合成を抑制・脂肪分解を促進・脂肪燃焼を促進などの効果によりダイエットに繋がります。

中性脂肪の合成を抑制する

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、血管内の余分な糖質が中性脂肪に合成されるのを抑制する働きがあります。

30代40代以降になると代謝が低下し、血管内の糖質をスムーズにエネルギーに変換することができません。

そのため、血管内に余分となった糖質は肝臓で中性脂肪に合成されてしまい、体脂肪は増加していきます。

葛の花由来イソフラボンは、強い抗酸化作用により代謝を改善し、血管内の余分な糖質をエネルギーに変換するサポートを行います。

シボヘールは、新しい中性脂肪の合成を抑制する働きがあるため、太りにくい体質に近づくことができますよ。

脂肪分解を促進する

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、脂肪分解を促進する効果が期待されています。

肝臓内で中性脂肪に合成された脂肪は、白色脂肪細胞に取り込まれ全身に蓄積しています。

中性脂肪を減らしたい場合は、グリセロールと脂肪酸の形に分解しなければ燃焼させることができません。

でもいちど中性脂肪となると、なかなか分解ができません。

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、中性脂肪の分解を促進する働きがあるため、脂肪が燃焼しやすい状態を作ることができます。

脂肪燃焼をサポートする

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、脂肪燃焼をサポートする効果が期待されています。

中性脂肪はイソフラボンの働きにより分解が促進され、燃焼しやすい状態となります。

イソフラボンには脂肪燃焼を促進する働きもあるため、体内に蓄積された中性脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)を燃やしやすくなります。

シボヘールの服用をしながら運動を併用することで、さらに脂肪燃焼効率がアップし、よりダイエット効果を得ることができます。

シボヘールのダイエットでは、運動・食事制限を併用することが推奨されています。

無理のない範囲で運動やストレッチを行い、脂肪燃焼効率をアップさせたいですね。

[シボヘールの安全]機能性表示食品と健康保険用食品の違いや安全性について

シボヘールのダイエット効果や、機能性表示食品の認定基準・特定保健用食品との違いなどを紹介します。

機能性表示食品は、科学的根拠が示されたサプリメントであることが条件であり、ダイエット関与成分として葛の花由来イソフラボンが表示されています。

多くのダイエットサプリは機能性表示食品の基準を満たしていないためダイエット効果を期待することはできません。

シボヘールは機能性表示食品の届出がされており、高いダイエット効果が期待できます。

シボヘールの副作用の危険性・機能性表示食品は安全性が高い

機能性表示食品は、一般的なサプリメントとは異なり安全の根拠を明確にすることが求められます。

機能性表示食品は、消費者庁長官への届出が必要となりますが、届出を行うにあたって、安全性や品質管理の確認項目などの条件を満たしている必要があります。

一般的なサプリメントは「食品」の扱いであり、安全性や品質管理などの確認項目はないので、安全性や品質の保証はありません。

シボヘールは機能性表示食品であり、事前に安全性の根拠を明確にしているため、安心して飲むことができるダイエットサプリです。

機能性表示食品とは

機能性表示食品は、安全性や品質管理などの条件を満たした上で消費者庁長官に届出を行う必要があります。

届出資料は消費者庁により確認がされ、不備があれば返送されるため、安全面や品質面での信用度が高い商品と言えます。

シボヘールは機能性表示食品のため、事前に消費者庁に安全面や品質管理などの条件を満たしており、安心して飲むことができます。

機能性表示食品の認定条件とは

機能性表示食品は、消費者庁によって届出の基準が設けられています。

安全性の基準は以下のように定められています。

1)以下のいずれかにより、安全性を評価し、説明できなければなりません。☑喫食実績による食経験の評価
☑データベースの2次情報などを用いた情報収集
☑最終製品または機能性関与成分における安全性試験の実施2)機能性関与成分の相互作用に関する評価を行い、相互作用がある場合は販売の適切性を説明できなければなりません。☑機能性関与成分と医薬品の相互作用の有無を確認し、相互作用が認められる場合は、販売することの適切性を科学的に説明できること
☑機能性関与成分を複数含む場合、当該成分同士の相互作用の有無を確認し、相互作用が認められる場合は、販売することの適切性を科学的に説明できること

参考:機能性表示食品の販売に必要な手続き(消費者庁)

機能性表示食品の届出をする前に、上記の安全性に関する項目を満たしている必要があります。

機能性表示食品は、被験者にサプリメントを服用してもらた結果を評価する必要があり、その安全性について説明ができなければなりません。

安全性の根拠がなければ届出を行うことができないため、さまざまな実験データにより評価を行っています。

また、機能性関与成分における安全性試験がされている必要があります。

シボヘールに含まれる機能性関与成分(葛の花由来イソフラボン)は安全性が確認された成分のため、安心して飲むことができます。

シボヘールの副作用と危険性・機能性表示食品と特定保健用食品の違いについて

機能性表示食品と特定保健用食品の違いについて説明します。

特定保健用食品(トクホ)は国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていましたが、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やすことができるように、平成27年4月に機能性表示食品の制度が始まりました。

機能性表示食品の制度が始まったのはまだ最近のことですが、消費者が商品の正しい情報を得て選択することができるため、今後はますますニーズが高まると予想されます。

シボヘールは機能性表示食品の届出がされており、安全性や品質管理などの項目で、届出の条件を満たしているダイエットサプリです。

一般的なダイエットサプリのほとんどが機能性表示食品の届出条件を満たしておらず、「食品」の扱いとなっており、ダイエット効果が得られるのかは疑問です。

ダイエットサプリを選ぶときは、機能性表示食品のものを選ぶと安心ですよ。

安全性や副作用に関する違い

機能性表示食品と特定保健用食品の大きな違いは、安全性と機能性の審査を国が行っているか否かと言う点です。

機能性表示食品は、「事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品」とされており、安全性や機能性の審査を国が行っていません。

特定保健用食品は、「表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可」とされているため、商品それぞれに消費者庁長官の許可がされています。

安全性や機能性の面では、国の審査がされている特定保健用食品の方がより信頼できると言えます。

でも、機能性表示食品も安全性や機能性に関する届出条件を満たしている必要があるため、安全性が高いことに変わりはありません。

シボヘールは機能性表示食品であり、安全性や機能性について事前に届出条件を満たしたダイエットサプリなので、安心して飲むことができますよ。

[シボヘールの安全]他のサプリメントや薬との併用の注意点や危険性について

シボヘールの副作用や、他のサプリメントや医薬品との併用の注意点について説明します。

シボヘールは機能性表示食品ですが、「食品」の扱いなので、医薬品や医薬部外品とは異なり、他のサプリメントとの併用の制限はありません。

通院中や服薬中の方は併用に注意が必要です。

↓公式サイト限定・初回980円モニターはこちらから

シボヘールの副作用の危険性・他のサプリメントとの併用について

シボヘールの副作用は他のサプリメントとの併用の注意点について紹介します。

シボヘールは機能性表示食品ですが、食品の扱いなので、他のサプリメントとの併用もとくに問題ないとされています。

特定保健用食品も食品の扱いなので、他のサプリメントとの併用はとくに問題ないとされています。

他のサプリメントと併用する際は、同じ効能・効果のあるサプリメントとの併用は、過剰摂取の危険性があるため控えましょう。

その他のサプリメントとの併用の注意点について説明します。

脂肪分解を促進するサプリとの併用は危険

シボヘールは脂肪分解サプリであり、主成分(葛の花由来イソフラボン)は脂肪分解を促進することが報告されています。

シボヘールは1日1回の服用で、脂肪分解効率が良い量の成分が配合されているため、脂肪分解を促進する他のサプリメントと併用することで過剰摂取に繋がる危険性があります。

脂肪分解などと謳っていなくても、ポリフェノール配合のサプリメントは脂肪分解を促進する効果があります。

そのため、ダイエットサプリを併用するときは、目的の違うサプリメントを選ぶと安心です。

ダイエットサプリにはさまざまな種類・目的があります。

脂肪分解・脂肪燃焼・脂肪吸収抑制・糖質や脂質の吸収抑制・腸内フローラ改善など、ダイエットのアプローチ方法は様々です。

シボヘールは体内に蓄積された中性脂肪の減少に効果的なダイエットサプリなので、中性脂肪の減少を目的にしたサプリメントを併用する必要はありません。

シボヘールには様々な類似品があり、主成分は「葛の花抽出物」となっているものが多いです。

葛の花抽出物を主成分にしたサプリメントはたくさんありますが、脂肪燃焼効率やコストなど総合的にシボヘールが最もおすすめです。

シボヘールを服用中は、他の脂肪分解サプリとの併用は必要ありませんし、過剰摂取の危険性があるので控えましょう。

脂肪燃焼を促進するサプリとの併用は危険

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)は、脂肪燃焼を促進する効果が報告されています。

脂肪燃焼はさまざまな成分のダイエットサプリがあり、香辛料の発汗作用により脂肪燃焼を促すもの、さまざまなポリフェノールにより脂肪燃焼を促すものなどがあります。

シボヘールは脂肪燃焼効率が最も良いダイエットサプリで、脂肪燃焼効果のある成分を多く摂取してもダイエット効果は変わりません。

脂肪燃焼効果のあるダイエットサプリを複数飲んでもダイエット効果は上がりませんし、コストが掛かってしまいます。

また、脂肪燃焼効果のある成分を過剰に摂取することになるので危険です。

脂肪燃焼をすれば痩せる!と思っている方も多いのですが、中性脂肪はグリセロールと脂肪酸に分解されてからでないと、燃焼することができません。

そのため、脂肪分解と脂肪燃焼の両方の効果が期待できるダイエットサプリを選びましょう。

脂肪燃焼を早めるためにダイエットサプリを複数併用するよりも、シボヘールと運動を併用した方が脂肪燃焼効率が高くなります。

シボヘールは運動や食事制限と併用することでダイエット効果が高まるため、早く脂肪を燃焼したい方は、簡単なストレッチやウォーキングを行うとことをおすすめします。

難消化デキストリンなどの食物繊維が主成分のサプリとの併用は危険

難消化デキストリンは、多くのダイエットサプリに含まれている添加物です。

難消化デキストリンは食物繊維としての働きがあるため、デトックス効果が期待できます。

シボヘールにも食物繊維としての働きがある、セルロースや還元パラチノースが含まれています。

そのため、難消化デキストリンが含まれるサプリメントと併用すると、下痢や腹痛を起こす可能性があります。

シボヘールを飲み始めて下痢や軟便になったとの口コミが複数あります。

同じ効果を持つ成分が含まれるサプリメントの併用は、不快な症状を強くする可能性があるため注意が必要です。

シボヘールの副作用の危険性・薬との併用について

シボヘールの公式サイトでは、薬との併用には注意が必要な旨が記載されています。

通院中の方や定期的に内服をしている方は注意が必要です。

通院中の方や薬を内服している方は主治医に確認をしましょう

シボヘールは機能性表示食品であり、「食品」の扱いなので、薬やサプリメントの併用についての制限はありません。

でも、通院中の方や内服治療中の方は、主治医に相談することが推奨されています。

シボヘールには薬の効果を低下させる成分は含まれていませんが、治療中の疾患が悪化する可能性も少なからずあります。

通院中の方は、主治医や薬剤師にサプリメントの原材料が記載されているものを見せて、確認をしましょう。

シボヘールの副作用と危険性・過剰摂取による危険性について

シボヘールは脂肪分解・脂肪燃焼を促進するサプリメントです。

脂肪分解や脂肪燃焼を促進する成分は、葛の花由来イソフラボン以外にもたくさんあります。

香辛料やそのほかのポリフェノールにも脂肪分解・脂肪燃焼を促進する働きがあります。

シボヘールと併用してダイエットサプリを飲む場合は、同じ効果のサプリを併用することで、過剰摂取となる危険性があります。

ダイエットサプリを併用するときは、同じ効果の成分が含まれていないものを選ぶと安心です。

シボヘールの1日摂取量について

シボヘールの1日摂取量は4粒です。

4粒の摂取で脂肪燃焼効率が最も高くなります。

シボヘールに含まれる成分は、脂肪燃焼効率が最も高い量が配合されています。

成分量が多くてもダイエット効果は変わりませんし、少ないと脂肪燃焼効果が低下します。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は含有量35mg程度が最も脂肪燃焼効率が良いとされています。

シボヘールと同じような葛の花由来イソフラボンを主成分とするダイエットサプリを併用すると過剰摂取になってしまいます。

そのほかのポリフェノールを主成分とするダイエットサプリを併用しても脂肪燃焼効率に変わりはありません。

またイソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と似たような作用を持っており、過剰に摂取することでホルモンバランスの乱れに繋がる可能性があります。

他のサプリメントと併用するときは、イソフラボンを主成分とするサプリメントの服用は辞めましょう。

シボヘールの摂取回数について

シボヘールは1日の摂取回数を1回としています。

1回で4粒を服用とされています。

シボヘールの公式サイトでは、さまざまな実験で、1日に1回4粒のシボヘールの服用で十分な結果が得られたとされています。

シボヘールは1日1回の摂取で十分な量の有効成分を配合しているため、そのほかのダイエットサプリと併用する必要はありません。

1日1回で充分な量のポリフェノールが摂取できるため、ほかのダイエットサプリを併用するよりも、簡単な運動や食事制限を併用したほうがダイエット効果は高まります。

シボヘールの内服と併用して、簡単な運動やストレッチ、糖質制限などを組み合わせることをおすすめします。

シボヘールを過剰摂取するとどうなるの?

シボヘールを過剰摂取してしまうと、体質によっては下痢や軟便・腹痛を起こすことがあります。

シボヘールに含まれるデキストリン・還元パラチノースなどの添加物は、食物繊維としての役割を持つため、過剰摂取してしまうことで下痢や軟便に繋がります。

また、シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、女性ホルモン(エストロゲン)と似たような作用を持つため、長期的に過剰摂取を続けると、ホルモンバランスの乱れに繋がる可能性があります。

過剰摂取の予防には毎日同じ時間帯の内服がおすすめ

過剰摂取の予防には毎日同じ時間帯に内服をするのポイントです。

シボヘールの効果を高めるために運動前に飲む方や、1日2回に分けて飲む方は、内服の時間帯が決まっていないため、間違えて飲みすぎてしまうことがあります。

起床後・朝食後・就寝前など、生活のペースに合わせて飲みやすい時間に設定することをおすすめします。

[シボヘールの安全]シボヘールを飲んではいけない人はいる?妊婦さんや未成年者が飲むと危険?

シボヘールは妊娠中や授乳中は副作用の危険性があるため服用は避けましょう。

シボヘールの公式サイトでは、妊娠中の服用を控えるように記載があります。

妊娠中の無理なダイエットは、妊婦さんだけでなく赤ちゃんへの悪影響をなる恐れがあるため、ダイエットサプリメントでの体重コントロールはおすすめできません。

妊娠中のダイエットは、バランスの良い食事や簡単な運動が基本です。

シボヘールの副作用の危険性・妊娠中のシボヘール服用は避けましょう

シボヘールは妊娠中の服用は避けるようにとの記載があります。

妊娠中の無理なダイエットによる危険性について紹介します。

妊娠中のダイエットは危険です

妊娠中はホルモンバランスの関係で浮腫やすく、体脂肪がつきやすい時期です。

つわりが落ち着くと食べ過ぎてしまって太ったり、検診で指摘されて無理なダイエットをする方もいます。

妊婦検診では妊娠糖尿病の有無や、赤ちゃんの成長を図るために体重測定をします。

妊婦中の体重増加は、もともとの体重や体質によっても異なります。

理想的には1ヶ月の体重増加が1~1.5キロと言われています。

妊娠中は母親が食べた食事の栄養素が、胎盤を通して胎児に運ばれます。

母親が無理なダイエットをしてしまうと、胎児に十分な栄養を送ることができないため、胎児発育不全に繋がり、流産や死産に繋がる可能性があります。

妊娠中はダイエットサプリによる無理なダイエットは危険なので辞めましょう。

妊娠中の体重コントロールは簡単な運動や栄養バランスの良い食事が必要

妊娠中は妊娠糖尿病や妊娠高血圧の予防のため、体重コントロールの指導をされます。

体重増加が多いと病院からは、バランスの良い食事や、体調の良い日は簡単な運動やウォーキングを勧められます。

妊娠中は非妊娠時に比べて約2倍の血液量が必要となるため、水分を溜め込みやすい体質となります。

そのため浮腫やすく、お腹の重みや骨盤の歪みなどから循環が悪くなり、余計に浮腫に繋がります。

シボヘールは内臓脂肪や皮下脂肪を減少される作用がありますが、妊娠中は胎盤や胎児を守るため、腹部に脂肪がつきやすくなっています。

そのため、妊娠中のシボヘール服用は、胎盤や胎児を守らなくてはならない妊婦さんには危険性が高いと言えます。

妊娠中は無理に体重を落とすことは胎児の成長に悪影響を与えるため、バランス良い食事や簡単な運動を心がけて、急激な体重増加に注意をしましょう。

シボヘールの副作用の危険性・授乳中のシボヘールの服用は避けましょう

シボヘールは妊娠中の服用は避けるように記載がありますが、授乳中の服用についてはとくに記載はありません。

でも、授乳中は普段に比べてたくさんのカロリーが必要となります。

母親が食事から摂った栄養素は、母乳を通して胎児に届けられます。

シボヘールは食事から摂取した糖質が中性脂肪に合成されるのを抑制する働きがありますが、授乳中はエネルギーを使うので糖質が必要になります。
授乳中は、夜間も何度も起きたり、昼夜逆転したりと体力的にハードな時期です。

赤ちゃんがいれば思うように外出もできないため、ストレスの発散も難しいですよね。

体力的・精神的にハードな授乳期は、ある程度の糖質を摂ってエネルギーに変換したほうが、アクティブに過ごせます。

授乳中の無理なダイエットは、後に体調不良や婦人科系の疾患に繋がる可能性があるため避けたほうが無難です。

授乳期は代謝が改善し痩せやすい時期なので無理なダイエットは避けましょう

授乳中は、母親の血液から母乳が作られます。

そのため普段よりもたくさんの血液が必要となるため、代謝がよくなります。

代謝がよくなるため浮腫が改善され、血行がよくなることで痩せやすい体質となります。

授乳中はダイエットをしなくても自然と痩せた!と言う方も多いですよね。

授乳中は多くのエネルギーが使われるので空腹感を感じる人が多いです。

また昼夜逆転の生活になることが多いため、夜中にお腹がすいて食べてしまったり、急いで食事を済ませるために早食いになってしまったり、気を付けないと太ってしまいます。

産後なかなか痩せない・・・と言う方は、完食が増えてしまったり、家にいる時間が増えることで運動不足になったり、産後の骨盤の歪みから浮腫やすくセルライトが増えてしまったりなどの原因が考えられます。

骨盤の歪みにより循環が悪くなると浮腫やすく、浮腫や冷え性を誘発し、脂肪がセルライト化して痩せにくくなります。

授乳中は、自然に産前の体重に戻るように、バランスの良い食事や軽い運動・ストレッチなどを心がけることをおすすめします。

シボヘールはたくさんのエネルギーが必要となる授乳期にはおすすめできません。

授乳中の無理なダイエットは乳腺炎や母乳の生成不足に繋がります

産後は授乳に向けてホルモン環境が変化し、母乳を出すためのホルモンが分泌されます。

赤ちゃんが乳首を吸うことで母乳を生成するように指令が送られ、母乳を出すためのホルモンが活性化します。

赤ちゃんがたくさん母乳を飲むことで母乳が作られますが、刺激が少ないと次第に母乳の生成量が減ってしまいます。

母乳は作られているのにしっかりと吸えていなかったり、母乳の生成量が多すぎる場合はどは乳腺炎などの繋がります。

授乳中は新しい母乳を作るためにたくさんのエネルギーを必要としています。

無理にダイエットをして栄養不足になると、血液の質が低下し、乳腺への血流の低下から母乳の生成不足に繋がったり、スムーズに母乳を出すことができずに乳腺炎の原因となることもあります。

授乳中は母乳を通して赤ちゃんに栄養を与えるため、無理なダイエットは赤ちゃんの成長にも悪影響です。

シボヘールの副作用の危険性・子供や未成年者の服用は避けましょう

シボヘールは大人の服用を想定して作られたダイエットサプリのため、子供や未成年者が飲むことで副作用の危険性があります。

子供や未成年者は、30代40代以降とは体内環境が異なるため、シボヘールの服用はおすすめできません。

シボヘール公式サイトでは、子供への服用は避けるようにとの記載があります。

シボヘールは内臓脂肪・皮下脂肪が気になる30代40代以降の中高年の方におすすめのダイエットサプリです。

子供は脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞が活発で太りにくい

子供は大人に比べて体温調整能力が低いため、食事から摂取した糖質をエネルギーに変換することで体温を保っています。

子供の頃は、脂肪を燃焼される働きのある褐色脂肪細胞が活発なため、太りにくいのです。

シボヘールは褐色脂肪細胞を活性化する働きがありますが、子供の場合はすでに褐色脂肪細胞が活性化しているため、シボヘールの効果は必要ありません。

子供の肥満は、完食のしすぎや運動不足によるものです。

摂取カロリー>消費カロリーの状態となっている子供は太りやすくなるため、完食を減らして摂取カロリーを減らすか、運動をして消費カロリーを増やすことが必要です。

シボヘールは内臓脂肪や皮下脂肪の減少、メタボリックシンドロームの予防など、生活習慣病の予防に繋がる効果が期待されます。

子供は大人とは体内環境が異なるため、シボヘールを服用してのダイエットはおすすめできません。

褐色脂肪細胞が活発なときは白色脂肪細胞が少なく太りにくい

子供は褐色脂肪細胞が活発で、中性脂肪や糖質を取り込む白色脂肪細胞の数は少ないです。

白色脂肪細胞は、中性脂肪を取り込み全身に蓄積させる働きがあります。

褐色脂肪細胞は、脂肪細胞の1つなので、新陳代謝の良い子供時代は褐色脂肪細胞を生成したり活性化することができます。

体内が酸化(老化)することで褐色脂肪細胞を生成したり活性化する力が弱まるため、30代40代以降は太りやすくなります。

新陳代謝が活発な子供時代は、痩せやすく太りにくい体質を持っているため、食事や運動による健康的なダイエットがおすすめです。

子供は成長のために多くのエネルギーが必要なため無理なダイエットは避けましょう

子供は新陳代謝が活発なため、新しい細胞の生成が活発に行われています。

新しい細胞の生成にはたくさんのエネルギーが必要となります。

細胞の中に存在するミトコンドリアはエネルギー製造をする器官です。

子供時代は細胞の生まれ変わりが活発なので、常にエネルギーが必要となるため、無理なダイエットによりエネルギーを制限するのは危険です。

子供が無理なダイエットをすると、成長に必要な栄養素が不足し、細胞の生まれ変わりや活性化を阻害してしまいます。

子供時代は太りにくく痩せやすい体質を持っているため、無理な食事制限はせずに、完食をスナック菓子からおにぎりやフルーツに変更したり、少しの工夫で充分です。

シボヘールは中高年以降のメタボリックシンドロームが気になる世代が飲むダイエットサプリなので、子供が飲むのは危険です。

子供は大人とは体内環境が異なるので、シボヘールの服用は大人に限りましょう。

[シボヘールの安全]シボヘールの安全性や品質管理・衛生管理について

シボヘールはGMP認定向上で製造されているため安全性が高く、副作用などの心配がありません。

一般的なサプリメントはどこで製造されているのか分からないものが多く、安全性が不明なものが多いのです。

ダイエットサプリを選ぶときは、GMP認定向上で製造されたものを選びたいですね。

シボヘールの副作用の危険性・GMP認定工場で製造されているから安心

ダイエットサプリを選ぶときは、GMP認定向上で製造されているものを選ぶと安心です。

GMP認定向上は、医薬品と同レベルの厳しいチェック体制でサプリメントを製造しています。

品質面・衛生面・安全面など、すべての面で医薬品と同レベルの厳しいチェックがされているため、副作用の心配がなく安心して飲むことができます。

GMP認定工場とは

サプリメントの安全性や衛生面・品質面などを徹底するためにGMPが設けられています。

消費者側は、サプリメントにどのような原材料が使われ、どのような工場で作られたかなどを知ることができません。

GMPを設けることで、消費者はサプリメントの安全性・衛生面・品質面などを見ることができ、商品選びの基準になります。

GMPとは
Good Manufacturing Practice の略で「適正製造規範」といいます。GMPは原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」を求めています。

GMP認定工場で製造されたサプリメントは、品質管理が徹底され、均質で安全性の高いサプリメントと言えます。

GMP工場の品質管理

GMP認定工場では、以下のような品質管理が厳密に行われています。

☑正しい原材料が使用され、製品に含まれている量は正確か☑衛生的に作られたか(施設や作業員の衛生状態など)

☑異物が混入したり、他の製品との近藤が生じたりしていないか

☑どの製品も均質で設計どおりの内容か

☑賞味期限内の品質は本当に保証されているか

☑製造と品質管理に関する全ての記録が規定どおりに作成され、保管されているか

☑規格外の製品が出荷されないよう、チェックする体制ができているか

☑苦情等に対応できるよう、サンプルや製造・品質等の記録が残されているか

参考:GMPマークを目印に健康食品を選びましょう!(日本健康・栄養食品協会

安価なサプリメントは、原材料がどこの国で作られたものか、どのような工場で製造されたのかなど、製造工程が不明なものが多いです。

シボヘールは公式サイトで、GMP認定工場で製造されていることが記載されています。

サプリメントは口に入れるものですから、安全性の高い高品質のものを選びたいですね。

シボヘールは厳正な規定をクリアしたGMP認定工場で製造されているため、安全性・品質などが満たされたダイエットサプリです。

ダイエットサプリを選ぶときは、製造工程がしっかりと確認できるGMP認定工場で製造されたものを選びましょう。

シボヘールの副作用の危険性・日本国内で安全性が認められた食品原料のみを使用しているため安全

シボヘールは日本国内で安全性が認められた食品原料のみを使用しているため安全性が高いダイエットサプリです。

安価なサプリメントは、原材料の産地が不明なものが多く、安全性に不安があります。

安全管理や衛生管理は国によって基準が異なるため、基準がしっかりと設けられていない国の原材料は、安全性が低いと言えます。

シボヘールは植物の抽出物が主成分となっているため、品質管理がされていない原材料では、品質の偏りが出てしまいます。

サプリメントを均質で高品質なものにするためには、品質管理がしっかりとされた原材料を使用しているサプリメントを選びましょう。

原材料は加工される前の原料なので、細かくチェックする方も少ないのが現状ですが、品質管理がしっかりとされていない原材料を使用した場合は、加工されたサプリメントは均質なものを製造することは難しく、錠剤ごとに含有量が異なったり、記載通りの成分が使用されているのか確認ができません。

ダイエットサプリメントを選ぶときは、国産の原材料を使用しているものを選びましょう。

シボヘールの副作用の危険性・シボヘールは日本製なので高品質で安全

シボヘールは原材料は全て日本産を使用しており、製造も全て日本産のダイエットサプリです。

サプリメントの安全性や品質管理は国によって基準が異なり、杜撰な管理がされている国もあります。

安全性や品質管理に手間をかけない分、コストを抑えることはできますが、安全性や品質は低くなります。

シボヘールは日本製なので、日本の基準に沿った安全性・品質管理も基に製造されています。

また、GMP認定工場で製造されているため、安全性・品質面・衛生面が徹底されているため、安心して飲むことができるダイエットサプリです。

↓初回限定価格980円の申し込みはこちらから

 

シボヘール公式サイトはこちら

 

[シボヘール/口コミ]ハーブ健康本舗の会社情報・解約や休止・キャンペーン情報などについて

ダイエットサポートサプリメントのシボヘールは、「機能性表示食品」扱いのサプリメントです。

「葛の花イソフラボン」が配合されていて、脂肪の燃焼を助ける働きがあります。

副作用になる成分は配合されていないため、気軽に飲みことが出来ます。

薬局・ドラッグストアなどの販売店では市販されていません。

シボヘールが欲しいときは、ネットでの注文・購入が出来ます。

amazonや楽天でも購入できますが、料金が高かったり、送料がかかる場合があるため、公式サイトでの購入をおすすめします。

公式サイトなら、割引されることもあり、一番安い価格でシボヘールを手に入れることが可能です。

公式サイト以外のシボヘールの効果を検証したブログや口コミには「効果なし」などの感想・評価も掲載されていますが、本当に使用しての口コミか怪しいものもあります。

公式サイトには、利用者の方からの声が掲載されていているため、参考にすることが出来ます。

また、飲むタイミングなどの質問にも問い合わせることで対応してくれるため、アフターサービスも受けられることから、公式サイトでの購入をおすすめします。

関連記事:【シボヘールの解約】定期購入の方法と電話

シボヘール公式サイト・問い合わせ先

電話0120-963-882(営業時間/午前9時~午後9時 休日/年中無休)

メールでの問い合わせは、会員登録をしている方はログインが必要です。

会員登録をしていない方は、名前・メールアドレス・電話番号・相談内容の入力が必要です。

参考:スッキリライフ通販公式ページ

シボヘールはハーブ健康本舗のスッキリライフ通販で、注文や定期コースの変更・停止が出来ます。

シボヘールについての疑問や、質問も受け付けていて、電話やメールで問い合わせたり、注文内容の変更が出来ます。

問い合わせにも、年中無休で対応してくれて、受付時間朝9時から夜9時まで受け付けてくれています。

ただし定期便の場合は、次回発送予定日の10日前までに連絡しないといけないため、注意が必要です。

シボヘールの情報は、公式サイトにいろいろと掲載されていて、配合されている「葛の花イソフラボン」のことや、使用した方々の感想、シボヘールを使用した研究結果などを観覧することが出来ます。

シボヘールの情報を知りたい場合は、まず公式サイトで情報を仕入れて、不安な場合は問い合わせ番号に連絡して、質問することがいいでしょう。

シボヘール公式・注文から到着までの日数・日にちや時間指定について

シボヘールはハーブ健康本舗が販売している、ダイエットサポートサプリメントです。

シボヘールの買い方は店頭販売やネット通販などがありますが、すぐにほしい場合は、公式サイトで購入することができます。

公式サイトで必要事項を入力して、注文を完了すると、自動返信メールが届きます。

メールアドレスは、g-mailなどでも大丈夫ですが、設定によっては自動返信メールが届かないこともあるため中が必要です。

シボヘールを注文しても、何日で届くかわからない、すぐに届かないでは、すぐにダイエットを始められません。

インターネットは年中無休・24時間対応なので注文はできますが、注文が土日だった場合、発送は月曜日になる場合があります。

また、メール便も選択できますが、メール便は宅急便と違い1週間程度かかります。

宅急便は注文後に順次発送それるので、メール便よりも早く商品が手元に届きます。

また、宅急便は都合に合わせて、指定した配送日、時間に届けてくれるため、仕事をしている人でも郵便物を受け取りやすいメリットもあります。

シボヘール公式・会員登録・マイページ・ログインなど

脂肪を減らす助けをするシボヘールには、「機能性表示食品」の表記がされています。

これはシボヘールに配合された「葛の花イソフラボン」に脂肪を減らす効果が確認されているためです。

そのため、シボヘールはダイエットを考えている人、ダイエット中の人、皮下脂肪・おなか周りの死亡が気になる人にお勧めのサプリメントです。
シボヘールはインターネットにある、ハーブ健康本舗のスッキリライフ通販のページで購入できます。

電話での注文もできますが、定期購入を考えている人は、WEB会員の登録をお勧めします。

氏名・電話番号・住所などを新規登録することで、次回からログインするだけで、必要事項の記入を省略することが出来ます。

マイページから定期購入の変更や停止・再開の申請もできたり、メールで解約方法の質問などもできるためおすすめです。

また、スッキリライフ通販はシボヘール以外のダイエットサポートサプリも多数取り扱っているため、気になった商品も手軽に購入することが可能です。

シボヘール公式・解約方法について・解約手続きと連絡先

シボヘールは公式サイトでらくらく定期便を購入することが、購入代金を一番安く出来る方法です。

定期便なので、発送日が来ると事務的に送られてきてしまうため、「効果があらわれて、体重が減り、必要がなくなった。」「定期購入を辞めたい」「飲んでも効かない」「効果が実感できず、解約したい」などの理由から商品の購入を変更、停止したい場合は公式サイトの問い合わせフォームから、その旨を伝える必要があります。

解約手順・方法には、「電話」「メール」「同封はがきに記入事項を記入して郵送」「同封されているFAXシートに記入してFAXする」があります。

シボヘールは公式サイトならいつでも定期便の変更・停止・解約が可能です。

ほかのサプリメントの定期購入のように「何か月間は購入しないと解約できない」といった制約はありません。

いつでも、購入をやめることが出来ます。

解約の際も、電話などでその旨を伝えれば、引き留められたりもせず、スムーズに手続きを行うことが出来ます。

商品に不備があった場合は商品の交換の対応はしてくれますが、解約の際の返金や開封済みのシボヘールを返品することはできない、もしくは返品の際の送料・振込手数料などは自分が負担しなければいけないため、注意が必要です。

シボヘール公式・支払い方法・コンビニ払い・着払い・クレジット決済など

シボヘールは「機能性表示食品」扱いのダイエットサポートサプリメントです。

シボヘールには脂肪の減少を促す効果のある成分「葛の花イソフラボン」が配合されています。

シボヘールは、スッキリライフ通販・ハーブ健康本舗の公式サイトに会員登録してログインすることで、購入することが可能です。

amazon・楽天などの通販サイトでも購入できますが、料金が割高だったり、送料がかかるため、通常よりも値段が高くなってしまいます。

一番お得な購入方法は、公式サイトで定期コースを購入することで、初回は定価3,218円のシボヘールを、980円で購入出来、2回目以降も12.7%offの2,808円で購入することが出来るため、お得です。

また、公式サイトで購入することで送料も負担してもらえるので、余計なコストがかからない点もおすすめです。

シボヘールの代金支払い方法には、商品が届いてから代金の支払期限までに、コンビニ・郵便局に同封されている「郵便払い込み用紙」を持っていき、後払いする方法と、クレジットカード決済、代金引換の3種類を選ぶことが出来ます。

シボヘール公式・CM放送はされていません・広告費をかけずに品質で勝負しています

ハーブ健康本舗が販売しているダイエットサポートサプリメント「シボヘール」は機能性表示食品です。

「葛の花イソフラボン」という、葛の花から抽出した成分が配合されていて、この成分には、内臓脂肪・皮下脂肪を減らしたり、ウエストの周囲径を減らしたり、BMI値を下げる効果があることが報告されているため、科学的根拠から機能性表示食品表記がされています。

シボヘール以外にも、「ナイシトールZ」や「大人のカロリミット」のようなダイエットサポートサプリをTVCMなどで目にします。

これらのサプリメントは、多少有名で知っている人もいますが、シボヘールは意識しないと、日常生活でなかなか耳にしたり、目にすることがありません。

シボヘールはTVCMがないようで、知名度が低いため、ダイエットや皮下脂肪が気になっている人が調べた時に知る程度の知名度と言えます。

シボヘールの情報を詳しく知りたい方は、ハーブ健康本舗の公式ホームページに行くと、いろいろな情報が載っています。また、定期コースの申し込みもできるので、調べて興味が出たら、すぐに注文することも可能です。

シボヘール公式・販売製造/ハーブ健康本舗の会社情報について

会社名 株式会社ハーブ健康本舗
所在地 〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2-8-34-3F
TEL 092-735-1024(代表)
FAX 092-735-1025
URL http://www.herb-kenko.com
代表者 永松 靖浩
創業 平成10年7月
設立 平成14年4月
資本金 1000万円
事業内容 美容・健康・ダイエット・お茶・食品の加工及び販売業務

シボヘールは、「葛の花イソフラボン」が配合された、ダイエットサポートサプリメントです。

葛の花イソフラボンには、企業側の調査により、脂肪を減らしやすくする効果が確認されていて、「機能性表示食品」として販売されています。

シボヘールはテレビでのCMがなく、CMなどで目にする同じような効果がある「ナイシトール」などに比べると、知名度が高いとは言えません。

シボヘールは、ハーブ健康本舗が製造・販売しています。

知名度は低いですが、GMP基準をクリアしている、国内工事で生産されていて、品質は保証されているため安心して服用できます。

一袋3000円以内で購入できるため、ダイエットの際に、気軽に飲み始められる料金も魅力のひとつです。

シボヘール公式サイトはこちら

[シボヘール/口コミ]本当に痩せると評判のダイエットサプリ・シボヘールの効果について

スッキリライフ通販・ハーブ健康本舗の販売している、ダイエットサプリ「シボヘール」は、お腹の脂肪を減らしやすくする、「葛の花由来のイソフラボン」が配合された、「機能性表示食品表示」がされた、ダイエットサポートサプリメントです。

「機能性表示食品」とは、消費者庁の認定を受けた「特定保健用食品(トクホ)」とは違い、商品を販売する企業や会社が科学的根拠を調査して効果が認められる場合につけることができる表示です。

消費者庁の認可が必要な「特定保健用食品」と違い、企業側から消費者庁に届け出を出せば、表記が可能です。

「シボヘール」は、Amazonや楽天でも市販されていて、手軽に購入が可能です。

Amazonや楽天などのネット通販には、購入者が実際に商品を使用した感想をレビュー・評価できる機能があり、商品購入の際に、他の人の感想を参考にできます。

「効果が現れて、お腹回りの脂肪が減った」「体重が落ちた」などの肯定的な評価・感想もありますが、レビューの中には、「効果なし」「やめた方がいい」などの否定的な評価もあります。

機能性表示食品は、企業側が調査や研究を行い、消費者庁に届けて表記できるため、効果が曖昧な部分があります。

ただし、基準は定められていて、科学的な根拠が必要なので、一定の効果があることがは確認されています。

サプリメントは健康食品扱いなので、医薬品と違い、効果が現れるまでに時間がかかったり、効果が自分で実感できることもあれば、実感がなくても効果が出ている場合もあったりと、効果に個人差があります。

実際に自分が使用した時に、ほかの方と同じ結果になるとは限りません。

使用者のレビュー・感想を参考にすることも大切ですが、自分自身が使用して効果を確かめることも大切です。

シボヘール公式サイトはこちら

 

シボヘールの葛の花由来イソフラボンに期待できる3つの効果

シボヘールのダイエット効果は「脂肪がつきにくくなる」「脂肪を分解する」「脂肪を燃焼する」の3つです。

体重やBMIが高い人やお腹周りの脂肪が気になる人は、シボヘールの効果により「体重減」「ウエスト減」に繋がりやすくなります。
シボヘールは運動や食事制限と併用することで、さらにダイエット効果を実感することができます。

シボヘールと運動・食事制限を併用し、3ヶ月で体重・体脂肪が大幅に減った体験談を紹介します。

シボヘールのダイエット効果1・中性脂肪を減らす

シボヘールのダイエット効果に「中性脂肪の減少」があります。

10代・20代は基礎代謝が盛んなので、多少食べ過ぎてしまっても、余分なカロリーは代謝に使われるため太りにくいのです。

でも、30代・40代になると基礎代謝が低下し、食べ過ぎてしまい燃焼しきれなかった余計なエネルギーは体脂肪(中性脂肪)に変化します。

食べ過ぎて燃焼しきれなかった余計なエネルギーは肝臓で体脂肪(中性脂肪)に変換され、肝臓に蓄積されるためお腹周りに内臓脂肪が溜まってしまいメタボ体型になってしまいます。

30代・40代以降のダイエットは、体脂肪(中性脂肪)がつきにくいサポートをし、内臓脂肪・皮下脂肪を減らしましょう。

中性脂肪って何?

中性脂肪は、カロリーの高い食事を摂ったり、食べ過ぎて消費されなかったカロリー(糖質)を原料に肝臓で作られます。

中性脂肪は、体内でカロリーが不足したとき(飢餓状態)に、体を動かすためのエネルギー源として使われます。

普段は、血液中に含まれる糖分がエネルギー源となるため、中性脂肪がエネルギー源として利用されることはありません。

でも、運動をして血液中の糖分ではエネルギーが足りなくなったときや、空腹で血液中の糖分だけではエネルギーが賄えないときに、肝臓内の中性脂肪がエネルギー源として利用されます。

中性脂肪は、エネルギーの貯蔵庫であり、人間が生きていく上で重要な役割を果たします。

また中性脂肪は、体温調整の役割や骨や臓器などを外部の刺激から守るクッションの役割も持っています。

中性脂肪は、人間が生きていく上で重要ではありますが、増えすぎてしまうと肥満症や生活習慣病の原因となるため、30代・40代以降は中性脂肪の合成を抑制するサポートが必要です。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)には中性脂肪の合成を抑制する作用があるため、30代・40代以降のダイエットのサポートに繋がります。

シボヘールのダイエット効果2・脂肪分解を促進

シボヘールのダイエット効果には「脂肪分解の促進」があります。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)には脂肪分解を促進する働きがあり、中性脂肪を減少させる効果が報告されています。

中性脂肪は、食べ過ぎや飲みすぎにより体内で消費されなかったエネルギー(糖質)が肝臓内で合成されたものです。

いちど中性脂肪が合成されると、なかなか分解することができません。

中性脂肪(体脂肪)を分解するためには、いちど「脂肪酸」に分解する必要があります。

脂肪分解は体内がエネルギー不足に陥ったときに促進されるため、食事制限や運動を繰り返すことで効果が期待できます。

でも、30代・40代以降は代謝が低下しているため、食事制限や運動を行っても体内がエネルギー不足になることが少ないため、ダイエット効果が発揮しにくいのです。

シボヘールは、30代・40代以降の基礎代謝が低下し痩せにくくなった人に最適のダイエットサポートサプリです。

シボヘールを服用することで体脂肪の脂肪酸への分解をサポートし、食事制限や運動を併用することでさらにダイエット効果を高めることができます。

参考:気になる中性脂肪を減らすには!(東内科医院)
脂肪酸って何?
トリグリセリド(中性脂肪)は、1分子のグリセリンが脂肪酸3分子と結合してエステル化されたもので、不飽和脂肪酸が多いと融点が低く、液状になる。トリグリセリドは皮下脂肪の本体で、リポプロテインリパーゼによって絶えず脂肪組織に取り込まれたり分解されたりして熱源として利用されています。(コトバンク

中性脂肪は、グリセリンと3つの脂肪酸が結合したもので、中性脂肪をエネルギー源として利用する場合は、グリセリンと脂肪酸の状態まで分解しなければ利用することができない。

中性脂肪は、食事やアルコールなどエネルギー摂取が過剰で体内での代謝がされなかった糖質を原料に肝臓内で合成されます。

中性脂肪は肝臓内で合成され、白色脂肪細胞の中に存在します。

白色脂肪細胞は、中性脂肪や脂質・糖などを取り込み、エネルギー源として蓄えています。

体脂肪とは、白色脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪のことで、皮下脂肪や内臓脂肪の元となっています。

中性脂肪を分解するためには、白色脂肪細胞内に蓄えられた中性脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する必要があります。

中性脂肪は、そのままの形ではエネルギーとして利用することができないため、グリセリンと脂肪酸の形まで分解する必要があります。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、白色脂肪細胞内の中性脂肪を脂肪酸に分解する働きがあります。

肥満者の白色脂肪細胞はさらに増殖を続け、体内の中性脂肪や糖分・脂質などを取り込むため、太りやすく痩せにくい状態になっており、運動や食事制限だけでは痩せやすい体質にするのが難しいのです。

シボヘールは30代・40代以降の太りやすく痩せにくい状態の人に最適のダイエットサポートサプリです。

シボヘールのダイエット効果3・脂肪燃焼のサポート

シボヘールのダイエット効果には「脂肪燃焼のサポート」があります。

中性脂肪はグリセリンと脂肪酸に分解しなければ燃焼することができませんが、分解しただけでは燃焼することはできません。

脂肪は分解+燃焼しなければ、再び中性脂肪として肝臓で再合成されてしまいます。

ダイエットサポートサプリは、「脂肪分解」の効果だけではなく「脂肪燃焼」の効果がなければ、ダイエット効果を得ることは難しいのです。

30代・40代以降のダイエットの鍵となるのは「褐色脂肪細胞の活性化」です。

脂肪細胞は「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2つがあります。

白色脂肪細胞は、中性脂肪や糖質・脂質を取り込み、エネルギーを蓄える細胞であり、肥満者には白色脂肪細胞が多く、褐色脂肪細胞が少ないことが分かっています。

褐色脂肪細胞は、エネルギーを消費する細胞で、太りにくい体質の人は褐色脂肪細胞が多いとされています。

褐色脂肪細胞は、年齢と共に数が減少するため、30代・40代以降になると、白色脂肪細胞が増えるのに対して褐色脂肪細胞は減っていくため、太りやすく痩せにくい体質となります。

シボヘールの主成分(葛の花由来シソフラボン)には、褐色脂肪細胞を活性化し、脂肪燃焼をサポートする働きが報告されています。

30代・40代以降の太りやすく痩せにくい人には、シボヘールは最適なダイエットサポートサプリと言えます。

褐色脂肪細胞って何?

褐色脂肪細胞は、脂肪細胞の1つで体内に蓄積された余分なカロリーを熱に替え放出させる働きを持ちます。

褐色脂肪細胞の働きが最も活発なのは新生児期で、赤ちゃんは体温を維持するために褐色脂肪細胞をたくさん蓄えていますが、思春期をピークに減少し、成人になると新生児期の半分以下の数まで減少します。

また30代・40代以降は、さらに褐色脂肪細胞は減少していきます。

褐色脂肪細胞の分布場所は、首の周り・脇のした・肩甲骨の周り・心臓・腎臓の周りの5箇所です。

参考:脂肪細胞について(金沢市医師会)

日本人は、褐色脂肪細胞に関わる遺伝子に変異をもって生まれてくる確率が高く、日本人の約30%は遺伝子変異をもつと言われています。

褐色脂肪細胞に関わる遺伝子に変異がある人は、基礎代謝量が低く、太りやすく痩せにくい体質を生まれながらにして持っています。

日本人は、和食を中心とした健康的な食事をとっていたため肥満の割合は少ないとされていましたが、食生活の欧米化やファストフード・ジャンクフードなどの摂取により、年々肥満の割合は増えてきています。

日本人の30%は太りやすい遺伝子を持っているので、30代40代以降の基礎代謝が低下してくる年代は特に注意が必要です。

褐色脂肪細胞は、体温維持の働きがあるため、冷感刺激を与えることで活性化することができます。

冬でも外に出て歩いたり、暖房を高めに設定したり、普段から水泳をするのも効果的です。

また、規則正しい生活や運動は褐色脂肪細胞の活性化に効果的です。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)には、褐色脂肪細胞を活性化する働きがあるため、30代40代以降のダイエットサポートサプリとして最適です。

シボヘールで痩せる人と痩せない人の違い!シボヘールがおすすめできない人

シボヘールでダイエット効果があった人は軽い運動や、無理のない食事制限を併用しています。

シボヘールは飲むだけで痩せる魔法のサプリではありません。

シボヘールの効果には「脂肪の合成を抑制」「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」の3つがありますが、ただサプリメントを飲むだけでは、痩せやすい体質に近づくことはできますが、体重減少やウエスト径の減少には至りません。

30代40代以降の、痩せにくく太りやすい体質を改善するためには、シボヘールと併用して軽い運動と無理のない食事制限が有効です。

シボヘールでダイエット効果があった人の特徴・運動を併用

シボヘールでダイエットに成功した人の特徴は運動を併用していることです。

シボヘールには「脂肪分解効果」と「脂肪燃焼効果」がありますが、ただサプリメントを飲むだけでは、痩せやすい体質に近づきますが、体重減やウエスト減には至りません。

30代・40代は基礎代謝が落ち、痩せにくく太りやすい体質となっているため、ただサプリメントを飲むだけでは理想の体重や体型を手に入れることはできません。

シボヘールはダイエットサポートサプリであり、飲むだけで大幅な体重減少に繋がるわけではありません。

日常生活に無理なく取り入れられる、簡単な運動や食事制限を併用することで、体重減やウエスト減に繋がります。

シボヘールのダイエットカフェの口コミ(運動)

ダイエットカフェの口コミ

ダイエットカフェは辛口の口コミサイトなので、辛辣な意見もたくさんありますが、とても参考になります。

ダイエットカフェでのシボヘールの口コミを見ると、大幅な体重減少を実感した人が少ないことが分かります。

体重変化がなかった人・1~3キロ減の人が最も多く、4キロ以上の減量に成功した人は少ないですね。

シボヘールでダイエットに成功する人の口コミには特徴があります。

シボヘールで4キロ以上のダイエットに成功した人は、運動を併用している方ばかりです。

シボヘール+運動で大幅減量に成功

参考:シボヘールの口コミ(ダイエットカフェ)

シボヘール+運動の併用で2ヶ月で10キロ以上の減量に成功した方は、負荷の強い運動ではなく軽いストレッチを行っていますね。

大幅に体重を落とそうと思うと激しい運動をしよう!と、運動の習慣のない人がマラソンや縄跳びなどをしてしまい、三日坊主で失敗する・・・このような経験ありませんか!?

シボヘール+運動の併用で体重減少をするためには、無理のない運動を習慣化させることが重要です。

シボヘールを毎日欠かさず飲むことで、「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」効果が得られるので、無理のない運動を継続して取り入れることで、痩せやすい体質に変わり、短期間でも体重減少を実感することができます。

ランニング

シボヘールで大幅減量した方の口コミを見ると、ランニングなどの激しい負荷の運動をしている方は少数です。

ウォーキングや筋トレなど、日常生活に無理なく取り組むことができる運動を習慣的に行った方は減量に成功している方が多いですね。

痩せにくく太りやすい体質の人は、運動不足で運動の習慣がない人が多いですね。

運動の習慣がない人が急に激しい運動を取り入れると、膝や足首に負荷がかかり怪我の原因となりますし、心臓にも負荷がかかりすぎて、最悪の場合は狭心症や心筋梗塞に繋がってしまいます。

30代・40代は痩せにくく太りやすい体質なので、日常的に無理のない運動を取り入れて、少しずつ痩せやすい体質を取り戻すことをおすすめします。

ダイエットに最適な運動は有酸素運動ですね。

マラソンは有酸素運動の1つですが、運動の習慣がない人がマラソンを始めると、負荷が強すぎます。

ダイエットに必要な負荷は、ファットバーンゾーンと呼ばれる心拍数の運動です。

ファットバーンゾーンの心拍数は年齢によって異なります。

運動の習慣のない人が急にマラソンを始めると、ファットバーンゾーンの心拍数を超えて負荷の強い心拍数になってしまうため危険です。

運動の習慣のない人は、軽いウォーキングや家の中でのエアロバイクや足踏み・ラジオ体操など簡単な運動から取り入れ、運動の習慣をつけることがから始めることをおすすめします。

筋トレ

筋トレとダイエットは密接な関係があります。

筋肉量が多い人は基礎代謝量が増え、普段の生活や就寝中であってもエネルギーを消費しやすい体質です。

また筋トレを行うと、筋肉に負荷がかかり筋肉や骨格がエネルギー不足となるため、筋肉に負荷をかけることでエネルギー消費がしやすくなります。

筋トレでダイエットではライザップが有名ですね。

ライザップでは、負荷の大きなトレーニングを週に2回行います。

トレーニングと休息日を作ることで、筋肉が大きく成長することを助けます。

体内では筋肉量が増えることで基礎代謝量が増え、痩せやすい体質に近づきます。

腹筋やダンベル運動・自重でのトレーニングなどを行うと、成長ホルモンが大量に分泌されることで、体脂肪が分解され脂肪を燃焼します。

筋トレのみではなく、筋トレと有酸素運動を組み合わせることで、さらに脂肪分解+脂肪燃焼効果を高めることができます。

筋トレで成長ホルモンを大量に分泌すると脂肪が分解され燃えやすい状態となっているため、そこに有酸素運動を加えることでさらに脂肪燃焼効率が高まります。

筋トレ+有酸素運動を組み合わせる場合は、先に筋トレを行ってから有酸素運動を行うとダイエット効果が高まりますよ。

シボヘールは運動前に習慣的に飲むと言う方もいますが、運動の直前にシボヘールを飲んでも脂肪燃焼効率が急激に高まることはありません。

飲み忘れを防ぐためにも、毎日同じ時間に服用することをおすすめします。

シボヘールでダイエット効果があった人の特徴・食事制限を併用

シボヘールと糖質制限を組み合わせることで、体重減に繋がります。

本当に痩せる!との口コミには、食事制限をしている方が多いのが特徴です。

糖質制限とは、パンや白米などの主食や、ジャンクフードや洋菓子などを制限することです。

体脂肪(中性脂肪)は、体内に取り込まれエネルギー消費ができなかった糖質を元に、肝臓で合成されます。

そのため、体脂肪の元となる糖質(ブドウ糖)を制限することで、さらにダイエット効果を高めることができます。

シボヘールのダイエットカフェの口コミ(食事制限)

シボヘールで大幅減量に成功した人の口コミを見ると、食事制限を併用していることが多いですね。

特に糖質制限をされている方が多いです。

糖質は体脂肪(中性脂肪)の元となるため、ストレスのない範囲で制限したほうがダイエット効果を高めることができます。

ただ、中性脂肪は生活習慣病や肥満症の原因となるばかりではなく、体温の維持や内臓や骨を外部刺激から守るなど重要な役割もあるため、糖質を完全にカットする必要はありません。

3食すべての糖質(主食)を制限する必要はありません。

夕食の糖質(主食)を制限することが最もダイエット効果が高まります。

活動量が多い昼間(昼食)は主食を摂り、朝食と夕食は主食を制限すると効果的です。

シボヘール+食事制限のダイエットを成功させるコツは、無理のない範囲で続けることです。

シボヘールには「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」効果があるため、食事制限を併用して、より痩せやすい体質を整えることで、ダイエット成功に繋がります。

30代・40代は痩せにくく太りやすい体質となっている方が大半なので、シボヘールは最適なダイエットサポートサプリと言えます。

20代の基礎代謝と食事制限ダイエットのコツ

20代は30代・40代に比べると基礎代謝量が多く、痩せにくく太りやすいと実感する人の割合は30代・40代に比べて少ないですね。

20代後半になると、次第に基礎代謝量が低下し、痩せにくくなった、以前と食事量は変わらないのに体重が増えてきた・・・このように感じ始める人が増えてきます。

20代後半から痩せにくく太りやすい体質に変化したことを実感する人が増え始めるので、20代後半からは中年太りへの対策が必要になります。

20代の平均基礎代謝量

 

項目 基礎代謝量 基礎代謝基準値 基準体重
男性 1520kcal/日 24.0(kcal/kg/日) 63.5(kg)
女性 1180(kcal/日) 23.6(kcal/kg/日) 50.0(kg)

参考:1日の基礎代謝量と1日の必要摂取カロリー(日本健康運動研究所)

基礎代謝量は安静時の代謝量です。

何も活動をしなくても、臓器を動かしたり呼吸や消化を行うために必要なエネルギーが基礎代謝量です。

20代は30代・40代以降に比べて基礎代謝量が高く、痩せにくく太りやすい体質を実感している人の割合は30代・40代に比べて少ない年代です。

でも、ダイエットの鍵となる褐色脂肪細胞は20代から減少し始め、徐々に痩せにくい体質になっていきます。

20代は基礎代謝量が30代・40代以降の年齢に比べて高いので、無理な食事制限やダイエットは健康的におすすめできません。

食事制限のポイントは、食事全体の量を減らすのではなく、主食の摂取量を減らすことで健康的にダイエットすることができます。

食事全体の量を減らしてしまうと、ダイエットに必要なビタミン・ミネラル・脂質・たんぱく質なども減ってしまうため、余計に痩せにくい体質になってしまいます。

20代の食事制限は、無理のない範囲で主食の量や回数を減らすことをおすすめします。

30代・40代の基礎代謝と食事制限ダイエットのコツ

30代・40代の基礎代謝と食事制限ダイエットのコツについて紹介します。

30代・40代になると、20代に比べて基礎代謝量が低下します。

基礎代謝量は、活動をしていなくても消費されるカロリーのことなので、基礎代謝量が高いほど痩せやすい体質と言えます。

年齢と共に基礎代謝量が低下するのは、脂肪の代謝を行う褐色脂肪細胞の数や働きが低下してくるからです。

褐色脂肪細胞は、体内の余分な脂肪をエネルギーに変えて燃焼する働きがあります。

褐色脂肪細胞の中にはミトコンドリアが多数存在し、エネルギーを作り出しています。

ミトコンドリアはほとんどすべての細胞の中に存在し、体内の新陳代謝に深く関わっています。

年齢と共に褐色脂肪細胞が減少するため、細胞内のミトコンドリアも減少し、エネルギー生産が行われなくなります。
褐色脂肪細胞は食生活や日常生活の改善により活性化が可能とされており、運動や規則正しい生活・栄養価の高い食事の摂取などに気をつけることで、代謝の良い体質を手に入れることができます。

30代40代の平均基礎代謝量

 

項目 基礎代謝量 基礎代謝基準値 基準体重
男性 1520kcal/日 22.3 (kcal/kg/日) 68.0 (kg)
女性 1140(kcal/日) 21.7 (kcal/kg/日) 52.7 (kg)

20代に比べると、30代・40代では基礎代謝が次第に低下してきているのが分かります。

基礎代謝量は2(kcal/kg/日)の減ですが、1日の基礎代謝量はこの数字に体重をかけるので、かなりの差になります。
例えば50キロの体重の方なら、2(kcal/kg/日)X50kgなので1日の基礎代謝量は100kcalもの差になります。
1ヶ月にすると3,000kcalの差になります。

3,000kcalは、女性の2日分弱の摂取カロリーと同程度であり、何も対策をしなければ日に日に基礎代謝は低下し、痩せにくく太りやすい体質になっていきます。

30代40代は、糖質制限ダイエットを積極的に行うと効果的です。

1日3食のうち1食のみ主食を食べますが、白米やパン・パスタなどは血糖値が急激に上がり太りやすくなるため、玄米や全粒粉のパンやパスタに変更すると効果的です。

ダイエットのコツは、無理なく継続できることなので、3食すべてを糖質制限にする必要はありません。

玄米や全粒粉のパンやパスタは、ネットでもたくさんの種類があるので、無理のない範囲で取り入れてみると良いですね。

代謝の低下が著しくなってくる30代40代は、糖質制限ダイエットに加えてシボヘールの併用がおすすめです。

シボヘールで脂肪分解・脂肪燃焼をしても、基礎代謝量が低下しているため痩せにくいのです。

基礎代謝量の低下を補うためにも、糖質制限ダイエットを併用することでダイエット効果を高めることができますよ。

50代・60代の基礎代謝と食事制限ダイエットのコツ

50代・60代になると、さらに基礎代謝は低下してきます。

30代・40代の基礎代謝が低下し痩せにくくなったときに対策をしなかった人は、50代・60代ではさらに痩せにくい体質になっています。

30代・40代のうちに対策を取ることが、健康的なスタイル維持には重要です。

50代60代の平均基礎代謝量

 

項目 基礎代謝量 基礎代謝基準値 基準体重
男性 1380kcal/日 21.5 (kcal/kg/日) 64.0 (kg)
女性 1100(kcal/日) 20.7 (kcal/kg/日) 53.2 (kg)

30代40代に比べると、50代・60代では特に女性の基礎代謝量の低下が大きいです。

1日の基礎代謝基準値が1.0kcal/kg/日低下しているため、これに体重をかけるとかなりの差になります。

体重が50キロの女性なら、1.0(kcal/kg/日)X50で1日50kcalの基礎代謝量が低下します。

1ヶ月に換算すると1500kcalの低下なので、かなりの差ですね。

女性の場合は、50代60代の基準体重は増加しているため、30代40代以降に体重増加する方が多いことが分かります。

50代・60代もやはり糖質制限が有効です。

この年代は、女性は閉経を迎え骨粗鬆症の危険性が高くなるため、無理な食事制限は健康を害するためおすすめしません。

主食である糖質を制限し、無理のない範囲でダイエットをするのが重要です。

シボヘールは、BMI値が高い方や、体重が多い方は特にダイエット効果を実感しやすいため、日々のダイエットサポートに取り組むことをおすすめします。

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴・運動を併用しない

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴は、運動嫌いな人・運動の時間がない人・運動方法が間違っている人などが多いです。

ダイエットを成功させる鍵は継続することですが、間違った方法を継続するよりも、正しい方法で継続したほうがダイエット効果はアップします。

無酸素運動は短時間で大きな力を発揮する強度の高い運動のことであり、ダイエット効果を高めるための運動としては不向きで、筋力アップをしたい人におすすめの運動です。

無酸素運動には、ウェイトリフティング・筋トレなどがあります。

ダイエット効果が低い運動方法として、頻度が少ない・時間が短いなどがあります。

ダイエットは継続が肝心なので、無理なく続けられる運動が良いのですが、週1回の運動よりも週2回・3回のほうがダイエット効果は高まります。

できれば、日々の生活の中に無理のない範囲で運動を取り入れるのが一番理想的です。

また、時間が短すぎるのもダイエット効果には繋がりません。

有酸素運動は、20分以上の継続が必要とされていますが、20分を継続するのが難しい場合は、10分を2回や、5分を4回など分けて運動をしても同程度の効果が得られるとされています。

20分程度の運動なら、家の中で足踏みをしたり、通勤時に歩く距離を伸ばしたり、無理なく継続できる時間ではないでしょうか。

シボヘールには「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」の効果がありますが、30代40代以降では基礎代謝量が低下しているため、サプリメントの服用だけでは体重減には繋がりません。

シボヘールの服用ではダイエット効果が得られなかった人は、サプリメントを飲むだけで痩せると勘違いされていることが多いのですが、シボヘールはダイエットサポートサプリであり、日常的な運動を併用したほうがダイエット効果が高まります。

50代60代に入るとさらに基礎代謝量は低下し、痩せにくく太りやすい体質になります。

30代40代のうちから対策をすることで、50代・60代に入ってもキレイなスタイルを維持できますし、生活習慣病の予防にも効果的ですよ。

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴・食事制限ができない

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴は食事制限ができないことです。

糖質制限・間食制限・カロリーの高い食事の制限は、ダイエット効果を高めるために最低限行いたいことです。

パン・ご飯・麺類などの炭水化物は、血糖値が急激にあがりやすい食品のため、太りやすい体質を作ってしまいます

お菓子や砂糖がたくさん入った食べ物も高GI値の食品で、接種後に急激に血糖値が上昇するため、太りやすく痩せにくい体質を作ります。

シボヘールは「脂肪分解を促進」「脂肪燃焼のサポート」効果がありますが、サプリメントを飲むだけで痩せると言うことはありません。

太りにくく痩せやすい体質に近づくことはできますが、30代40代では基礎代謝量が低下しているため、摂取カロリーを制限しなければ、体重減をするのは難しいのです。

消費カロリー>摂取カロリーになることでダイエット効果を得ることができるため、基礎代謝が低下する30代以降は、摂取カロリーを制限するため、糖質制限ダイエットを日常的に行うことをおすすめします。

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴・サプリを飲むだけで痩せると思っている

シボヘールは「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」効果がありますが、サプリメントを飲んでいるだけで大幅減量をすることはありません。

30代40代以降はなぜ痩せにくく太りやすくなるのかが理解できると、シボヘールを飲んだだけでは体重減に繋がるのは難しいことが分かると思います。

10代や20代は基礎代謝量が高いため、多少は摂取カロリーが多くても余計な糖分を代謝することができました。

そのため、余分な糖分が中性脂肪の元になることもありませんでした。

でも30代40代以降は基礎代謝量が徐々に低下するため、10代20代の頃の摂取カロリーのまま食べ続けていると、体重は増える一方です。

基礎代謝量が低下すると言うことは、消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らすかしないと、体重の維持すら難しいと言うことです。

消費カロリーを増やすためには運動が理想的ですし、摂取カロリーを減らすには食事制限が理想的です。

シボヘールは痩せやすい体質に近づけるようにサポートをしてくれますが、服用するだけで簡単に痩せると言うことはありません。

シボヘールでダイエット効果を得たいと言うかたは、簡単な運動と無理のない食事制限を併用することをおすすめします。

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴・何事も続かない、飽きっぽい

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴は、何事も続かない・飽きっぽい・サプリを飲むこと自体を忘れてしまうなどです。

シボヘールに限らずすべてのダイエットサプリに言えることですが、自分に甘い人は、なかなか思うようなダイエット効果を得ることはできません。

まったく生活習慣や食生活を変えずに、キレイに痩せるのは難しいと言うことですね。。。

シボヘールでダイエット効果を発揮するためには、体質を改善する必要があります。

30代40代は基礎代謝量が低下するため、何も対策をしないと太りやすく痩せにくい体質となり、50代60代はさらにその体質が加速します。

シボヘールを継続して飲むことで、内臓脂肪や皮下脂肪が貯まりにくい体質になりますが、蓄積された脂肪を落とすためには、食事制限や運動の併用が効果的です。

シボヘールは1ヶ月や2ヶ月の短期間ではダイエット効果を発揮することができません。

服用を継続することで、脂肪の分解&燃焼がスムーズにできる体質となるため、最低でも3ヶ月は続けましょう。

ダイエット効果アップのために、運動と食事制限の併用をすることをおすすめします。

シボヘールで痩せるコツは運動と食事制限の併用

シボヘールでダイエットを成功させるポイントは運動と食事制限の併用です。

シボヘールは「脂肪分解」「脂肪燃焼」の効果がありますが、飲むだけで大幅に減量することはできません。

30代40代以降のダイエットでは、基礎代謝量の低下を補うために、運動と食事制限の併用が効果的です。

シボヘールと運動・食事制限を併用することで、基礎代謝量の低下を補い、痩せやすくて太りにくい若い頃の体質に近づけることができますよ。

シボヘールで体の内側から若々しく、キレイなスタイルをキープしたいですね。

シボヘールのダイエット効果を高めるコツ・運動を併用する

シボヘールのダイエット効果を高めるコツは運動を併用することです。

公式サイトでも「適度な運動と、バランス良い食事にプラスして、お腹の脂肪対策を!」と書かれており、サプリメントの服用のみでダイエット効果を得ることはできません。

運動も食事制限も続かないからダイエットサプリを飲もう!と言う方には、シボヘールは向いていません。

30代40代以降のダイエットでは適度な運動は必要不可欠です。

これはシボヘールに限らず、どのダイエットサプリやダイエット飲料でも同じく、運動を併用しなければ理想通りのダイエット効果は得られません。

30代40代以降は基礎代謝量が低下するため、適度な運動をして脂肪燃焼・脂肪分解を促進しなければ、余計な脂肪をなくすことはできません。

30代40代以降のダイエットで重要なのは、継続できる程度の方法を取り入れることです。

辛い運動や難しい運動では継続することが難しいですよね。。。

ウォーキングやエアロバイクなど、簡単で無理なく続けられる方法を見つけて、痩せやすく太りにくい体質を取り戻したいですね。

脂肪を燃やす有酸素運動はどのくらいの時間続けると効果的?

ダイエット効果を高める有酸素運動の方法は、持続時間よりも運動強度にあります。

食品から摂った糖質は、すぐにエネルギーに変換することができるため、強度が高くすぐにエネルギー供給が必要となる運動をした時には、食品から摂った糖質が消費されます。

体内に蓄積された脂肪を燃焼するためには、長時間継続できるような強度の低い運動が必要です。

体内に蓄積された脂肪は、いちどグリセロールと脂肪酸に分解されてから、エネルギーとして利用されます。

脂肪が分解されまでには20分程度の有酸素運動をする必要があると言われていますが、20分継続しておこなわなければ脂肪分解がされないと言うことではありません。

20分の有酸素運動を何度かに分けて取り入れても同程度の効果が得られます。

5分の有酸素運動を4回行い、計20分の有酸素運動を行っても、体内の脂肪は燃焼できます。

20分の有酸素運動を行う時間がない人や、体力的に20分の有酸素運動の継続が難しい人は、5分の有酸素運動を数回繰り返す方法をおすすめします。

脂肪燃焼には有酸素運動が効果的と言われています。

有酸素運動は、長時間継続可能な軽度または中度の負荷の運動を言います。

有酸素運動の代表的なものは、ウォーキング・ランニング・ジョギング・サイクリング・エアロビ・水泳・エアロビクスなどがあります。

有酸素運動は好気的代謝によってヘモグロビンを得るため、全身の期間に酸素を送り届けることができるため長時間の継続が可能です。

筋トレやウェイトトレーニングのような無酸素運動は、嫌気的代謝によって酸素の供給が不足するため、長時間の継続はできません。

有酸素運動は健康維持やダイエットなどの目的で行われ、無酸素運動は筋力アップなどの目的で行われます。

シボヘールは、脂肪分解+脂肪燃焼をサポートする効果があるため、運動により脂肪分解+脂肪燃焼をすることにより、ダイエット効果を高めることができます。

痩せやすく太りにくい体質に改善されるだけでなく、体重や体脂肪を減らしたい方は、シボヘールの服用に加えて運動を取り入れることをおすすめします。

脂肪を燃やす有酸素運動はどの時間帯に行うと効果的?

ダイエット効果の高い有酸素運動の方法や効果的な時間帯・タイミングについて紹介します。

有酸素運動を行う効果的なタイミングは、食事前・朝食前などと言われることが多いです。

有酸素運動は、運動の強度にもよりますが、食事から摂取した糖質をエネルギーに変換する、または体内に蓄積された脂肪をエネルギーに変換します。

食事前の空腹時は、食事から摂取した糖質が少ない状態となるので、体内に蓄積された脂肪が分解されてエネルギー源として利用されやすくなります。

とくに朝食前は、夕食からの時間が長く空くため、より体内に蓄積された脂肪を燃やすのみ効果的と言われています。
でも、あまりに空腹が強いときに運動をすることで健康に悪影響を及ぼすことがあります。

空腹時は血糖値が低下しているため、長時間の有酸素運動を行うことで、めまい・気分不快などの繋がる可能性があります。

強い空腹時は低血糖状態となっており、不整脈を誘発することがあるので、心臓に負荷のかかる有酸素運動を長時間行なうのは危険です。

朝食前の空腹時に有酸素運動を行う場合は、消化の良い食事(バナナなどの果物)やウィダーインゼリーのようなものを食べることで、ダイエット効果の高い有酸素運動を行うことができます。

また食後30分以内の有酸素運動は、脇腹が痛くなったり、心臓に負荷をかけることになるため避けるようにしましょう。
ダイエットは継続することが鍵なので、毎日同じ時間に運動を行うことで、日常生活に運動習慣を組み込むことができ、無理なく運動を続けることができます。

シボヘールでダイエットに成功した方は、起床後に果物やウィダーインゼリーなどを摂取して、ウォーキングや早歩きなどの運動を取り入れている方が多いです。

朝の運動は気分も爽快になりますし、血行が良くなるため頭が冴えて仕事や家事がスムーズにすすみますよ。

脂肪を燃やす有酸素運動はどのくらいの頻度で行うと効果的?

ダイエット効果を高める運動の1つに有酸素運動がありますが、頻度が高ければダイエット効果が高いと言うことではありません。

有酸素運動は、無理なく長時間継続できる運動ですが、筋肉や骨には負担がかかるものです。

とくに運動を始めたばかりの頃は、少しの運動で疲れてしまい、なかなか疲れが取れないと言うことがあると思います。

これは、オーバーワークの状態で、筋肉や骨に負担がかかり疲労回復ができていないために起こります。

オーバーワークが続き全身に疲労が溜まってしまうと、血流が低下したり、自律神経の乱れに繋がります。

有酸素運動は3日行って1日休むくらいのペースで続けると効果的です。

有酸素運動を行わない日は、簡単なストレッチやラジオ体操などを行うと、全身の血流が改善され自律神経の乱れを改善します。

ダイエットの鍵は継続することなので、日常生活に無理のない範囲で有酸素運動を取り込むのがポイントです。

生活習慣に合わせて、起床後すぐに運動をする・昼休憩の間に運動をする・夕方の仕事終わりに運動をする・夜の帰宅後に運動をするなど、1人1人の生活に合わせて運動を組み込むことをおすすめします。

シボヘールは有酸素運動を併用することでダイエット効果を高めることができます。

有酸素運動をお休みする日も、シボヘールは忘れずに服用しましょう。

脂肪を燃やす有酸素運動はどのくらいの負荷で行うのが効果的?

脂肪を燃やす有酸素運動は、運動の強度によって脂肪燃焼の効率が変わります。

30代40代以降のダイエットでは、体内に蓄積された体脂肪(中性脂肪)を燃やす必要があります。

体脂肪(中性脂肪)は、長時間無理なく続けられる強度の有酸素運動を行うことで燃焼されます。

中性脂肪は、グリセロールと脂肪酸に分解されなければ燃焼することができません。

そのため、中性脂肪が燃焼しやすい強度の有酸素運動を行うことでダイエット効果を高めることができます。

長時間の継続が難しい強度の高い運動を行うと、食事から摂取した糖質から順番に消費されます。

食事から摂取した糖質の消費が終わると、脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が分解され、エネルギー源として消費されます。

本格的な運動療法を取り入れる場合は、心拍数のチェックなどを行いながら運動の強度を調整する必要があります。

でも、普段の運動なら、自分が長時間無理なく継続できる程度の強度に調整すれば良いです。

誰かと会話しながらでも続けることができる、息はあがるが会話が可能なレベルの強度が目安です。

強度の高い運動は、心臓への負担にも繋がりますし、運動の習慣がない人にはストレスになってしまうので、無理なう継続できる程度の運動を行います。

シボヘールは脂肪分解+脂肪燃焼をサポートするダイエットサプリです。

シボヘールは、運動や食事制限と併用することで、ダイエット効果を実感することができます。

脂肪を燃やす有酸素運動・筋トレ

筋トレはダイエットに効果的な運動の1つです。

筋トレは有酸素運動ではなく、無酸素運動です。

ウェイトトレーニングや筋トレは、短時間で最大限の力を発揮する運動なので、有酸素運動とは反対の代謝が行われます。

筋肉量を増加させることは基礎代謝量のアップに繋がるため、ダイエットに効果的ですが、筋トレのみを行うよりも有酸素運動を組み合わせたほうがダイエット効果が高まります。

筋トレを行うと成長ホルモンの分泌が促進されます。

筋トレを行った後は成長ホルモンの分泌が続くため、有酸素運動を加えることで効率よく脂肪燃焼をすることができます。

筋トレと有酸素運動を組み合わせるときは、筋トレを先に行ってから有酸素運動を行いましょう。

逆に筋肉をつけたいときは、有酸素運動を行ってから筋トレを行うと効果的です。

シボヘールは脂肪分解+脂肪燃焼の効果があるため、筋トレで筋肉量をアップし、代謝の改善に繋げたいですね。

脂肪を燃やす有酸素運動・ジョギング

ジョギングは有酸素運動の1つですが、運動の習慣がない人が急にジョギングを取り入れると、様々な不調を起こしやすく、また運動のストレスから続けられなくなる可能性が高いです。

ダイエットを始めると、早く痩せたくて最初のうちは負荷の大きな運動を一生懸命にやる方が多いですよね。

でも、運動の習慣がない人にとって、有酸素運動はストレスになる可能性が高いです。

また、足腰を痛める原因となったり、心臓への負荷が強くなったりするので、運動の習慣ができて体力がついてからジョギングを取り入れることをおすすめします。

シボヘールでダイエット効果のあった人は、運動経験のある方はジョギングを取り入れて大幅減量をされている方もいます。

運動経験や体力などから、無理のない運動を取り入れましょう。

脂肪を燃やす有酸素運動・ウォーキング

ウォーキングは運動の習慣がない人でも気軽に始められる有酸素運動の1つです。

いつもよりやや早歩きにするだけで、全身の筋肉を使うため、カロリー消費が高まります。

ウォーキングをするときは、しっかりと手を振って、歩幅を広くすると消費カロリーが高まります。

慣れてきたら、ウォーキングからジョギングやランニングにステップアップするのも良いですね。

ウォーキングは、腰や膝が悪い人では負荷が強いので、体調に合わせて水泳やエアロバイクなどの有酸素運動もおすすめです。

シボヘールでダイエットを成功させた人の多くは、ウォーキングや水泳・エアロバイクなどを定期的に取り入れている方が多いです。

体力や運動経験などから、無理のない運動を取り入れましょう。

シボヘールのダイエット効果を高めるコツ・食事制限を併用する

シボヘールでダイエット効果を高めるコツは、食事制限を併用することです。

シボヘールはダイエットサポートサプリであり、飲むだけで大幅減量をするサプリメントではありません。

30代40代では基礎代謝量が低下するため、20代のころのように食べたいだけ食べていると、体重は増える一方です。
基礎代謝量が低下するため、シボヘールの服用で脂肪分解・脂肪燃焼が促進されても、それだえでは体重減少までは不十分です。

シボヘールの服用により、痩せやすく太りにくい体質を取り戻すことはできますが、体重減少となると食事制限の併用が不可欠です。

ダイエット成功の秘訣は継続することなので、無理のない範囲で食事制限を行いダイエット効果を高めたいですね。

低GI値の食品とは

GI値とは「Glycemic Index(グリセミック・インデックス)」の略で、食後の血糖値の上昇を表す指数です。

低GI値の食品は、摂取後の血糖値の上昇が緩やかな食品です。

食事をすると食物から摂取した糖分は、ブドウ糖として血管内に取り込まれます。

血管内のブドウ糖が増えると、すい臓からインスリンが分泌され、血管内の血糖値を下げるように働きます。

インスリンの過剰な分泌は肥満や生活習慣病の原因となるため、血糖値の上昇が急激となる高GI値の食品はダイエットに不向きと言えます。

血糖値の上昇は食物から摂取した糖分により左右されるため、カロリーが高い食品が必ずしもGI値の高いのではありません。

カロリーは高くても低GI値の食品もあります。

GI値は数値で表され、GI値55以下の食品を低GI食品と言い、GI値70以上の食品を高GI食品と呼びます。

低GI食品には、乳製品(ヨーグルト・チーズなど)・果物(バナナ・りんごなど)・そば・大豆製品・野菜類(じゃがいも・とうもろこし・さつまいもを除く)・海藻などがあります。

食事をするときは、最初に主食を食べてしまうと急激に血糖値が上昇してしまい太りやすい体質となるため、最初に野菜サラダや納豆などの発酵食品、お味噌汁などを食べ、主食を最後に摂るようにすると、食べ過ぎや急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。

シボヘールでダイエットを成功させるコツは、無理な食事制限をしないことです。

無理な食事制限はストレスとなり、余計に過食の原因となることがあります。

シボヘールを継続的に飲みながら、食事の順番に気を付け、1日に1食は主食を控えるようにするとダイエット効果が高まります。

高GI値の食品とは

高GI値の食品は、低GI値の食品とは反対に、摂取すると急激に血糖値を上昇させます。

血糖値が上昇するとすい臓からインスリンが分泌されますが、急激に血糖値が上昇するとインスリンは過剰に分泌され、次第にインスリンの分泌量が低下したり、インスリンの作用が低下したりなどに繋がり、血糖の処理がスムーズにできなくなり、慢性的に血糖値が下がらない状態となります。

慢性的に血糖値が下がらない状態を放置しておくと、糖尿病に繋がることもあります。

高GI食品の代表的な例は、主食(糖質)です。

白米・パン・パスタ・ラーメンなど、摂取すると急激に血糖値が上昇します。

空腹時は早くご飯が食べたくて、主食から食べてしまうこともありますよね。

急いで食事をするときは、丼ものやラーメンなどで済ませてしまうこともあります。

このような食生活が続くと、慢性的に血糖値が下がらない状態となり、痩せにくい体質になります。

痩せやすい体質を取り戻すためには、高GI食品は控えたほうがダイエット効果は高まります。

高GI食品の食べる順番も重要です。

先に低GI食品を食べてから高GI食品を食べるようにすると、血糖値の上昇が緩やかになるため、膵臓に負担がかかることもありません。

シボヘールは脂肪分解・脂肪燃焼効果がありますが、血糖値の上昇を緩やかにする効果はありません。

食べる順番に注意したり、食事制限(糖質制限)を取り入れることで、シボヘールのダイエット効果を高めることができますよ。

葛の花由来イソフラボンの効果と機能性表示食品の効能・効果について

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、葛の花抽出物で、昔から食材や漢方などに用いられてきました。

葛はマメ科の多年草で、秋の七草の1つとされており、万葉の時代から親しまれてきた身近な植物です。

最近では、葛の花から抽出されるイソフラボンにダイエット効果があることが報告され、さまざまな健康食品に配合されるようになりました。

葛の花由来イソフラボンのダイエット効果は、さまざまな実験データにより裏付けされ、シボヘールは機能性表示食品として認可されています。

 

シボヘールの主成分とダイエット効果・葛の花由来イソフラボンって何?

シボヘールの主成分は葛の花抽出物であり、その中でも葛の花由来イソフラボンは内臓脂肪の減少を助ける成分としてさまざまな実験データを得ています。

葛の花由来イソフラボンは、含有量が多ければダイエット効果が高いと言うことではなく、脂肪燃焼効率が高い含有量があります。

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボン35mgは、最も脂肪燃焼効率が高い配合量です。

葛の花由来イソフラボン配合のサプリや飲料の中でも、脂肪燃焼効率の高いシボヘールはおすすめのダイエットサポートサプリです。

葛の花由来イソフラボンで脂肪が燃焼する仕組み

葛の花抽出物には、ポリフェノールの1種であるイソフラボンが豊富に含まれています。

マメ科の植物にはイソフラボンが多量に含まれており、マメ科の葛の花も同じくたくさんのイソフラボンが含まれています。

ポリフェノールは約8,000種類あると言われ、主な働きは「抗酸化作用」です。

ポリフェノールは植物に多く含まれる成分で、植物自身が紫外線による酸化(老化)ダメージから身を守るために、葉にはとくに多くのポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは抗酸化物質の代表的な成分で、体内の酸化(老化)防止に効果的とされ、アンチエイジング効果が期待されています。

30代40代以降は、新陳代謝が低下し、新しい細胞が活発に生まれなくなってきます。

細胞の生まれ変わりのサイクルが、若いときに比べて遅く、健康な新しい細胞が生まれにくいのです。

細胞の生まれ変わりがなければ全身の機能は低下してしまいますが、ポリフェノールなどの抗酸化物質を摂ることで、細胞の老化(酸化)を防止することができるため、全身の機能が活性化します。

全身の機能が活性化すると、細胞が元気を取り戻し、ターンオーバーが整い新しい細胞が生まれる環境が整います。

新しい細胞が生まれる際には酸素やエネルギーが必要となり、新陳代謝が活発になります。

30代40代では基礎代謝が低下してきますが、細胞が活性化することにり新陳代謝が活発になり、太りにくく痩せやすい体質になります。

新陳代謝の活性化は、ダイエットをする上でとても重要です。

また、ポリフェノールの効果により細胞を活性化することができるため、ダイエットの鍵となる褐色脂肪細胞を活性化することができます。

褐色脂肪細胞は、体内の余分な脂肪を燃焼する働きがあるため、褐色脂肪細胞の活性化はダイエットに繋がります。

太りにくい人は褐色脂肪細胞の働きが活発で、中性脂肪や糖質を取り込む働きをする白色脂肪細胞の数が少ないと言われています。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、褐色脂肪細胞を活性化することで、脂肪燃焼効果が期待できます。

葛の花由来イソフラボンで中性脂肪が減少する仕組み

食べ過ぎや飲みすぎなどで体内に余分となった糖分は、肝臓に運ばれ中性脂肪へと合成され、体脂肪として全身に蓄積されます。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)には、中性脂肪の合成を抑制する働きが報告されています。

ポリフェノールの1種であるイソフラボンは抗酸化作用が強く、活性酸素を無害な物質に変換する作用があります。

体内に余分となった糖分は、血管内で活性酸素を発生させ体内を老化します。

そのため、抗酸化作用の強いイソフラボンを摂取すると、血管内で発生した活性酸素(糖分)を無害な物質に変換する作用が働くため、中性脂肪の合成を抑制することができます。

マメ科の葛の花にはポリフェノールが多量に含まれていることが分かっており、強い抗酸化作用が期待できます。

30代・40代になると、基礎代謝量が低下するため、20代の頃と変わらない食生活を続けていると、消費しきれない余分な糖質が出てきます。

余分な糖質は肝臓で中性脂肪に合成され体内に蓄積されてしまうため、中性脂肪になる前に脂肪の合成を抑制することが重要です。

シボヘールに含まれる多量のイソフラボンの抗酸化作用により、余分な糖質が発生する活性酸素を無害化することで、中性脂肪の合成を抑制することができ、ダイエット効果に繋がります。

葛の花由来イソフラボンで褐色脂肪細胞が活性化する仕組み

褐色脂肪細胞は体内の中性脂肪を燃焼する作用があり、痩せている人は褐色脂肪細胞の数が多いとされています。

褐色脂肪細胞は、脂肪細胞の1つで、年齢と共に数が減少します。

年齢と共に新陳代謝が低下すると、新しい細胞の生成が滞ります。

そのため、年齢と共に褐色脂肪細胞の数が減少したり、働きが弱くなります。

葛の花由来イソフラボンに含まれる多量のポリフェノールは、抗酸化作用により細胞の老化を抑制し、褐色脂肪細胞の働きを活性化します。

また、細胞の老化を抑制することで新陳代謝を高め、褐色脂肪細胞の数を増加させることが期待されます。

シボヘールを服用することで褐色脂肪細胞が活性化し、太りにくく痩せやすい体質に近づくことができます。

シボヘールのダイエット効果・機能性表示食品って何?

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)はダイエット効果についての多数のデータ報告があります。

シボヘールは機能性表示食品に認定されており、高いダイエット効果が期待できます。

機能性表示食品は消費者庁への届出が必要であり、さまざまな認定基準が設けられています。

機能性表示食品と、特定保健用食品との違いについて説明します。

機能性表示食品と特定保健用食品(トクホ)の違いについて

機能性表示食品と特定保健用食品(トクホ)の違いについて説明します。

特定保健用食品(トクホ)とはどのような食品か
特定保健用食品は、身体の生理学的機能や生物学的活動に関与する特定の保健機能を有する成分を摂取することにより、健康の維持増進に役立ち、特定の保健の用途に資することを目的とした食品である。(厚生労働省

特定保健用食品の表示が許可されると、健康増進に役立つ旨を記載することができます。

トクホの表示ができるため、消費者は製品を選ぶ際の基準となり、また健康増進効果が高い製品として認識されます。

機能性表示食品の場合は、健康増進に役立つ旨を記載することができないため、トクホの認可は消費者に対して信頼感を与えることになります。

特定保健用食品の許可の要件
(1) 食生活の改善が図られ、健康の維持増進に寄与することが期待できるものであること。
(2) 食品又は関与成分について、保健の用途の根拠が医学的、栄養学的に明らかにされていること。
(3) 食品又は関与成分についての適切な摂取量が医学的、栄養学的に設定できること。
(4) 食品又は関与成分が添付資料等からみて安全なものであること。
(5) 関与成分について、次の事項が明らかにされていること。ただし、合理的理由がある場合は、この限りでない。
ア 物理学的、化学的及び生物学的性状並びにその試験方法
イ 定性及び定量試験方法
(6) 同種の食品が一般に含有している栄養成分の組成を著しく損なったものでないこと。
(7) まれにしか食されないものでなく、日常的に食される食品であること。
(8) 食品又は関与成分が、昭和46年6月1日付け薬発第476号薬務局長通知「無承認無許可医薬品の指導取締りについて」の別紙「医薬品の範囲に関する基準」の別添2「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)リスト」に含まれるものでないこと。(厚生労働省)

特定保健用食品の許可にはさまざまな要件があり、とくに保健の用途の根拠が医学的、栄養学的に明らかにされていることが重要です。

関与成分が医学的に有効であることが実験データで示される必要があるため、トクホの許可は難しいと言えます。

シボヘールで脂肪肝・内臓脂肪の改善効果はある?

シボヘールの効果として内臓脂肪や皮下脂肪の減少が報告されています。

内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上の症状がいちどに出ている状態をメタボリックシンドロームと言います。

メタボリックシンドロオームは代謝症候群とも呼ばれ、糖質や脂質の代謝異常を起こしている状態と言えます。

高血糖はインスリン分泌に異常がある際に起こります。

カロリーオーバーな食生活が続くと、インスリンは過剰分泌の状態が続くため、次第に分泌異常に繋がります。

カロリーオーバーになると、食事から摂取した糖質は脂肪細胞に取り込まれ、肝臓で中性脂肪に合成されます。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、血管内の糖質により発生する活性酸素を無害化する働きがあります。

そのため、血管内に余分な糖質がある状態(代謝異常)を避けることができ、太りにくく痩せやすい体質や、メタボリックシンドロームの予防に繋がります。

高血圧は、血管内に余分に蓄積した糖質や脂質により血管壁が細くなり、血管の抵抗が強くなっている状態です。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)の抗酸化作用により、血管壁に蓄積した糖質や脂質が発生する活性酸素を無害化することができます。

ポリフェノールの摂取により、高血圧などの生活習慣病の予防に役立ちます。

シボヘールには、肝臓の周りについた脂肪(内臓脂肪)や、ウエスト周りについた脂肪(皮下脂肪)の両方の脂肪を分解し燃焼する働きがあります。

シボヘールは体脂肪(中性脂肪)減少効果はある?

シボヘールは、お腹だけ痩せたいと言う方におすすめのダイエットサポートサプリです。

お腹に脂肪がついている状態は、内臓脂肪・皮下脂肪が蓄積している状態です。

中性脂肪は、全身に分布する白色脂肪細胞の中に取り込まれ、お腹周りにつきやすい傾向があります。

食事から摂取した余分な糖質は、運動や日常生活では代謝がしきれないため、肝臓内で中性脂肪に合成され体内に蓄積されます。

中性脂肪は、グリセロールと脂肪酸が結合した形となっており、燃焼するためにはグリセロールと脂肪酸の状態に分解しなければなりません。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、中性脂肪を分解する働きがあるため、内臓脂肪・皮下脂肪の両方を減少したい方に効果的です。

シボヘールは便通改善効果はある?

シボヘールに含まれるポリフェノールには血流改善効果があるため、胃腸への血流も改善されるため、便秘改善効果が期待できます。

お通じが出にくい人は快便になることで代謝が改善し、痩せやすく太りにくい体質に改善されます。

また、シボヘールに含まれる成分(セルロース・還元パラチノース)は、食物繊維としての働きがあるため、便秘が解消されると実感する方が多いです。

シボヘールは代謝アップ効果はある?

シボヘールは、脂肪分解・脂肪燃焼効果があるため、代謝が改善され発汗しやすくなります。

代謝が悪い人は汗をかきにくく、デトックス効果が得られません。

代謝が良い人は、食事から摂取した糖質や脂質をエネルギーに変えて消費することができるため、太りにくく痩せやすい体質と言えます。

シボヘールの服用と運動を併用することで、さらに代謝アップが期待できます。

運動をすることで、中性脂肪は分解&燃焼が促進され、消費しやすい状態となります。

でも、運動だけで中性脂肪を燃やすのは大変なので、シボヘールを服用脂肪分解&燃焼をサポートすると、ダイエット効果が得られます。

シボヘールは更年期障害の改善効果はある?

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)にはイソフラボンをはじめとするポリフェノールが多量に含まれています。

イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用を持つため、更年期障害の改善に効果が期待できます。

40代~50代以降の中高年の女性は、閉経することでホルモンバランスが乱れ、さまざまな自律神経症状があらわれます。

自律神経を司る部位と、ホルモン分泌を司る部位は同じ場所にあるため、ホルモンバランスの乱れは自律神経の乱れに繋がります。

更年期は、動悸・イライラ・気分不快・うつなどさまざまな症状が現れます。

シボヘールには血流改善効果があり、自律神経やホルモン分泌を司る、脳視床下部への血流を改善することから、自律神経症状の改善に繋がることが期待されます。

シボヘールは部分やせ効果はあるの?

シボヘールの部分やせ効果について説明します。

下半身太りや顔のむくみなどは、循環が悪いことや骨盤の歪みなどから起こることが多いです。

シボヘールは内臓脂肪や皮下脂肪の減少効果が期待されます。

内臓脂肪や皮下脂肪は、主に腹回りや太もも・お尻などに多く蓄積されています。

シボヘールの服用により、全身の内臓脂肪や皮下脂肪が燃焼されやすくなるため、全身をスッキリさせることができます。

 

シボヘールは下半身太りに効果的?

シボヘールの部分やせ効果について紹介します。

シボヘールは、ダイエットサポートサプリなので、全身の内臓脂肪・皮下脂肪の分解・燃焼に効果が期待されます。

下半身太りの人は、血行が悪く下半身に脂肪がつきやすいため、血流の改善(代謝の改善)がおすすめです。

脚やせ効果

下半身太りで脚の太さが気になる人は、血流が悪く下半身がむくむことで起こります。

下半身太りは女性に多く、太ももやお尻の皮下脂肪組織であるセルライトによって血行が悪くなることで起こります。

セルライトは、皮下脂肪組織が結合した状態のもので、表面を触るとボコボコと塊のようになっています。

セルライトはいちど形成されると細胞がどんどん大きくなるため、血管を圧迫して血流が悪くなります。

動脈血には酸素が豊富に含まれ、静脈血には老廃物や二酸化炭素が多く含まれます。

脚にはたくさんの動脈や静脈が流れており、血流が悪くなることで、老廃物が溜まりやすくなり、ますます浮腫んでしまいます。

また、血管の付近にはリンパが流れており、血流が悪くなることでリンパの流れを圧迫するため、ますます老廃物を外に排出することができずに浮腫みます。

シボヘールは脂肪分解・脂肪燃焼の効果がありますが、脚やお尻の脂肪は燃えにくいため、運動を併用して下半身の血流を改善することでダイエット効果を高めることができます。

セルライトはいちど出来るとなかなか消えないため、リンパマッサージやストレッチなどで下半身の血流を改善するのが効果的です。

シボヘールは顔痩せに効果的?

シボヘールは脂肪分解・脂肪改善効果がありますが、顔だけ痩せたい・小顔になりたい人は、シボヘールの服用だけでは難しいと言えます。

顔は筋肉が少ないため老廃物が貯まると、顔が浮腫みます。

マッサージや表情筋のトレーニングなどで顔の浮腫を解消することもできます。

顔に溜まった老廃物は、こめかみや鎖骨部分など、リンパに流すようにマッサージをすると効果的です。

シボヘールに含まれるポリフェノールは血流改善効果があるため、顔など部分的な浮腫の改善にも効果が期待できます。

シボヘール公式サイトはこちら

[シボヘール/口コミ]公式サイトなら最安値で購入できる!通販や市販での購入は損ですよ

シボヘールは「葛の花イソフラボン」という葛の花から抽出した脂肪を減らしやすくする成分が配合された「機能性表示食品」のダイエットサポートサプリメントです。

医薬品ではなく食品扱いで、副作用はありません。

シボヘールはamazonや楽天ショッピングなどのネット通販や市販されている販売店・薬局で購入することが可能です。

価格情報を調べた時に、販売店・販売サイトによって、販売価格に差があります。

購入する場合、やはり誰でも最安値で購入したいと考えると思います。

シボヘールを最安値で購入するためには、amazonや楽天ショッピングよりも、シボヘールを製造販売している「ハーブ健康本舗」の公式サイトで購入するのが一番安く購入できる方法です。

amazonや楽天には購入者のレビューなどがあり、「効果なし」などのマイナスな意見も多くあるため、購入意欲をそがれてしまう可能性もあります。

公式サイトでは、定期便で申し込むことで、定価3,218円のシボヘールを初回限定価格980円で購入することが可能です。

2回目以降も12.7%offの2808円(税込)で購入することが出来るので、継続して服用する場合は一番コストを抑えられる購入方法と言えます。

yahooオークションで購入する方法もありますが、開封済み・中古商品など粗悪品の場合があるため、避けたほうがいいでしょう。

関連記事:【シボヘールが安い】通販で最安値はamazonと楽天ではない

シボヘールのお得な買い方・公式サイト・通販・市販での購入のメリット・デメリット

項目 シボヘールWEB限定価格
通常料金 3,218円(税込)
初回限定価格 980円(税込)
2回目以降の価格 2,808円(税込)
※12.7%Off
送料 無料
定期解約縛り なし

シボヘールはどこで買えるのか?シボヘールの買い方にはいくつか選択肢があります。

amazonや楽天ショッピング、薬局などでの市販商品、公式サイトでの通販などで購入が可能です。

販売店での値段は様々なので、購入する場合のおすすめは、ハーブ健康本舗の公式サイトです。

公式サイトの定期購入では、シボヘールを初回では980円で購入することが可能です。

公式サイトには、シボヘールや配合されている脂肪を減らしやすくする成分である「葛の花由来のイソフラボン」についての様々な情報が掲載されています。

飲むタイミングや、使用した方々の「痩せた」「効果があった」などの報告などがり参考にすることが出来ます。

また、効果がなかった際に解約したい時などの情報も掲載されていて安心です。

シボヘールは国内工場で生産され、サプリメントとして副作用が含まれるものは配合されていないため、安心して服用することが出来ます。

シボヘール の取扱店・量販店・ドラッグストア・ディスカウントストアでは取り扱いなし

ダイエットサポートサプリメントの「シボヘール」を取り扱っている取扱店は、公式サイトであるハーブ健康本舗だけです。

お店の店頭販売やヨドバシカメラ・マツモトキヨシ・ドン・キホーテなどのお店では販売していません。

amazonや楽天などのネット通販サイトでは販売しているところがあります。

ただ、シボヘールを購入するのであれば、ハーブ健康本舗の公式サイトで定期便を購入するのが一番安く済みます。

初回は定価3,218円のシボヘールを980円で購入でき、2回目以降も12%off(2,808円)で購入できるので購入コストを抑えることが出来ます。

また通販なので宅配便ですが、送料無料なのでコストパフォーマンスがいいといえるため、おすすめです。

amazonや楽天などは別の業者などが公式サイトから買い付けて販売しているので、値段が割高になっている場合がほとんどでおすすめできません。

また、販売自体がされてない可能性もあり、検索かける時間を無駄にしてしまうかもしれないので、やはり、公式サイトでの購入をおすすめします。

シボヘールの取り扱い点・ マツキヨ・ウエルシア・スギ薬局では取り扱いありがありません

シボヘールは「葛の花イソフラボン」が配合された機能性表示食品扱いのダイエットサポートサプリメントです。

シボヘールはマツキヨ(マツモトキヨシ)・スギ薬局・ウエルシア・コスモスなどの薬局やドラッグストアなど販売店では販売していないようです。

販売していたとしても、店頭販売で最安値の商品を探すのは手間もかかり、サプリメントコーナーには、シボヘールのほかにも、同じような効果を売りにしているサポートサプリメントが並んでいる可能性があり、どれを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。

そのため、シボヘールを購入すなら、ハーブ健康本舗の公式サイトからの注文をおすすめします。

公式サイトで購入することで、定期コースでの注文で、初回料金980円、2回目以降も12.7%offの2,802円で購入することが出来るので、最安値でシボヘールを手に入れることが出来ます。

また、定期コースでも、いつでも商品の変更・停止が可能なので、気軽に注文することが出来ます。

シボヘール はどこで売ってる?楽天・Amazonなどの通販やオークションサイトでの購入はおすすめできない

シボヘールはハーブ健康本舗が発売している、「葛の花イソフラボン」が配合された機能性表示食品のダイエットサポートサプリメントです。

シボヘールはCMでは宣伝されておらず、薬局・マツモトキヨシ・ハックドラック・ウエルシアなどのドラッグストアでは市販されていません。

公式サイトにアクセスして、ネット注文する方法が、シボヘールを最安値で購入できる方法です。

ヤフオク(yahooオークション)やamazon、楽天ショッピング、ポイントサイトなどでも転売されている場合がありますが、公式サイトに比べて料金は割高になってしまう傾向があります。

また、公式サイトでの注文なら送料は無料ですが、ヤフー・楽天・amazonなどの通販サイトで購入すると、送料もかかってしまう場合があり、余計なコストを増やしてしまう原因となります。

また、ヤフオクなどオークションサイトでの購入は、料金が安くても、開封済みなどの商品を出品している場合もあり、衛生面を考慮した場合、そのような商品は購入を控えたほうがいいでしょう。

シボヘールを安く買う方法・公式サイトなら初回限定500円でお試しできる

ハーブ健康本舗という会社が発売している「シボヘール」には、脂肪を減らしやすくする効果が確認されている「葛の花イソフラボン」が配合されています。

ダイエットサポートサプリメント「シボヘール」は公式サイトで購入することをおすすめします。理由は簡単で、公式サイトでの購入が一番安胃値段で購入できるからです。

シボヘールは、薬局・マツモトキヨシ・ハックドラック・ウエルシアなどのドラッグストアでは市販されていません。

amazon・楽天ショッピングなどのネット通販サイトでは取り扱っている場合もありますが、公式サイトより販売価格が高いことがほとんどです。

公式サイトで購入する場合、定期便にすると、WEB限定価格として、定価3,218円のシボヘールを、初回限定価格980円で購入することが出来ます。

2回目以降も、12.7%offの2,808円で購入することが出来るので、継続して購入する場合は、らくらく定期便が一番コストを抑えることが出来ます。

また、定期便だけでなく単品販売もしていて、まずはお試しで利用してみたいという方向けに、モニターお試し500円で購入することが出来ます。

お試し500円のシボヘールは電話注文で注文できます。

お一人様3袋まで購入出来ますが、お試し商品なので、通常のシボヘール1袋120粒入りではなく、1袋40粒入り(10日間お試しサイズ)となっています。

サプリメントは継続して飲み続けて効果が表れるため、お試し商品30日分(1袋40粒入り×3袋)では効果が表れず、「効果なし」と思ってしまうかもしれません。

公式サイトでも、最低3か月は飲み続けるよう推奨しているため、お試し期間で効果が表れなくても、自分の体質に合っていると感じたら、追加注文して3か月続けることをおすすめします。

シボヘール公式サイトはこちら

[シボヘール/口コミ]ラクビを比較してみました!

 

シボヘール

機能性表示食品
葛の花抽出物
1日4粒(1日1回)
定価は3,218円
980円
2,808円(12.7%off)
GMP工場
解約縛りなし
商品到着後10日以内

ラクビ

健康食品
サラシアエキス、ビフィズス菌末、酪酸菌
1日1粒
定価は3,800円
300円
2,740円(27%Off)
GMP工場
解約縛り3か月
商品到着後8日以内

関連ページ:シボヘールとラクビ

タイトルとURLをコピーしました