【シボヘールの体重減】痩せる効果を検証

シボヘール公式サイトはこちら

シボヘールで痩せた人と痩せない人の違い!シボヘールがおすすめできない人

シボヘールでダイエット効果があった人は軽い運動や、無理のない食事制限を併用しています。

シボヘールは飲むだけで痩せる魔法のサプリではありません。

シボヘールの効果には「脂肪の合成を抑制」「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」の3つがありますが、ただサプリメントを飲むだけでは、痩せやすい体質に近づくことはできますが、体重減少やウエスト径の減少には至りません。

30代40代以降の、痩せにくく太りやすい体質を改善するためには、シボヘールと併用して軽い運動と無理のない食事制限が有効です。

関連ページ:【シボヘールの口コミ】効果とダイエットの結果

シボヘールでダイエット効果があった人の特徴・運動を併用

シボヘールでダイエットに成功した人の特徴は運動を併用していることです。

シボヘールには「脂肪分解効果」と「脂肪燃焼効果」がありますが、ただサプリメントを飲むだけでは、痩せやすい体質に近づきますが、体重減やウエスト減には至りません。

30代・40代は基礎代謝が落ち、痩せにくく太りやすい体質となっているため、ただサプリメントを飲むだけでは理想の体重や体型を手に入れることはできません。

シボヘールはダイエットサポートサプリであり、飲むだけで大幅な体重減少に繋がるわけではありません。

日常生活に無理なく取り入れられる、簡単な運動や食事制限を併用することで、体重減やウエスト減に繋がります。

シボヘールのダイエットカフェの口コミ(運動)

ダイエットカフェの口コミ

ダイエットカフェは辛口の口コミサイトなので、辛辣な意見もたくさんありますが、とても参考になります。

ダイエットカフェでのシボヘールの口コミを見ると、大幅な体重減少を実感した人が少ないことが分かります。

体重変化がなかった人・1~3キロ減の人が最も多く、4キロ以上の減量に成功した人は少ないですね。

シボヘールでダイエットに成功する人の口コミには特徴があります。

シボヘールで4キロ以上のダイエットに成功した人は、運動を併用している方ばかりです。

シボヘール+運動で大幅減量に成功

参考:シボヘールの口コミ(ダイエットカフェ)

シボヘール+運動の併用で2ヶ月で10キロ以上の減量に成功した方は、負荷の強い運動ではなく軽いストレッチを行っていますね。

大幅に体重を落とそうと思うと激しい運動をしよう!と、運動の習慣のない人がマラソンや縄跳びなどをしてしまい、三日坊主で失敗する・・・このような経験ありませんか!?

シボヘール+運動の併用で体重減少をするためには、無理のない運動を習慣化させることが重要です。

シボヘールを毎日欠かさず飲むことで、「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」効果が得られるので、無理のない運動を継続して取り入れることで、痩せやすい体質に変わり、短期間でも体重減少を実感することができます。

ランニング

シボヘールで大幅減量した方の口コミを見ると、ランニングなどの激しい負荷の運動をしている方は少数です。

ウォーキングや筋トレなど、日常生活に無理なく取り組むことができる運動を習慣的に行った方は減量に成功している方が多いですね。

痩せにくく太りやすい体質の人は、運動不足で運動の習慣がない人が多いですね。

運動の習慣がない人が急に激しい運動を取り入れると、膝や足首に負荷がかかり怪我の原因となりますし、心臓にも負荷がかかりすぎて、最悪の場合は狭心症や心筋梗塞に繋がってしまいます。

30代・40代は痩せにくく太りやすい体質なので、日常的に無理のない運動を取り入れて、少しずつ痩せやすい体質を取り戻すことをおすすめします。

ダイエットに最適な運動は有酸素運動ですね。

マラソンは有酸素運動の1つですが、運動の習慣がない人がマラソンを始めると、負荷が強すぎます。

ダイエットに必要な負荷は、ファットバーンゾーンと呼ばれる心拍数の運動です。

ファットバーンゾーンの心拍数は年齢によって異なります。

運動の習慣のない人が急にマラソンを始めると、ファットバーンゾーンの心拍数を超えて負荷の強い心拍数になってしまうため危険です。

運動の習慣のない人は、軽いウォーキングや家の中でのエアロバイクや足踏み・ラジオ体操など簡単な運動から取り入れ、運動の習慣をつけることがから始めることをおすすめします。

筋トレ

筋トレとダイエットは密接な関係があります。

筋肉量が多い人は基礎代謝量が増え、普段の生活や就寝中であってもエネルギーを消費しやすい体質です。

また筋トレを行うと、筋肉に負荷がかかり筋肉や骨格がエネルギー不足となるため、筋肉に負荷をかけることでエネルギー消費がしやすくなります。

筋トレでダイエットではライザップが有名ですね。

ライザップでは、負荷の大きなトレーニングを週に2回行います。

トレーニングと休息日を作ることで、筋肉が大きく成長することを助けます。

体内では筋肉量が増えることで基礎代謝量が増え、痩せやすい体質に近づきます。

腹筋やダンベル運動・自重でのトレーニングなどを行うと、成長ホルモンが大量に分泌されることで、体脂肪が分解され脂肪を燃焼します。

筋トレのみではなく、筋トレと有酸素運動を組み合わせることで、さらに脂肪分解+脂肪燃焼効果を高めることができます。

筋トレで成長ホルモンを大量に分泌すると脂肪が分解され燃えやすい状態となっているため、そこに有酸素運動を加えることでさらに脂肪燃焼効率が高まります。

筋トレ+有酸素運動を組み合わせる場合は、先に筋トレを行ってから有酸素運動を行うとダイエット効果が高まりますよ。

シボヘールは運動前に習慣的に飲むと言う方もいますが、運動の直前にシボヘールを飲んでも脂肪燃焼効率が急激に高まることはありません。

飲み忘れを防ぐためにも、毎日同じ時間に服用することをおすすめします。

シボヘールでダイエット効果があった人の特徴・食事制限を併用

シボヘールと糖質制限を組み合わせることで、体重減に繋がります。

本当に痩せる!との口コミには、食事制限をしている方が多いのが特徴です。

糖質制限とは、パンや白米などの主食や、ジャンクフードや洋菓子などを制限することです。

体脂肪(中性脂肪)は、体内に取り込まれエネルギー消費ができなかった糖質を元に、肝臓で合成されます。

そのため、体脂肪の元となる糖質(ブドウ糖)を制限することで、さらにダイエット効果を高めることができます。

シボヘールのダイエットカフェの口コミ(食事制限)

シボヘールで大幅減量に成功した人の口コミを見ると、食事制限を併用していることが多いですね。

特に糖質制限をされている方が多いです。

糖質は体脂肪(中性脂肪)の元となるため、ストレスのない範囲で制限したほうがダイエット効果を高めることができます。

ただ、中性脂肪は生活習慣病や肥満症の原因となるばかりではなく、体温の維持や内臓や骨を外部刺激から守るなど重要な役割もあるため、糖質を完全にカットする必要はありません。

3食すべての糖質(主食)を制限する必要はありません。

夕食の糖質(主食)を制限することが最もダイエット効果が高まります。

活動量が多い昼間(昼食)は主食を摂り、朝食と夕食は主食を制限すると効果的です。

シボヘール+食事制限のダイエットを成功させるコツは、無理のない範囲で続けることです。

シボヘールには「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」効果があるため、食事制限を併用して、より痩せやすい体質を整えることで、ダイエット成功に繋がります。

30代・40代は痩せにくく太りやすい体質となっている方が大半なので、シボヘールは最適なダイエットサポートサプリと言えます。

20代の基礎代謝と食事制限ダイエットのコツ

20代は30代・40代に比べると基礎代謝量が多く、痩せにくく太りやすいと実感する人の割合は30代・40代に比べて少ないですね。

20代後半になると、次第に基礎代謝量が低下し、痩せにくくなった、以前と食事量は変わらないのに体重が増えてきた・・・このように感じ始める人が増えてきます。

20代後半から痩せにくく太りやすい体質に変化したことを実感する人が増え始めるので、20代後半からは中年太りへの対策が必要になります。

20代の平均基礎代謝量

 

項目基礎代謝量基礎代謝基準値基準体重
男性1520kcal/日24.0(kcal/kg/日)63.5(kg)
女性1180(kcal/日)23.6(kcal/kg/日)50.0(kg)

参考:1日の基礎代謝量と1日の必要摂取カロリー(日本健康運動研究所)

基礎代謝量は安静時の代謝量です。

何も活動をしなくても、臓器を動かしたり呼吸や消化を行うために必要なエネルギーが基礎代謝量です。

20代は30代・40代以降に比べて基礎代謝量が高く、痩せにくく太りやすい体質を実感している人の割合は30代・40代に比べて少ない年代です。

でも、ダイエットの鍵となる褐色脂肪細胞は20代から減少し始め、徐々に痩せにくい体質になっていきます。

20代は基礎代謝量が30代・40代以降の年齢に比べて高いので、無理な食事制限やダイエットは健康的におすすめできません。

食事制限のポイントは、食事全体の量を減らすのではなく、主食の摂取量を減らすことで健康的にダイエットすることができます。

食事全体の量を減らしてしまうと、ダイエットに必要なビタミン・ミネラル・脂質・たんぱく質なども減ってしまうため、余計に痩せにくい体質になってしまいます。

20代の食事制限は、無理のない範囲で主食の量や回数を減らすことをおすすめします。

30代・40代の基礎代謝と食事制限ダイエットのコツ

30代・40代の基礎代謝と食事制限ダイエットのコツについて紹介します。

30代・40代になると、20代に比べて基礎代謝量が低下します。

基礎代謝量は、活動をしていなくても消費されるカロリーのことなので、基礎代謝量が高いほど痩せやすい体質と言えます。

年齢と共に基礎代謝量が低下するのは、脂肪の代謝を行う褐色脂肪細胞の数や働きが低下してくるからです。

褐色脂肪細胞は、体内の余分な脂肪をエネルギーに変えて燃焼する働きがあります。

褐色脂肪細胞の中にはミトコンドリアが多数存在し、エネルギーを作り出しています。

ミトコンドリアはほとんどすべての細胞の中に存在し、体内の新陳代謝に深く関わっています。

年齢と共に褐色脂肪細胞が減少するため、細胞内のミトコンドリアも減少し、エネルギー生産が行われなくなります。
褐色脂肪細胞は食生活や日常生活の改善により活性化が可能とされており、運動や規則正しい生活・栄養価の高い食事の摂取などに気をつけることで、代謝の良い体質を手に入れることができます。

30代40代の平均基礎代謝量

 

項目基礎代謝量基礎代謝基準値基準体重
男性1520kcal/日22.3 (kcal/kg/日)68.0 (kg)
女性1140(kcal/日)21.7 (kcal/kg/日)52.7 (kg)

20代に比べると、30代・40代では基礎代謝が次第に低下してきているのが分かります。

基礎代謝量は2(kcal/kg/日)の減ですが、1日の基礎代謝量はこの数字に体重をかけるので、かなりの差になります。
例えば50キロの体重の方なら、2(kcal/kg/日)X50kgなので1日の基礎代謝量は100kcalもの差になります。
1ヶ月にすると3,000kcalの差になります。

3,000kcalは、女性の2日分弱の摂取カロリーと同程度であり、何も対策をしなければ日に日に基礎代謝は低下し、痩せにくく太りやすい体質になっていきます。

30代40代は、糖質制限ダイエットを積極的に行うと効果的です。

1日3食のうち1食のみ主食を食べますが、白米やパン・パスタなどは血糖値が急激に上がり太りやすくなるため、玄米や全粒粉のパンやパスタに変更すると効果的です。

ダイエットのコツは、無理なく継続できることなので、3食すべてを糖質制限にする必要はありません。

玄米や全粒粉のパンやパスタは、ネットでもたくさんの種類があるので、無理のない範囲で取り入れてみると良いですね。

代謝の低下が著しくなってくる30代40代は、糖質制限ダイエットに加えてシボヘールの併用がおすすめです。

シボヘールで脂肪分解・脂肪燃焼をしても、基礎代謝量が低下しているため痩せにくいのです。

基礎代謝量の低下を補うためにも、糖質制限ダイエットを併用することでダイエット効果を高めることができますよ。

50代・60代の基礎代謝と食事制限ダイエットのコツ

50代・60代になると、さらに基礎代謝は低下してきます。

30代・40代の基礎代謝が低下し痩せにくくなったときに対策をしなかった人は、50代・60代ではさらに痩せにくい体質になっています。

30代・40代のうちに対策を取ることが、健康的なスタイル維持には重要です。

50代60代の平均基礎代謝量

 

項目基礎代謝量基礎代謝基準値基準体重
男性1380kcal/日21.5 (kcal/kg/日)64.0 (kg)
女性1100(kcal/日)20.7 (kcal/kg/日)53.2 (kg)

30代40代に比べると、50代・60代では特に女性の基礎代謝量の低下が大きいです。

1日の基礎代謝基準値が1.0kcal/kg/日低下しているため、これに体重をかけるとかなりの差になります。

体重が50キロの女性なら、1.0(kcal/kg/日)X50で1日50kcalの基礎代謝量が低下します。

1ヶ月に換算すると1500kcalの低下なので、かなりの差ですね。

女性の場合は、50代60代の基準体重は増加しているため、30代40代以降に体重増加する方が多いことが分かります。

50代・60代もやはり糖質制限が有効です。

この年代は、女性は閉経を迎え骨粗鬆症の危険性が高くなるため、無理な食事制限は健康を害するためおすすめしません。

主食である糖質を制限し、無理のない範囲でダイエットをするのが重要です。

シボヘールは、BMI値が高い方や、体重が多い方は特にダイエット効果を実感しやすいため、日々のダイエットサポートに取り組むことをおすすめします。

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴・運動を併用しない

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴は、運動嫌いな人・運動の時間がない人・運動方法が間違っている人などが多いです。

ダイエットを成功させる鍵は継続することですが、間違った方法を継続するよりも、正しい方法で継続したほうがダイエット効果はアップします。

無酸素運動は短時間で大きな力を発揮する強度の高い運動のことであり、ダイエット効果を高めるための運動としては不向きで、筋力アップをしたい人におすすめの運動です。

無酸素運動には、ウェイトリフティング・筋トレなどがあります。

ダイエット効果が低い運動方法として、頻度が少ない・時間が短いなどがあります。

ダイエットは継続が肝心なので、無理なく続けられる運動が良いのですが、週1回の運動よりも週2回・3回のほうがダイエット効果は高まります。

できれば、日々の生活の中に無理のない範囲で運動を取り入れるのが一番理想的です。

また、時間が短すぎるのもダイエット効果には繋がりません。

有酸素運動は、20分以上の継続が必要とされていますが、20分を継続するのが難しい場合は、10分を2回や、5分を4回など分けて運動をしても同程度の効果が得られるとされています。

20分程度の運動なら、家の中で足踏みをしたり、通勤時に歩く距離を伸ばしたり、無理なく継続できる時間ではないでしょうか。

シボヘールには「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」の効果がありますが、30代40代以降では基礎代謝量が低下しているため、サプリメントの服用だけでは体重減には繋がりません。

シボヘールの服用ではダイエット効果が得られなかった人は、サプリメントを飲むだけで痩せると勘違いされていることが多いのですが、シボヘールはダイエットサポートサプリであり、日常的な運動を併用したほうがダイエット効果が高まります。

50代60代に入るとさらに基礎代謝量は低下し、痩せにくく太りやすい体質になります。

30代40代のうちから対策をすることで、50代・60代に入ってもキレイなスタイルを維持できますし、生活習慣病の予防にも効果的ですよ。

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴・食事制限ができない

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴は食事制限ができないことです。

糖質制限・間食制限・カロリーの高い食事の制限は、ダイエット効果を高めるために最低限行いたいことです。

パン・ご飯・麺類などの炭水化物は、血糖値が急激にあがりやすい食品のため、太りやすい体質を作ってしまいます

お菓子や砂糖がたくさん入った食べ物も高GI値の食品で、接種後に急激に血糖値が上昇するため、太りやすく痩せにくい体質を作ります。

シボヘールは「脂肪分解を促進」「脂肪燃焼のサポート」効果がありますが、サプリメントを飲むだけで痩せると言うことはありません。

太りにくく痩せやすい体質に近づくことはできますが、30代40代では基礎代謝量が低下しているため、摂取カロリーを制限しなければ、体重減をするのは難しいのです。

消費カロリー>摂取カロリーになることでダイエット効果を得ることができるため、基礎代謝が低下する30代以降は、摂取カロリーを制限するため、糖質制限ダイエットを日常的に行うことをおすすめします。

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴・サプリを飲むだけで痩せると思っている

シボヘールは「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」効果がありますが、サプリメントを飲んでいるだけで大幅減量をすることはありません。

30代40代以降はなぜ痩せにくく太りやすくなるのかが理解できると、シボヘールを飲んだだけでは体重減に繋がるのは難しいことが分かると思います。

10代や20代は基礎代謝量が高いため、多少は摂取カロリーが多くても余計な糖分を代謝することができました。

そのため、余分な糖分が中性脂肪の元になることもありませんでした。

でも30代40代以降は基礎代謝量が徐々に低下するため、10代20代の頃の摂取カロリーのまま食べ続けていると、体重は増える一方です。

基礎代謝量が低下すると言うことは、消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らすかしないと、体重の維持すら難しいと言うことです。

消費カロリーを増やすためには運動が理想的ですし、摂取カロリーを減らすには食事制限が理想的です。

シボヘールは痩せやすい体質に近づけるようにサポートをしてくれますが、服用するだけで簡単に痩せると言うことはありません。

シボヘールでダイエット効果を得たいと言うかたは、簡単な運動と無理のない食事制限を併用することをおすすめします。

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴・何事も続かない、飽きっぽい

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴は、何事も続かない・飽きっぽい・サプリを飲むこと自体を忘れてしまうなどです。

シボヘールに限らずすべてのダイエットサプリに言えることですが、自分に甘い人は、なかなか思うようなダイエット効果を得ることはできません。

まったく生活習慣や食生活を変えずに、キレイに痩せるのは難しいと言うことですね。。。

シボヘールでダイエット効果を発揮するためには、体質を改善する必要があります。

30代40代は基礎代謝量が低下するため、何も対策をしないと太りやすく痩せにくい体質となり、50代60代はさらにその体質が加速します。

シボヘールを継続して飲むことで、内臓脂肪や皮下脂肪が貯まりにくい体質になりますが、蓄積された脂肪を落とすためには、食事制限や運動の併用が効果的です。

シボヘールは1ヶ月や2ヶ月の短期間ではダイエット効果を発揮することができません。

服用を継続することで、脂肪の分解&燃焼がスムーズにできる体質となるため、最低でも3ヶ月は続けましょう。

ダイエット効果アップのために、運動と食事制限の併用をすることをおすすめします。

シボヘールで痩せるコツは運動と食事制限の併用

シボヘールでダイエットを成功させるポイントは運動と食事制限の併用です。

シボヘールは「脂肪分解」「脂肪燃焼」の効果がありますが、飲むだけで大幅に減量することはできません。

30代40代以降のダイエットでは、基礎代謝量の低下を補うために、運動と食事制限の併用が効果的です。

シボヘールと運動・食事制限を併用することで、基礎代謝量の低下を補い、痩せやすくて太りにくい若い頃の体質に近づけることができますよ。

シボヘールで体の内側から若々しく、キレイなスタイルをキープしたいですね。

シボヘールのダイエット効果を高めるコツ・運動を併用する

シボヘールのダイエット効果を高めるコツは運動を併用することです。

公式サイトでも「適度な運動と、バランス良い食事にプラスして、お腹の脂肪対策を!」と書かれており、サプリメントの服用のみでダイエット効果を得ることはできません。

運動も食事制限も続かないからダイエットサプリを飲もう!と言う方には、シボヘールは向いていません。

30代40代以降のダイエットでは適度な運動は必要不可欠です。

これはシボヘールに限らず、どのダイエットサプリやダイエット飲料でも同じく、運動を併用しなければ理想通りのダイエット効果は得られません。

30代40代以降は基礎代謝量が低下するため、適度な運動をして脂肪燃焼・脂肪分解を促進しなければ、余計な脂肪をなくすことはできません。

30代40代以降のダイエットで重要なのは、継続できる程度の方法を取り入れることです。

辛い運動や難しい運動では継続することが難しいですよね。。。

ウォーキングやエアロバイクなど、簡単で無理なく続けられる方法を見つけて、痩せやすく太りにくい体質を取り戻したいですね。

脂肪を燃やす有酸素運動はどのくらいの時間続けると効果的?

ダイエット効果を高める有酸素運動の方法は、持続時間よりも運動強度にあります。

食品から摂った糖質は、すぐにエネルギーに変換することができるため、強度が高くすぐにエネルギー供給が必要となる運動をした時には、食品から摂った糖質が消費されます。

体内に蓄積された脂肪を燃焼するためには、長時間継続できるような強度の低い運動が必要です。

体内に蓄積された脂肪は、いちどグリセロールと脂肪酸に分解されてから、エネルギーとして利用されます。

脂肪が分解されまでには20分程度の有酸素運動をする必要があると言われていますが、20分継続しておこなわなければ脂肪分解がされないと言うことではありません。

20分の有酸素運動を何度かに分けて取り入れても同程度の効果が得られます。

5分の有酸素運動を4回行い、計20分の有酸素運動を行っても、体内の脂肪は燃焼できます。

20分の有酸素運動を行う時間がない人や、体力的に20分の有酸素運動の継続が難しい人は、5分の有酸素運動を数回繰り返す方法をおすすめします。

脂肪燃焼には有酸素運動が効果的と言われています。

有酸素運動は、長時間継続可能な軽度または中度の負荷の運動を言います。

有酸素運動の代表的なものは、ウォーキング・ランニング・ジョギング・サイクリング・エアロビ・水泳・エアロビクスなどがあります。

有酸素運動は好気的代謝によってヘモグロビンを得るため、全身の期間に酸素を送り届けることができるため長時間の継続が可能です。

筋トレやウェイトトレーニングのような無酸素運動は、嫌気的代謝によって酸素の供給が不足するため、長時間の継続はできません。

有酸素運動は健康維持やダイエットなどの目的で行われ、無酸素運動は筋力アップなどの目的で行われます。

シボヘールは、脂肪分解+脂肪燃焼をサポートする効果があるため、運動により脂肪分解+脂肪燃焼をすることにより、ダイエット効果を高めることができます。

痩せやすく太りにくい体質に改善されるだけでなく、体重や体脂肪を減らしたい方は、シボヘールの服用に加えて運動を取り入れることをおすすめします。

脂肪を燃やす有酸素運動はどの時間帯に行うと効果的?

ダイエット効果の高い有酸素運動の方法や効果的な時間帯・タイミングについて紹介します。

有酸素運動を行う効果的なタイミングは、食事前・朝食前などと言われることが多いです。

有酸素運動は、運動の強度にもよりますが、食事から摂取した糖質をエネルギーに変換する、または体内に蓄積された脂肪をエネルギーに変換します。

食事前の空腹時は、食事から摂取した糖質が少ない状態となるので、体内に蓄積された脂肪が分解されてエネルギー源として利用されやすくなります。

とくに朝食前は、夕食からの時間が長く空くため、より体内に蓄積された脂肪を燃やすのみ効果的と言われています。
でも、あまりに空腹が強いときに運動をすることで健康に悪影響を及ぼすことがあります。

空腹時は血糖値が低下しているため、長時間の有酸素運動を行うことで、めまい・気分不快などの繋がる可能性があります。

強い空腹時は低血糖状態となっており、不整脈を誘発することがあるので、心臓に負荷のかかる有酸素運動を長時間行なうのは危険です。

朝食前の空腹時に有酸素運動を行う場合は、消化の良い食事(バナナなどの果物)やウィダーインゼリーのようなものを食べることで、ダイエット効果の高い有酸素運動を行うことができます。

また食後30分以内の有酸素運動は、脇腹が痛くなったり、心臓に負荷をかけることになるため避けるようにしましょう。
ダイエットは継続することが鍵なので、毎日同じ時間に運動を行うことで、日常生活に運動習慣を組み込むことができ、無理なく運動を続けることができます。

シボヘールでダイエットに成功した方は、起床後に果物やウィダーインゼリーなどを摂取して、ウォーキングや早歩きなどの運動を取り入れている方が多いです。

朝の運動は気分も爽快になりますし、血行が良くなるため頭が冴えて仕事や家事がスムーズにすすみますよ。

脂肪を燃やす有酸素運動はどのくらいの頻度で行うと効果的?

ダイエット効果を高める運動の1つに有酸素運動がありますが、頻度が高ければダイエット効果が高いと言うことではありません。

有酸素運動は、無理なく長時間継続できる運動ですが、筋肉や骨には負担がかかるものです。

とくに運動を始めたばかりの頃は、少しの運動で疲れてしまい、なかなか疲れが取れないと言うことがあると思います。

これは、オーバーワークの状態で、筋肉や骨に負担がかかり疲労回復ができていないために起こります。

オーバーワークが続き全身に疲労が溜まってしまうと、血流が低下したり、自律神経の乱れに繋がります。

有酸素運動は3日行って1日休むくらいのペースで続けると効果的です。

有酸素運動を行わない日は、簡単なストレッチやラジオ体操などを行うと、全身の血流が改善され自律神経の乱れを改善します。

ダイエットの鍵は継続することなので、日常生活に無理のない範囲で有酸素運動を取り込むのがポイントです。

生活習慣に合わせて、起床後すぐに運動をする・昼休憩の間に運動をする・夕方の仕事終わりに運動をする・夜の帰宅後に運動をするなど、1人1人の生活に合わせて運動を組み込むことをおすすめします。

シボヘールは有酸素運動を併用することでダイエット効果を高めることができます。

有酸素運動をお休みする日も、シボヘールは忘れずに服用しましょう。

脂肪を燃やす有酸素運動はどのくらいの負荷で行うのが効果的?

脂肪を燃やす有酸素運動は、運動の強度によって脂肪燃焼の効率が変わります。

30代40代以降のダイエットでは、体内に蓄積された体脂肪(中性脂肪)を燃やす必要があります。

体脂肪(中性脂肪)は、長時間無理なく続けられる強度の有酸素運動を行うことで燃焼されます。

中性脂肪は、グリセロールと脂肪酸に分解されなければ燃焼することができません。

そのため、中性脂肪が燃焼しやすい強度の有酸素運動を行うことでダイエット効果を高めることができます。

長時間の継続が難しい強度の高い運動を行うと、食事から摂取した糖質から順番に消費されます。

食事から摂取した糖質の消費が終わると、脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が分解され、エネルギー源として消費されます。

本格的な運動療法を取り入れる場合は、心拍数のチェックなどを行いながら運動の強度を調整する必要があります。

でも、普段の運動なら、自分が長時間無理なく継続できる程度の強度に調整すれば良いです。

誰かと会話しながらでも続けることができる、息はあがるが会話が可能なレベルの強度が目安です。

強度の高い運動は、心臓への負担にも繋がりますし、運動の習慣がない人にはストレスになってしまうので、無理なう継続できる程度の運動を行います。

シボヘールは脂肪分解+脂肪燃焼をサポートするダイエットサプリです。

シボヘールは、運動や食事制限と併用することで、ダイエット効果を実感することができます。

脂肪を燃やす有酸素運動・筋トレ

筋トレはダイエットに効果的な運動の1つです。

筋トレは有酸素運動ではなく、無酸素運動です。

ウェイトトレーニングや筋トレは、短時間で最大限の力を発揮する運動なので、有酸素運動とは反対の代謝が行われます。

筋肉量を増加させることは基礎代謝量のアップに繋がるため、ダイエットに効果的ですが、筋トレのみを行うよりも有酸素運動を組み合わせたほうがダイエット効果が高まります。

筋トレを行うと成長ホルモンの分泌が促進されます。

筋トレを行った後は成長ホルモンの分泌が続くため、有酸素運動を加えることで効率よく脂肪燃焼をすることができます。

筋トレと有酸素運動を組み合わせるときは、筋トレを先に行ってから有酸素運動を行いましょう。

逆に筋肉をつけたいときは、有酸素運動を行ってから筋トレを行うと効果的です。

シボヘールは脂肪分解+脂肪燃焼の効果があるため、筋トレで筋肉量をアップし、代謝の改善に繋げたいですね。

脂肪を燃やす有酸素運動・ジョギング

ジョギングは有酸素運動の1つですが、運動の習慣がない人が急にジョギングを取り入れると、様々な不調を起こしやすく、また運動のストレスから続けられなくなる可能性が高いです。

ダイエットを始めると、早く痩せたくて最初のうちは負荷の大きな運動を一生懸命にやる方が多いですよね。

でも、運動の習慣がない人にとって、有酸素運動はストレスになる可能性が高いです。

また、足腰を痛める原因となったり、心臓への負荷が強くなったりするので、運動の習慣ができて体力がついてからジョギングを取り入れることをおすすめします。

シボヘールでダイエット効果のあった人は、運動経験のある方はジョギングを取り入れて大幅減量をされている方もいます。

運動経験や体力などから、無理のない運動を取り入れましょう。

脂肪を燃やす有酸素運動・ウォーキング

ウォーキングは運動の習慣がない人でも気軽に始められる有酸素運動の1つです。

いつもよりやや早歩きにするだけで、全身の筋肉を使うため、カロリー消費が高まります。

ウォーキングをするときは、しっかりと手を振って、歩幅を広くすると消費カロリーが高まります。

慣れてきたら、ウォーキングからジョギングやランニングにステップアップするのも良いですね。

ウォーキングは、腰や膝が悪い人では負荷が強いので、体調に合わせて水泳やエアロバイクなどの有酸素運動もおすすめです。

シボヘールでダイエットを成功させた人の多くは、ウォーキングや水泳・エアロバイクなどを定期的に取り入れている方が多いです。

体力や運動経験などから、無理のない運動を取り入れましょう。

シボヘールのダイエット効果を高めるコツ・食事制限を併用する

シボヘールでダイエット効果を高めるコツは、食事制限を併用することです。

シボヘールはダイエットサポートサプリであり、飲むだけで大幅減量をするサプリメントではありません。

30代40代では基礎代謝量が低下するため、20代のころのように食べたいだけ食べていると、体重は増える一方です。
基礎代謝量が低下するため、シボヘールの服用で脂肪分解・脂肪燃焼が促進されても、それだえでは体重減少までは不十分です。

シボヘールの服用により、痩せやすく太りにくい体質を取り戻すことはできますが、体重減少となると食事制限の併用が不可欠です。

ダイエット成功の秘訣は継続することなので、無理のない範囲で食事制限を行いダイエット効果を高めたいですね。

低GI値の食品とは

GI値とは「Glycemic Index(グリセミック・インデックス)」の略で、食後の血糖値の上昇を表す指数です。

低GI値の食品は、摂取後の血糖値の上昇が緩やかな食品です。

食事をすると食物から摂取した糖分は、ブドウ糖として血管内に取り込まれます。

血管内のブドウ糖が増えると、すい臓からインスリンが分泌され、血管内の血糖値を下げるように働きます。

インスリンの過剰な分泌は肥満や生活習慣病の原因となるため、血糖値の上昇が急激となる高GI値の食品はダイエットに不向きと言えます。

血糖値の上昇は食物から摂取した糖分により左右されるため、カロリーが高い食品が必ずしもGI値の高いのではありません。

カロリーは高くても低GI値の食品もあります。

GI値は数値で表され、GI値55以下の食品を低GI食品と言い、GI値70以上の食品を高GI食品と呼びます。

低GI食品には、乳製品(ヨーグルト・チーズなど)・果物(バナナ・りんごなど)・そば・大豆製品・野菜類(じゃがいも・とうもろこし・さつまいもを除く)・海藻などがあります。

食事をするときは、最初に主食を食べてしまうと急激に血糖値が上昇してしまい太りやすい体質となるため、最初に野菜サラダや納豆などの発酵食品、お味噌汁などを食べ、主食を最後に摂るようにすると、食べ過ぎや急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。

シボヘールでダイエットを成功させるコツは、無理な食事制限をしないことです。

無理な食事制限はストレスとなり、余計に過食の原因となることがあります。

シボヘールを継続的に飲みながら、食事の順番に気を付け、1日に1食は主食を控えるようにするとダイエット効果が高まります。

高GI値の食品とは

高GI値の食品は、低GI値の食品とは反対に、摂取すると急激に血糖値を上昇させます。

血糖値が上昇するとすい臓からインスリンが分泌されますが、急激に血糖値が上昇するとインスリンは過剰に分泌され、次第にインスリンの分泌量が低下したり、インスリンの作用が低下したりなどに繋がり、血糖の処理がスムーズにできなくなり、慢性的に血糖値が下がらない状態となります。

慢性的に血糖値が下がらない状態を放置しておくと、糖尿病に繋がることもあります。

高GI食品の代表的な例は、主食(糖質)です。

白米・パン・パスタ・ラーメンなど、摂取すると急激に血糖値が上昇します。

空腹時は早くご飯が食べたくて、主食から食べてしまうこともありますよね。

急いで食事をするときは、丼ものやラーメンなどで済ませてしまうこともあります。

このような食生活が続くと、慢性的に血糖値が下がらない状態となり、痩せにくい体質になります。

痩せやすい体質を取り戻すためには、高GI食品は控えたほうがダイエット効果は高まります。

高GI食品の食べる順番も重要です。

先に低GI食品を食べてから高GI食品を食べるようにすると、血糖値の上昇が緩やかになるため、膵臓に負担がかかることもありません。

シボヘールは脂肪分解・脂肪燃焼効果がありますが、血糖値の上昇を緩やかにする効果はありません。

食べる順番に注意したり、食事制限(糖質制限)を取り入れることで、シボヘールのダイエット効果を高めることができますよ。

葛の花由来イソフラボンの効果と機能性表示食品の効能・効果について

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、葛の花抽出物で、昔から食材や漢方などに用いられてきました。

葛はマメ科の多年草で、秋の七草の1つとされており、万葉の時代から親しまれてきた身近な植物です。

最近では、葛の花から抽出されるイソフラボンにダイエット効果があることが報告され、さまざまな健康食品に配合されるようになりました。

葛の花由来イソフラボンのダイエット効果は、さまざまな実験データにより裏付けされ、シボヘールは機能性表示食品として認可されています。

 

シボヘールの主成分とダイエット効果・葛の花由来イソフラボンって何?

シボヘールの主成分は葛の花抽出物であり、その中でも葛の花由来イソフラボンは内臓脂肪の減少を助ける成分としてさまざまな実験データを得ています。

葛の花由来イソフラボンは、含有量が多ければダイエット効果が高いと言うことではなく、脂肪燃焼効率が高い含有量があります。

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボン35mgは、最も脂肪燃焼効率が高い配合量です。

葛の花由来イソフラボン配合のサプリや飲料の中でも、脂肪燃焼効率の高いシボヘールはおすすめのダイエットサポートサプリです。

葛の花由来イソフラボンで脂肪が燃焼する仕組み

葛の花抽出物には、ポリフェノールの1種であるイソフラボンが豊富に含まれています。

マメ科の植物にはイソフラボンが多量に含まれており、マメ科の葛の花も同じくたくさんのイソフラボンが含まれています。

ポリフェノールは約8,000種類あると言われ、主な働きは「抗酸化作用」です。

ポリフェノールは植物に多く含まれる成分で、植物自身が紫外線による酸化(老化)ダメージから身を守るために、葉にはとくに多くのポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは抗酸化物質の代表的な成分で、体内の酸化(老化)防止に効果的とされ、アンチエイジング効果が期待されています。

30代40代以降は、新陳代謝が低下し、新しい細胞が活発に生まれなくなってきます。

細胞の生まれ変わりのサイクルが、若いときに比べて遅く、健康な新しい細胞が生まれにくいのです。

細胞の生まれ変わりがなければ全身の機能は低下してしまいますが、ポリフェノールなどの抗酸化物質を摂ることで、細胞の老化(酸化)を防止することができるため、全身の機能が活性化します。

全身の機能が活性化すると、細胞が元気を取り戻し、ターンオーバーが整い新しい細胞が生まれる環境が整います。

新しい細胞が生まれる際には酸素やエネルギーが必要となり、新陳代謝が活発になります。

30代40代では基礎代謝が低下してきますが、細胞が活性化することにり新陳代謝が活発になり、太りにくく痩せやすい体質になります。

新陳代謝の活性化は、ダイエットをする上でとても重要です。

また、ポリフェノールの効果により細胞を活性化することができるため、ダイエットの鍵となる褐色脂肪細胞を活性化することができます。

褐色脂肪細胞は、体内の余分な脂肪を燃焼する働きがあるため、褐色脂肪細胞の活性化はダイエットに繋がります。

太りにくい人は褐色脂肪細胞の働きが活発で、中性脂肪や糖質を取り込む働きをする白色脂肪細胞の数が少ないと言われています。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、褐色脂肪細胞を活性化することで、脂肪燃焼効果が期待できます。

葛の花由来イソフラボンで中性脂肪が減少する仕組み

食べ過ぎや飲みすぎなどで体内に余分となった糖分は、肝臓に運ばれ中性脂肪へと合成され、体脂肪として全身に蓄積されます。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)には、中性脂肪の合成を抑制する働きが報告されています。

ポリフェノールの1種であるイソフラボンは抗酸化作用が強く、活性酸素を無害な物質に変換する作用があります。

体内に余分となった糖分は、血管内で活性酸素を発生させ体内を老化します。

そのため、抗酸化作用の強いイソフラボンを摂取すると、血管内で発生した活性酸素(糖分)を無害な物質に変換する作用が働くため、中性脂肪の合成を抑制することができます。

マメ科の葛の花にはポリフェノールが多量に含まれていることが分かっており、強い抗酸化作用が期待できます。

30代・40代になると、基礎代謝量が低下するため、20代の頃と変わらない食生活を続けていると、消費しきれない余分な糖質が出てきます。

余分な糖質は肝臓で中性脂肪に合成され体内に蓄積されてしまうため、中性脂肪になる前に脂肪の合成を抑制することが重要です。

シボヘールに含まれる多量のイソフラボンの抗酸化作用により、余分な糖質が発生する活性酸素を無害化することで、中性脂肪の合成を抑制することができ、ダイエット効果に繋がります。

葛の花由来イソフラボンで褐色脂肪細胞が活性化する仕組み

褐色脂肪細胞は体内の中性脂肪を燃焼する作用があり、痩せている人は褐色脂肪細胞の数が多いとされています。

褐色脂肪細胞は、脂肪細胞の1つで、年齢と共に数が減少します。

年齢と共に新陳代謝が低下すると、新しい細胞の生成が滞ります。

そのため、年齢と共に褐色脂肪細胞の数が減少したり、働きが弱くなります。

葛の花由来イソフラボンに含まれる多量のポリフェノールは、抗酸化作用により細胞の老化を抑制し、褐色脂肪細胞の働きを活性化します。

また、細胞の老化を抑制することで新陳代謝を高め、褐色脂肪細胞の数を増加させることが期待されます。

シボヘールを服用することで褐色脂肪細胞が活性化し、太りにくく痩せやすい体質に近づくことができます。

シボヘールのダイエット効果・機能性表示食品って何?

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)はダイエット効果についての多数のデータ報告があります。

シボヘールは機能性表示食品に認定されており、高いダイエット効果が期待できます。

機能性表示食品は消費者庁への届出が必要であり、さまざまな認定基準が設けられています。

機能性表示食品と、特定保健用食品との違いについて説明します。

機能性表示食品と特定保健用食品(トクホ)の違いについて

機能性表示食品と特定保健用食品(トクホ)の違いについて説明します。

特定保健用食品(トクホ)とはどのような食品か

特定保健用食品は、身体の生理学的機能や生物学的活動に関与する特定の保健機能を有する成分を摂取することにより、健康の維持増進に役立ち、特定の保健の用途に資することを目的とした食品である。(厚生労働省

特定保健用食品の表示が許可されると、健康増進に役立つ旨を記載することができます。

トクホの表示ができるため、消費者は製品を選ぶ際の基準となり、また健康増進効果が高い製品として認識されます。

機能性表示食品の場合は、健康増進に役立つ旨を記載することができないため、トクホの認可は消費者に対して信頼感を与えることになります。

特定保健用食品の許可の要件

(1) 食生活の改善が図られ、健康の維持増進に寄与することが期待できるものであること。
(2) 食品又は関与成分について、保健の用途の根拠が医学的、栄養学的に明らかにされていること。
(3) 食品又は関与成分についての適切な摂取量が医学的、栄養学的に設定できること。
(4) 食品又は関与成分が添付資料等からみて安全なものであること。
(5) 関与成分について、次の事項が明らかにされていること。ただし、合理的理由がある場合は、この限りでない。
ア 物理学的、化学的及び生物学的性状並びにその試験方法
イ 定性及び定量試験方法
(6) 同種の食品が一般に含有している栄養成分の組成を著しく損なったものでないこと。
(7) まれにしか食されないものでなく、日常的に食される食品であること。
(8) 食品又は関与成分が、昭和46年6月1日付け薬発第476号薬務局長通知「無承認無許可医薬品の指導取締りについて」の別紙「医薬品の範囲に関する基準」の別添2「専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)リスト」に含まれるものでないこと。(厚生労働省)

特定保健用食品の許可にはさまざまな要件があり、とくに保健の用途の根拠が医学的、栄養学的に明らかにされていることが重要です。

関与成分が医学的に有効であることが実験データで示される必要があるため、トクホの許可は難しいと言えます。

シボヘールで脂肪肝・内臓脂肪の改善効果はある?

シボヘールの効果として内臓脂肪や皮下脂肪の減少が報告されています。

内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上の症状がいちどに出ている状態をメタボリックシンドロームと言います。

メタボリックシンドロオームは代謝症候群とも呼ばれ、糖質や脂質の代謝異常を起こしている状態と言えます。

高血糖はインスリン分泌に異常がある際に起こります。

カロリーオーバーな食生活が続くと、インスリンは過剰分泌の状態が続くため、次第に分泌異常に繋がります。

カロリーオーバーになると、食事から摂取した糖質は脂肪細胞に取り込まれ、肝臓で中性脂肪に合成されます。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、血管内の糖質により発生する活性酸素を無害化する働きがあります。

そのため、血管内に余分な糖質がある状態(代謝異常)を避けることができ、太りにくく痩せやすい体質や、メタボリックシンドロームの予防に繋がります。

高血圧は、血管内に余分に蓄積した糖質や脂質により血管壁が細くなり、血管の抵抗が強くなっている状態です。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)の抗酸化作用により、血管壁に蓄積した糖質や脂質が発生する活性酸素を無害化することができます。

ポリフェノールの摂取により、高血圧などの生活習慣病の予防に役立ちます。

シボヘールには、肝臓の周りについた脂肪(内臓脂肪)や、ウエスト周りについた脂肪(皮下脂肪)の両方の脂肪を分解し燃焼する働きがあります。

シボヘールは体脂肪(中性脂肪)減少効果はある?

シボヘールは、お腹だけ痩せたいと言う方におすすめのダイエットサポートサプリです。

お腹に脂肪がついている状態は、内臓脂肪・皮下脂肪が蓄積している状態です。

中性脂肪は、全身に分布する白色脂肪細胞の中に取り込まれ、お腹周りにつきやすい傾向があります。

食事から摂取した余分な糖質は、運動や日常生活では代謝がしきれないため、肝臓内で中性脂肪に合成され体内に蓄積されます。

中性脂肪は、グリセロールと脂肪酸が結合した形となっており、燃焼するためにはグリセロールと脂肪酸の状態に分解しなければなりません。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、中性脂肪を分解する働きがあるため、内臓脂肪・皮下脂肪の両方を減少したい方に効果的です。

シボヘールは便通改善効果はある?

シボヘールに含まれるポリフェノールには血流改善効果があるため、胃腸への血流も改善されるため、便秘改善効果が期待できます。

お通じが出にくい人は快便になることで代謝が改善し、痩せやすく太りにくい体質に改善されます。

また、シボヘールに含まれる成分(セルロース・還元パラチノース)は、食物繊維としての働きがあるため、便秘が解消されると実感する方が多いです。

シボヘールは代謝アップ効果はある?

シボヘールは、脂肪分解・脂肪燃焼効果があるため、代謝が改善され発汗しやすくなります。

代謝が悪い人は汗をかきにくく、デトックス効果が得られません。

代謝が良い人は、食事から摂取した糖質や脂質をエネルギーに変えて消費することができるため、太りにくく痩せやすい体質と言えます。

シボヘールの服用と運動を併用することで、さらに代謝アップが期待できます。

運動をすることで、中性脂肪は分解&燃焼が促進され、消費しやすい状態となります。

でも、運動だけで中性脂肪を燃やすのは大変なので、シボヘールを服用脂肪分解&燃焼をサポートすると、ダイエット効果が得られます。

シボヘールは更年期障害の改善効果はある?

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)にはイソフラボンをはじめとするポリフェノールが多量に含まれています。

イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用を持つため、更年期障害の改善に効果が期待できます。

40代~50代以降の中高年の女性は、閉経することでホルモンバランスが乱れ、さまざまな自律神経症状があらわれます。

自律神経を司る部位と、ホルモン分泌を司る部位は同じ場所にあるため、ホルモンバランスの乱れは自律神経の乱れに繋がります。

更年期は、動悸・イライラ・気分不快・うつなどさまざまな症状が現れます。

シボヘールには血流改善効果があり、自律神経やホルモン分泌を司る、脳視床下部への血流を改善することから、自律神経症状の改善に繋がることが期待されます。

シボヘールは部分やせ効果はあるの?

シボヘールの部分やせ効果について説明します。

下半身太りや顔のむくみなどは、循環が悪いことや骨盤の歪みなどから起こることが多いです。

シボヘールは内臓脂肪や皮下脂肪の減少効果が期待されます。

内臓脂肪や皮下脂肪は、主に腹回りや太もも・お尻などに多く蓄積されています。

シボヘールの服用により、全身の内臓脂肪や皮下脂肪が燃焼されやすくなるため、全身をスッキリさせることができます。

 

シボヘールは下半身太りに効果的?

シボヘールの部分やせ効果について紹介します。

シボヘールは、ダイエットサポートサプリなので、全身の内臓脂肪・皮下脂肪の分解・燃焼に効果が期待されます。

下半身太りの人は、血行が悪く下半身に脂肪がつきやすいため、血流の改善(代謝の改善)がおすすめです。

脚やせ効果

下半身太りで脚の太さが気になる人は、血流が悪く下半身がむくむことで起こります。

下半身太りは女性に多く、太ももやお尻の皮下脂肪組織であるセルライトによって血行が悪くなることで起こります。

セルライトは、皮下脂肪組織が結合した状態のもので、表面を触るとボコボコと塊のようになっています。

セルライトはいちど形成されると細胞がどんどん大きくなるため、血管を圧迫して血流が悪くなります。

動脈血には酸素が豊富に含まれ、静脈血には老廃物や二酸化炭素が多く含まれます。

脚にはたくさんの動脈や静脈が流れており、血流が悪くなることで、老廃物が溜まりやすくなり、ますます浮腫んでしまいます。

また、血管の付近にはリンパが流れており、血流が悪くなることでリンパの流れを圧迫するため、ますます老廃物を外に排出することができずに浮腫みます。

シボヘールは脂肪分解・脂肪燃焼の効果がありますが、脚やお尻の脂肪は燃えにくいため、運動を併用して下半身の血流を改善することでダイエット効果を高めることができます。

セルライトはいちど出来るとなかなか消えないため、リンパマッサージやストレッチなどで下半身の血流を改善するのが効果的です。

シボヘールは顔痩せに効果的?

シボヘールは脂肪分解・脂肪改善効果がありますが、顔だけ痩せたい・小顔になりたい人は、シボヘールの服用だけでは難しいと言えます。

顔は筋肉が少ないため老廃物が貯まると、顔が浮腫みます。

マッサージや表情筋のトレーニングなどで顔の浮腫を解消することもできます。

顔に溜まった老廃物は、こめかみや鎖骨部分など、リンパに流すようにマッサージをすると効果的です。

シボヘールに含まれるポリフェノールは血流改善効果があるため、顔など部分的な浮腫の改善にも効果が期待できます。

 

タイトルとURLをコピーしました