シボヘール 体重減

【シボヘールの体重減】痩せる効果を検証

シボヘール公式サイトはこちら

【シボヘールの体重減】痩せた人と痩せない人の違い!シボヘールがおすすめできない人


シボヘールでダイエット効果があった人は軽い運動や、無理のない食事制限を併用しています。
シボヘールは飲むだけで痩せる魔法のサプリではありません。

シボヘールの効果には「脂肪の合成を抑制」「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」の3つがありますが、ただサプリメントを飲むだけでは、痩せやすい体質に近づくことはできますが、体重減少やウエスト径の減少には至りません。

30代40代以降の、痩せにくく太りやすい体質を改善するためには、シボヘールと併用して軽い運動と無理のない食事制限が有効です。

関連ページ:【シボヘールの口コミ】効果とダイエットの結果

シボヘールで体重減の効果があった人の特徴は運動を併用している

シボヘールでダイエットに成功した人の特徴は運動を併用していることです。

シボヘールには「脂肪分解効果」と「脂肪燃焼効果」がありますが、ただサプリメントを飲むだけでは、痩せやすい体質に近づきますが、体重減やウエスト減には至りません。

30代・40代は基礎代謝が落ち、痩せにくく太りやすい体質となっているため、ただサプリメントを飲むだけでは理想の体重や体型を手に入れることはできません。

シボヘールはダイエットサポートサプリであり、飲むだけで大幅な体重減少に繋がるわけではありません。

日常生活に無理なく取り入れられる、簡単な運動や食事制限を併用することで、体重減やウエスト減に繋がります。

シボヘール公式サイトはこちら

葛の花由来イソフラボンの効果と機能性表示食品の効能・効果について

 

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、葛の花抽出物で、昔から食材や漢方などに用いられてきました。

葛はマメ科の多年草で、秋の七草の1つとされており、万葉の時代から親しまれてきた身近な植物です。

最近では、葛の花から抽出されるイソフラボンにダイエット効果があることが報告され、さまざまな健康食品に配合されるようになりました。

葛の花由来イソフラボンのダイエット効果は、さまざまな実験データにより裏付けされ、シボヘールは機能性表示食品として認可されています。

 

シボヘールの主成分と体重減の葛の花由来イソフラボンって何?

シボヘールの主成分は葛の花抽出物であり、その中でも葛の花由来イソフラボンは内臓脂肪の減少を助ける成分としてさまざまな実験データを得ています。

葛の花由来イソフラボンは、含有量が多ければダイエット効果が高いと言うことではなく、脂肪燃焼効率が高い含有量があります。

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボン35mgは、最も脂肪燃焼効率が高い配合量です。

葛の花由来イソフラボン配合のサプリや飲料の中でも、脂肪燃焼効率の高いシボヘールはおすすめのダイエットサポートサプリです。

葛の花由来イソフラボンで脂肪が燃焼する仕組み

葛の花抽出物には、ポリフェノールの1種であるイソフラボンが豊富に含まれています。

マメ科の植物にはイソフラボンが多量に含まれており、マメ科の葛の花も同じくたくさんのイソフラボンが含まれています。

ポリフェノールは約8,000種類あると言われ、主な働きは「抗酸化作用」です。

ポリフェノールは植物に多く含まれる成分で、植物自身が紫外線による酸化(老化)ダメージから身を守るために、葉にはとくに多くのポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは抗酸化物質の代表的な成分で、体内の酸化(老化)防止に効果的とされ、アンチエイジング効果が期待されています。

30代40代以降は、新陳代謝が低下し、新しい細胞が活発に生まれなくなってきます。

細胞の生まれ変わりのサイクルが、若いときに比べて遅く、健康な新しい細胞が生まれにくいのです。

細胞の生まれ変わりがなければ全身の機能は低下してしまいますが、ポリフェノールなどの抗酸化物質を摂ることで、細胞の老化(酸化)を防止することができるため、全身の機能が活性化します。

全身の機能が活性化すると、細胞が元気を取り戻し、ターンオーバーが整い新しい細胞が生まれる環境が整います。

新しい細胞が生まれる際には酸素やエネルギーが必要となり、新陳代謝が活発になります。

30代40代では基礎代謝が低下してきますが、細胞が活性化することにり新陳代謝が活発になり、太りにくく痩せやすい体質になります。

新陳代謝の活性化は、ダイエットをする上でとても重要です。

また、ポリフェノールの効果により細胞を活性化することができるため、ダイエットの鍵となる褐色脂肪細胞を活性化することができます。

褐色脂肪細胞は、体内の余分な脂肪を燃焼する働きがあるため、褐色脂肪細胞の活性化はダイエットに繋がります。

太りにくい人は褐色脂肪細胞の働きが活発で、中性脂肪や糖質を取り込む働きをする白色脂肪細胞の数が少ないと言われています。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、褐色脂肪細胞を活性化することで、脂肪燃焼効果が期待できます。

葛の花由来イソフラボンで中性脂肪が減少する仕組み

食べ過ぎや飲みすぎなどで体内に余分となった糖分は、肝臓に運ばれ中性脂肪へと合成され、体脂肪として全身に蓄積されます。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)には、中性脂肪の合成を抑制する働きが報告されています。

ポリフェノールの1種であるイソフラボンは抗酸化作用が強く、活性酸素を無害な物質に変換する作用があります。

体内に余分となった糖分は、血管内で活性酸素を発生させ体内を老化します。

そのため、抗酸化作用の強いイソフラボンを摂取すると、血管内で発生した活性酸素(糖分)を無害な物質に変換する作用が働くため、中性脂肪の合成を抑制することができます。

マメ科の葛の花にはポリフェノールが多量に含まれていることが分かっており、強い抗酸化作用が期待できます。

30代・40代になると、基礎代謝量が低下するため、20代の頃と変わらない食生活を続けていると、消費しきれない余分な糖質が出てきます。

余分な糖質は肝臓で中性脂肪に合成され体内に蓄積されてしまうため、中性脂肪になる前に脂肪の合成を抑制することが重要です。

シボヘールに含まれる多量のイソフラボンの抗酸化作用により、余分な糖質が発生する活性酸素を無害化することで、中性脂肪の合成を抑制することができ、ダイエット効果に繋がります。

葛の花由来イソフラボンで褐色脂肪細胞が活性化する仕組み

褐色脂肪細胞は体内の中性脂肪を燃焼する作用があり、痩せている人は褐色脂肪細胞の数が多いとされています。

褐色脂肪細胞は、脂肪細胞の1つで、年齢と共に数が減少します。

年齢と共に新陳代謝が低下すると、新しい細胞の生成が滞ります。

そのため、年齢と共に褐色脂肪細胞の数が減少したり、働きが弱くなります。

葛の花由来イソフラボンに含まれる多量のポリフェノールは、抗酸化作用により細胞の老化を抑制し、褐色脂肪細胞の働きを活性化します。

また、細胞の老化を抑制することで新陳代謝を高め、褐色脂肪細胞の数を増加させることが期待されます。

シボヘールを服用することで褐色脂肪細胞が活性化し、太りにくく痩せやすい体質に近づくことができます。

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)に含まれる成分

シボヘールの主成分である葛の花抽出物に含まれるダイエット成分の効果や副作用の有無について紹介します。

葛の花抽出物には多量のポリフェノールが含まれており、高いダイエット効果を発揮します。

ポリフェノールの効果・効能・副作用や危険性の有無について紹介します。

葛の花抽出物には多量のポリフェノールが含まれる成分

シボヘールの主成分である葛の花抽出物には多量のポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは植物に多く含まれる抗酸化物質で、植物が紫外線などの外的な刺激から自身を守るために含まれています。

植物は紫外線を常に浴びているため、光による酸化によりダメージを受けやすいため、ポリフェノールを多く含み、酸化ダメージから身を守ります。

ポリフェノールは約5,000~8,000種類あると言われており、それぞれの成分で効果・効能が異なります。

ポリフェノールは全般的に強い抗酸化作用を持つことに変わりはなく、体内の老化を予防する成分です。

肥満症は体内の老化も大きな原因となるため、抗酸化物質を摂取することで代謝を改善することでダイエット効果を得ることができます。

葛の花抽出物にはポリフェノールの1種イソフラボンが多量に含まれる

シボヘールの主成分は葛の花抽出物に含まれるイソフラボンです。

葛の花由来イソフラボンは、強い抗酸化作用を持ちます。

肥満症は体内の老化も大きな原因となり、基礎代謝量の低下や、褐色脂肪細胞の減少などは老化によるものです。

年齢を重ねると基礎代謝量が低下するため、若い頃と同じ食生活を続けていると、体内で消化しきれない糖質が増えてしまい、中性脂肪に合成されてしまいます。

基礎代謝は全身の細胞が新しく生まれ変わる若い世代は高く、新しい細胞の生成が滞る中高年以降では基礎代謝量が低下します。

中性脂肪を燃焼する効果のある褐色脂肪細胞も細胞の1つなので、新しい細胞が生まれ変わる若い世代はたくさんの褐色脂肪細胞が生まれ変わり活性化しているため太りにくいのです。

年齢を重ねると褐色脂肪細胞の生まれ変わりがされず機能が低下するため、痩せにくく太りやすい体質となります。

褐色脂肪細胞の活性化には抗酸化物質が効果的です。

細胞の機能低下は活性酸素により、細胞に酸化ダメージが与えられることで起こります。

ポリフェノールの抗酸化作用により細胞への酸化ダメージが軽減できれば、褐色脂肪細胞の活性化に繋がります。

ダイエットをする上で抗酸化物質は欠かせませんね。

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)の主な体重減の効果について

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)にはさまざまな効果が期待されています。

とくにポリフェノールによる抗酸化作用・生活習慣病の予防効果が期待されます。

イソフラボンは強い抗酸化作用をもつ

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、強い抗酸化作用を持ち、ダイエット効果が期待されています。

30代40代以降になると体内は酸化(老化)し、糖の代謝がスムーズにできません。

食事から摂取した糖質は、運動や日中の活動の際にエネルギーに変換され利用されます。

糖質をエネルギーに変換する際には、ミネラルやビタミンによる代謝が必要となりますが、体内が酸化(老化)すると代謝が低下するため、食事から摂取した糖質をエネルギーに変換する能力が低下します。

血管内の糖質はエネルギーに変換されて消費されれば体脂肪が増えることはありませんが、余分な糖質は肝臓内で中性脂肪に合成され体内に蓄積されるため、糖質の代謝が低下すると太りやすい体質となります。

イソフラボンなどのポリフェノールは強い抗酸化作用を持ち、体内の酸化(老化)を予防する働きがあります。

体内の酸化(老化)により太りやすい体質となる30代40代では、抗酸化物質の摂取がダイエット効果に繋がります。

シボヘールには豊富なポリフェノールが含まれるため30代40代以降のダイエットをサポートすることが期待されています。

イソフラボンは生活習慣病の予防に効果的

生活習慣病は、高血圧・糖尿病・脂質異常症などがあります。

これらは、食事から摂取した糖質や脂質の代謝の異常により起こります。

代謝の異常は、体内が酸化(老化)することが原因となります。

30代40代以降は活性酸素により体内が酸化(老化)し、生活習慣病を発症しやすくなります。

食事から摂取した糖質や脂質は、スムーズに代謝ができれば代謝異常による生活習慣病にはなりません。

でも、年齢と共に代謝が低下し、食事から摂取した糖質や脂質は血管内で活性酸素を発生し、動脈硬化や高コレステロールなどの原因となります。

シボヘールに含まれるポリフェノールは、活性酸素を無害にする働きがあるため、血管ないで発生した活性酸素を無毒化し、生活習慣病を予防することができます。

30代40代以降のダイエットは、ポリフェノールの摂取が必要です。

ポリフェノールを豊富に含むシボヘールは、30代40代以降のダイエットにおすすめです。

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)の体重減について

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)はダイエット効果が期待されています。

中性脂肪の合成を抑制・脂肪分解を促進・脂肪燃焼を促進などの効果によりダイエットに繋がります。

中性脂肪の合成を抑制する

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、血管内の余分な糖質が中性脂肪に合成されるのを抑制する働きがあります。

30代40代以降になると代謝が低下し、血管内の糖質をスムーズにエネルギーに変換することができません。

そのため、血管内に余分となった糖質は肝臓で中性脂肪に合成されてしまい、体脂肪は増加していきます。

葛の花由来イソフラボンは、強い抗酸化作用により代謝を改善し、血管内の余分な糖質をエネルギーに変換するサポートを行います。

シボヘールは、新しい中性脂肪の合成を抑制する働きがあるため、太りにくい体質に近づくことができますよ。

脂肪分解を促進する

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、脂肪分解を促進する効果が期待されています。

肝臓内で中性脂肪に合成された脂肪は、白色脂肪細胞に取り込まれ全身に蓄積しています。

中性脂肪を減らしたい場合は、グリセロールと脂肪酸の形に分解しなければ燃焼させることができません。

でもいちど中性脂肪となると、なかなか分解ができません。

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、中性脂肪の分解を促進する働きがあるため、脂肪が燃焼しやすい状態を作ることができます。

脂肪燃焼をサポートする

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、脂肪燃焼をサポートする効果が期待されています。

中性脂肪はイソフラボンの働きにより分解が促進され、燃焼しやすい状態となります。

イソフラボンには脂肪燃焼を促進する働きもあるため、体内に蓄積された中性脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)を燃やしやすくなります。

シボヘールの服用をしながら運動を併用することで、さらに脂肪燃焼効率がアップし、よりダイエット効果を得ることができます。

シボヘールのダイエットでは、運動・食事制限を併用することが推奨されています。

無理のない範囲で運動やストレッチを行い、脂肪燃焼効率をアップさせたいですね。

シボヘール公式サイトはこちら

 

シボヘールの体重減脂肪肝・内臓脂肪の改善効果はある?

シボヘールの効果として内臓脂肪や皮下脂肪の減少が報告されています。

内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上の症状がいちどに出ている状態をメタボリックシンドロームと言います。

メタボリックシンドロオームは代謝症候群とも呼ばれ、糖質や脂質の代謝異常を起こしている状態と言えます。

高血糖はインスリン分泌に異常がある際に起こります。

カロリーオーバーな食生活が続くと、インスリンは過剰分泌の状態が続くため、次第に分泌異常に繋がります。

カロリーオーバーになると、食事から摂取した糖質は脂肪細胞に取り込まれ、肝臓で中性脂肪に合成されます。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、血管内の糖質により発生する活性酸素を無害化する働きがあります。

そのため、血管内に余分な糖質がある状態(代謝異常)を避けることができ、太りにくく痩せやすい体質や、メタボリックシンドロームの予防に繋がります。

高血圧は、血管内に余分に蓄積した糖質や脂質により血管壁が細くなり、血管の抵抗が強くなっている状態です。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)の抗酸化作用により、血管壁に蓄積した糖質や脂質が発生する活性酸素を無害化することができます。

ポリフェノールの摂取により、高血圧などの生活習慣病の予防に役立ちます。

シボヘールには、肝臓の周りについた脂肪(内臓脂肪)や、ウエスト周りについた脂肪(皮下脂肪)の両方の脂肪を分解し燃焼する働きがあります。

シボヘール公式サイトはこちら

シボヘールの体重減体脂肪(中性脂肪)減少効果はある?

シボヘールは、お腹だけ痩せたいと言う方におすすめのダイエットサポートサプリです。

お腹に脂肪がついている状態は、内臓脂肪・皮下脂肪が蓄積している状態です。

中性脂肪は、全身に分布する白色脂肪細胞の中に取り込まれ、お腹周りにつきやすい傾向があります。

食事から摂取した余分な糖質は、運動や日常生活では代謝がしきれないため、肝臓内で中性脂肪に合成され体内に蓄積されます。

中性脂肪は、グリセロールと脂肪酸が結合した形となっており、燃焼するためにはグリセロールと脂肪酸の状態に分解しなければなりません。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、中性脂肪を分解する働きがあるため、内臓脂肪・皮下脂肪の両方を減少したい方に効果的です。

シボヘール公式サイトはこちら

 

 

シボヘールの葛の花由来イソフラボンに期待できる3つの効果

シボヘールのダイエット効果は「脂肪がつきにくくなる」「脂肪を分解する」「脂肪を燃焼する」の3つです。

体重やBMIが高い人やお腹周りの脂肪が気になる人は、シボヘールの効果により「体重減」「ウエスト減」に繋がりやすくなります。
シボヘールは運動や食事制限と併用することで、さらにダイエット効果を実感することができます。

シボヘールと運動・食事制限を併用し、3ヶ月で体重・体脂肪が大幅に減った体験談を紹介します。

シボヘールのダイエット効果1・中性脂肪を減らす

シボヘールのダイエット効果に「中性脂肪の減少」があります。

10代・20代は基礎代謝が盛んなので、多少食べ過ぎてしまっても、余分なカロリーは代謝に使われるため太りにくいのです。

でも、30代・40代になると基礎代謝が低下し、食べ過ぎてしまい燃焼しきれなかった余計なエネルギーは体脂肪(中性脂肪)に変化します。

食べ過ぎて燃焼しきれなかった余計なエネルギーは肝臓で体脂肪(中性脂肪)に変換され、肝臓に蓄積されるためお腹周りに内臓脂肪が溜まってしまいメタボ体型になってしまいます。

30代・40代以降のダイエットは、体脂肪(中性脂肪)がつきにくいサポートをし、内臓脂肪・皮下脂肪を減らしましょう。

中性脂肪って何?

中性脂肪は、カロリーの高い食事を摂ったり、食べ過ぎて消費されなかったカロリー(糖質)を原料に肝臓で作られます。

中性脂肪は、体内でカロリーが不足したとき(飢餓状態)に、体を動かすためのエネルギー源として使われます。

普段は、血液中に含まれる糖分がエネルギー源となるため、中性脂肪がエネルギー源として利用されることはありません。

でも、運動をして血液中の糖分ではエネルギーが足りなくなったときや、空腹で血液中の糖分だけではエネルギーが賄えないときに、肝臓内の中性脂肪がエネルギー源として利用されます。

中性脂肪は、エネルギーの貯蔵庫であり、人間が生きていく上で重要な役割を果たします。

また中性脂肪は、体温調整の役割や骨や臓器などを外部の刺激から守るクッションの役割も持っています。

中性脂肪は、人間が生きていく上で重要ではありますが、増えすぎてしまうと肥満症や生活習慣病の原因となるため、30代・40代以降は中性脂肪の合成を抑制するサポートが必要です。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)には中性脂肪の合成を抑制する作用があるため、30代・40代以降のダイエットのサポートに繋がります。

シボヘールのダイエット効果2・脂肪分解を促進

シボヘールのダイエット効果には「脂肪分解の促進」があります。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)には脂肪分解を促進する働きがあり、中性脂肪を減少させる効果が報告されています。

中性脂肪は、食べ過ぎや飲みすぎにより体内で消費されなかったエネルギー(糖質)が肝臓内で合成されたものです。

いちど中性脂肪が合成されると、なかなか分解することができません。

中性脂肪(体脂肪)を分解するためには、いちど「脂肪酸」に分解する必要があります。

脂肪分解は体内がエネルギー不足に陥ったときに促進されるため、食事制限や運動を繰り返すことで効果が期待できます。

でも、30代・40代以降は代謝が低下しているため、食事制限や運動を行っても体内がエネルギー不足になることが少ないため、ダイエット効果が発揮しにくいのです。

シボヘールは、30代・40代以降の基礎代謝が低下し痩せにくくなった人に最適のダイエットサポートサプリです。

シボヘールを服用することで体脂肪の脂肪酸への分解をサポートし、食事制限や運動を併用することでさらにダイエット効果を高めることができます。

参考:気になる中性脂肪を減らすには!(東内科医院)

脂肪酸って何?

トリグリセリド(中性脂肪)は、1分子のグリセリンが脂肪酸3分子と結合してエステル化されたもので、不飽和脂肪酸が多いと融点が低く、液状になる。トリグリセリドは皮下脂肪の本体で、リポプロテインリパーゼによって絶えず脂肪組織に取り込まれたり分解されたりして熱源として利用されています。(コトバンク

中性脂肪は、グリセリンと3つの脂肪酸が結合したもので、中性脂肪をエネルギー源として利用する場合は、グリセリンと脂肪酸の状態まで分解しなければ利用することができない。

中性脂肪は、食事やアルコールなどエネルギー摂取が過剰で体内での代謝がされなかった糖質を原料に肝臓内で合成されます。

中性脂肪は肝臓内で合成され、白色脂肪細胞の中に存在します。

白色脂肪細胞は、中性脂肪や脂質・糖などを取り込み、エネルギー源として蓄えています。

体脂肪とは、白色脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪のことで、皮下脂肪や内臓脂肪の元となっています。

中性脂肪を分解するためには、白色脂肪細胞内に蓄えられた中性脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する必要があります。

中性脂肪は、そのままの形ではエネルギーとして利用することができないため、グリセリンと脂肪酸の形まで分解する必要があります。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、白色脂肪細胞内の中性脂肪を脂肪酸に分解する働きがあります。

肥満者の白色脂肪細胞はさらに増殖を続け、体内の中性脂肪や糖分・脂質などを取り込むため、太りやすく痩せにくい状態になっており、運動や食事制限だけでは痩せやすい体質にするのが難しいのです。

シボヘールは30代・40代以降の太りやすく痩せにくい状態の人に最適のダイエットサポートサプリです。

シボヘールのダイエット効果3・脂肪燃焼のサポート

シボヘールのダイエット効果には「脂肪燃焼のサポート」があります。

中性脂肪はグリセリンと脂肪酸に分解しなければ燃焼することができませんが、分解しただけでは燃焼することはできません。

脂肪は分解+燃焼しなければ、再び中性脂肪として肝臓で再合成されてしまいます。

ダイエットサポートサプリは、「脂肪分解」の効果だけではなく「脂肪燃焼」の効果がなければ、ダイエット効果を得ることは難しいのです。

30代・40代以降のダイエットの鍵となるのは「褐色脂肪細胞の活性化」です。

脂肪細胞は「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2つがあります。

白色脂肪細胞は、中性脂肪や糖質・脂質を取り込み、エネルギーを蓄える細胞であり、肥満者には白色脂肪細胞が多く、褐色脂肪細胞が少ないことが分かっています。

褐色脂肪細胞は、エネルギーを消費する細胞で、太りにくい体質の人は褐色脂肪細胞が多いとされています。

褐色脂肪細胞は、年齢と共に数が減少するため、30代・40代以降になると、白色脂肪細胞が増えるのに対して褐色脂肪細胞は減っていくため、太りやすく痩せにくい体質となります。

シボヘールの主成分(葛の花由来シソフラボン)には、褐色脂肪細胞を活性化し、脂肪燃焼をサポートする働きが報告されています。

30代・40代以降の太りやすく痩せにくい人には、シボヘールは最適なダイエットサポートサプリと言えます。

褐色脂肪細胞って何?

褐色脂肪細胞は、脂肪細胞の1つで体内に蓄積された余分なカロリーを熱に替え放出させる働きを持ちます。

褐色脂肪細胞の働きが最も活発なのは新生児期で、赤ちゃんは体温を維持するために褐色脂肪細胞をたくさん蓄えていますが、思春期をピークに減少し、成人になると新生児期の半分以下の数まで減少します。

また30代・40代以降は、さらに褐色脂肪細胞は減少していきます。

褐色脂肪細胞の分布場所は、首の周り・脇のした・肩甲骨の周り・心臓・腎臓の周りの5箇所です。

参考:脂肪細胞について(金沢市医師会)

日本人は、褐色脂肪細胞に関わる遺伝子に変異をもって生まれてくる確率が高く、日本人の約30%は遺伝子変異をもつと言われています。

褐色脂肪細胞に関わる遺伝子に変異がある人は、基礎代謝量が低く、太りやすく痩せにくい体質を生まれながらにして持っています。

日本人は、和食を中心とした健康的な食事をとっていたため肥満の割合は少ないとされていましたが、食生活の欧米化やファストフード・ジャンクフードなどの摂取により、年々肥満の割合は増えてきています。

日本人の30%は太りやすい遺伝子を持っているので、30代40代以降の基礎代謝が低下してくる年代は特に注意が必要です。

褐色脂肪細胞は、体温維持の働きがあるため、冷感刺激を与えることで活性化することができます。

冬でも外に出て歩いたり、暖房を高めに設定したり、普段から水泳をするのも効果的です。

また、規則正しい生活や運動は褐色脂肪細胞の活性化に効果的です。

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)には、褐色脂肪細胞を活性化する働きがあるため、30代40代以降のダイエットサポートサプリとして最適です。

タイトルとURLをコピーしました