シボヘール 飲み方

シボヘールの飲み方・正しい飲み方で脂肪燃焼&メタボ解消効果がアップする

シボヘールはネット通販で購入できる、ダイエットサポートサプリメントです。

「葛の花イソフラボン」が配合されていて、飲み続けていくことで、皮下脂肪・内臓脂肪を減らしやすくする効果が認められています。

ネットのブログやレビューには、「痩せた」「効果が出た」などの肯定的な評価から、「痩せない」「効果なし」といったマイナスの意見まで多数の情報があります。

サプリメントには、効果が現れるまでに個人差があります。

効果がいつから現れるかは人によって様々ですが、最低3ヶ月ほど飲み続けると効果が出てきます。

サプリメントなので、他の薬などとの飲み合わせには問題はなく、正しい飲み方といったものはりませんが、効果的な飲み方はあります。

いつ飲むのが効果的かというと、朝、昼、夜の食後や、運動前、寝る前が効果的と言えます。

食後は胃腸の活動が活発なので、食事と一緒にサプリメントの成分も吸収されやすく、サプリメントの成分を効果的に活用できます。

また、脂肪を減らしやすくするため、運動前に飲むことで脂肪の燃焼を助けてくれます。

シボヘールの飲み方/運動と併用する場合

ダイエットカフェの口コミ

ダイエットカフェは辛口の口コミサイトなので、辛辣な意見もたくさんありますが、とても参考になります。

ダイエットカフェでのシボヘールの口コミを見ると、大幅な体重減少を実感した人が少ないことが分かります。

体重変化がなかった人・1~3キロ減の人が最も多く、4キロ以上の減量に成功した人は少ないですね。

シボヘールでダイエットに成功する人の口コミには特徴があります。

シボヘールで4キロ以上のダイエットに成功した人は、運動を併用している方ばかりです。

 

シボヘール+運動で体重減に成功

参考:シボヘールの口コミ(ダイエットカフェ)

シボヘール+運動の併用で2ヶ月で10キロ以上の減量に成功した方は、負荷の強い運動ではなく軽いストレッチを行っていますね。

大幅に体重を落とそうと思うと激しい運動をしよう!と、運動の習慣のない人がマラソンや縄跳びなどをしてしまい、三日坊主で失敗する・・・このような経験ありませんか!?

シボヘール+運動の併用で体重減少をするためには、無理のない運動を習慣化させることが重要です。

シボヘールを毎日欠かさず飲むことで、「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」効果が得られるので、無理のない運動を継続して取り入れることで、痩せやすい体質に変わり、短期間でも体重減少を実感することができます。

ランニング

シボヘールで大幅減量した方の口コミを見ると、ランニングなどの激しい負荷の運動をしている方は少数です。

ウォーキングや筋トレなど、日常生活に無理なく取り組むことができる運動を習慣的に行った方は減量に成功している方が多いですね。

痩せにくく太りやすい体質の人は、運動不足で運動の習慣がない人が多いですね。

運動の習慣がない人が急に激しい運動を取り入れると、膝や足首に負荷がかかり怪我の原因となりますし、心臓にも負荷がかかりすぎて、最悪の場合は狭心症や心筋梗塞に繋がってしまいます。

30代・40代は痩せにくく太りやすい体質なので、日常的に無理のない運動を取り入れて、少しずつ痩せやすい体質を取り戻すことをおすすめします。

ダイエットに最適な運動は有酸素運動ですね。

マラソンは有酸素運動の1つですが、運動の習慣がない人がマラソンを始めると、負荷が強すぎます。

ダイエットに必要な負荷は、ファットバーンゾーンと呼ばれる心拍数の運動です。

ファットバーンゾーンの心拍数は年齢によって異なります。

運動の習慣のない人が急にマラソンを始めると、ファットバーンゾーンの心拍数を超えて負荷の強い心拍数になってしまうため危険です。

運動の習慣のない人は、軽いウォーキングや家の中でのエアロバイクや足踏み・ラジオ体操など簡単な運動から取り入れ、運動の習慣をつけることがから始めることをおすすめします。

筋トレ

筋トレとダイエットは密接な関係があります。

筋肉量が多い人は基礎代謝量が増え、普段の生活や就寝中であってもエネルギーを消費しやすい体質です。

また筋トレを行うと、筋肉に負荷がかかり筋肉や骨格がエネルギー不足となるため、筋肉に負荷をかけることでエネルギー消費がしやすくなります。

筋トレでダイエットではライザップが有名ですね。

ライザップでは、負荷の大きなトレーニングを週に2回行います。

トレーニングと休息日を作ることで、筋肉が大きく成長することを助けます。

体内では筋肉量が増えることで基礎代謝量が増え、痩せやすい体質に近づきます。

腹筋やダンベル運動・自重でのトレーニングなどを行うと、成長ホルモンが大量に分泌されることで、体脂肪が分解され脂肪を燃焼します。

筋トレのみではなく、筋トレと有酸素運動を組み合わせることで、さらに脂肪分解+脂肪燃焼効果を高めることができます。

筋トレで成長ホルモンを大量に分泌すると脂肪が分解され燃えやすい状態となっているため、そこに有酸素運動を加えることでさらに脂肪燃焼効率が高まります。

筋トレ+有酸素運動を組み合わせる場合は、先に筋トレを行ってから有酸素運動を行うとダイエット効果が高まりますよ。

シボヘールは運動前に習慣的に飲むと言う方もいますが、運動の直前にシボヘールを飲んでも脂肪燃焼効率が急激に高まることはありません。

飲み忘れを防ぐためにも、毎日同じ時間に服用することをおすすめします。

 

 

シボヘールの飲み方/食事制限

シボヘールで大幅減量に成功した人の口コミを見ると、食事制限を併用していることが多いですね。

特に糖質制限をされている方が多いです。

糖質は体脂肪(中性脂肪)の元となるため、ストレスのない範囲で制限したほうがダイエット効果を高めることができます。

ただ、中性脂肪は生活習慣病や肥満症の原因となるばかりではなく、体温の維持や内臓や骨を外部刺激から守るなど重要な役割もあるため、糖質を完全にカットする必要はありません。

3食すべての糖質(主食)を制限する必要はありません。

夕食の糖質(主食)を制限することが最もダイエット効果が高まります。

活動量が多い昼間(昼食)は主食を摂り、朝食と夕食は主食を制限すると効果的です。

シボヘール+食事制限のダイエットを成功させるコツは、無理のない範囲で続けることです。

シボヘールには「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」効果があるため、食事制限を併用して、より痩せやすい体質を整えることで、ダイエット成功に繋がります。

30代・40代は痩せにくく太りやすい体質となっている方が大半なので、シボヘールは最適なダイエットサポートサプリと言えます。

20代の基礎代謝と食事制限ダイエットのコツ

20代は30代・40代に比べると基礎代謝量が多く、痩せにくく太りやすいと実感する人の割合は30代・40代に比べて少ないですね。

20代後半になると、次第に基礎代謝量が低下し、痩せにくくなった、以前と食事量は変わらないのに体重が増えてきた・・・このように感じ始める人が増えてきます。

20代後半から痩せにくく太りやすい体質に変化したことを実感する人が増え始めるので、20代後半からは中年太りへの対策が必要になります。

20代の平均基礎代謝量

 

項目基礎代謝量基礎代謝基準値基準体重
男性1520kcal/日24.0(kcal/kg/日)63.5(kg)
女性1180(kcal/日)23.6(kcal/kg/日)50.0(kg)

参考:1日の基礎代謝量と1日の必要摂取カロリー(日本健康運動研究所)

基礎代謝量は安静時の代謝量です。

何も活動をしなくても、臓器を動かしたり呼吸や消化を行うために必要なエネルギーが基礎代謝量です。

20代は30代・40代以降に比べて基礎代謝量が高く、痩せにくく太りやすい体質を実感している人の割合は30代・40代に比べて少ない年代です。

でも、ダイエットの鍵となる褐色脂肪細胞は20代から減少し始め、徐々に痩せにくい体質になっていきます。

20代は基礎代謝量が30代・40代以降の年齢に比べて高いので、無理な食事制限やダイエットは健康的におすすめできません。

食事制限のポイントは、食事全体の量を減らすのではなく、主食の摂取量を減らすことで健康的にダイエットすることができます。

食事全体の量を減らしてしまうと、ダイエットに必要なビタミン・ミネラル・脂質・たんぱく質なども減ってしまうため、余計に痩せにくい体質になってしまいます。

20代の食事制限は、無理のない範囲で主食の量や回数を減らすことをおすすめします。

30代・40代の基礎代謝と食事制限ダイエットのコツ

30代・40代の基礎代謝と食事制限ダイエットのコツについて紹介します。

30代・40代になると、20代に比べて基礎代謝量が低下します。

基礎代謝量は、活動をしていなくても消費されるカロリーのことなので、基礎代謝量が高いほど痩せやすい体質と言えます。

年齢と共に基礎代謝量が低下するのは、脂肪の代謝を行う褐色脂肪細胞の数や働きが低下してくるからです。

褐色脂肪細胞は、体内の余分な脂肪をエネルギーに変えて燃焼する働きがあります。

褐色脂肪細胞の中にはミトコンドリアが多数存在し、エネルギーを作り出しています。

ミトコンドリアはほとんどすべての細胞の中に存在し、体内の新陳代謝に深く関わっています。

年齢と共に褐色脂肪細胞が減少するため、細胞内のミトコンドリアも減少し、エネルギー生産が行われなくなります。
褐色脂肪細胞は食生活や日常生活の改善により活性化が可能とされており、運動や規則正しい生活・栄養価の高い食事の摂取などに気をつけることで、代謝の良い体質を手に入れることができます。

30代40代の平均基礎代謝量

 

項目基礎代謝量基礎代謝基準値基準体重
男性1520kcal/日22.3 (kcal/kg/日)68.0 (kg)
女性1140(kcal/日)21.7 (kcal/kg/日)52.7 (kg)

20代に比べると、30代・40代では基礎代謝が次第に低下してきているのが分かります。

基礎代謝量は2(kcal/kg/日)の減ですが、1日の基礎代謝量はこの数字に体重をかけるので、かなりの差になります。
例えば50キロの体重の方なら、2(kcal/kg/日)X50kgなので1日の基礎代謝量は100kcalもの差になります。
1ヶ月にすると3,000kcalの差になります。

3,000kcalは、女性の2日分弱の摂取カロリーと同程度であり、何も対策をしなければ日に日に基礎代謝は低下し、痩せにくく太りやすい体質になっていきます。

30代40代は、糖質制限ダイエットを積極的に行うと効果的です。

1日3食のうち1食のみ主食を食べますが、白米やパン・パスタなどは血糖値が急激に上がり太りやすくなるため、玄米や全粒粉のパンやパスタに変更すると効果的です。

ダイエットのコツは、無理なく継続できることなので、3食すべてを糖質制限にする必要はありません。

玄米や全粒粉のパンやパスタは、ネットでもたくさんの種類があるので、無理のない範囲で取り入れてみると良いですね。

代謝の低下が著しくなってくる30代40代は、糖質制限ダイエットに加えてシボヘールの併用がおすすめです。

シボヘールで脂肪分解・脂肪燃焼をしても、基礎代謝量が低下しているため痩せにくいのです。

基礎代謝量の低下を補うためにも、糖質制限ダイエットを併用することでダイエット効果を高めることができますよ。

50代・60代の基礎代謝と食事制限ダイエットのコツ

50代・60代になると、さらに基礎代謝は低下してきます。

30代・40代の基礎代謝が低下し痩せにくくなったときに対策をしなかった人は、50代・60代ではさらに痩せにくい体質になっています。

30代・40代のうちに対策を取ることが、健康的なスタイル維持には重要です。

50代60代の平均基礎代謝量

 

項目基礎代謝量基礎代謝基準値基準体重
男性1380kcal/日21.5 (kcal/kg/日)64.0 (kg)
女性1100(kcal/日)20.7 (kcal/kg/日)53.2 (kg)

30代40代に比べると、50代・60代では特に女性の基礎代謝量の低下が大きいです。

1日の基礎代謝基準値が1.0kcal/kg/日低下しているため、これに体重をかけるとかなりの差になります。

体重が50キロの女性なら、1.0(kcal/kg/日)X50で1日50kcalの基礎代謝量が低下します。

1ヶ月に換算すると1500kcalの低下なので、かなりの差ですね。

女性の場合は、50代60代の基準体重は増加しているため、30代40代以降に体重増加する方が多いことが分かります。

50代・60代もやはり糖質制限が有効です。

この年代は、女性は閉経を迎え骨粗鬆症の危険性が高くなるため、無理な食事制限は健康を害するためおすすめしません。

主食である糖質を制限し、無理のない範囲でダイエットをするのが重要です。

シボヘールは、BMI値が高い方や、体重が多い方は特にダイエット効果を実感しやすいため、日々のダイエットサポートに取り組むことをおすすめします。

 

 

⇒初回限定980円でシボヘールを試してみる

シボヘール公式サイトへ

 

 

シボヘールの飲み方・注意したい薬との飲み合わせ・併用に注意が必要なサプリや薬

シボヘールは「葛の花イソフラボン」配合のダイエットサポートサプリメントです。

「葛の花イソフラボン」は葛の花から抽出した成分で、脂肪の燃焼を助けて、痩せやすい体を作ることが出来ます。

そのため、シボヘールは「機能性表示食品」として販売されています。飲むタイミング、用法・用量を正しく守って適切に飲むことで、ダイエットに効果があります。

ネットでは「効果なし」「太る」などの評価も見受けられますが、効果には個人差があったり、効果が出るまでに時間がかかるため、継続して飲み続けることが大切です。

薬局やマツモトキヨシ・ウエルシアなどのドラッグストアでは販売していないため、ネットで購入する必要があります。

ネットでの購入も、amazonや楽天などの通販サイトを活用するよりも、公式サイトで購入したほうが、購入割引などが適用される場合があり、安く購入することが出来ます。

シボヘールは薬ではなくサプリメントなので、強い副作用が出ることはなく、ほかのサプリメントや医薬品との併用は基本的に問題はなく、注意したい薬もありません。

ラクトフェリンなど腸内の善玉菌を増やしてくれる成分が入っているサプリメントと一緒に摂取しても両方の効果を有効に活用できます。

ただし、アルコールはほかの栄養素や成分の吸収を阻害することがあるため、飲み合わせには注意が必要な場合もあります。

お酒を飲むときは、飲む前にシボヘールを摂取したほうが、成分を吸収しやすくなります。

飲み合わせに関して、不安がある場合は、かかりつけの医師に相談してシボヘールと薬を一緒に飲んでも大丈夫か相談するといいでしょう。

 

⇒初回限定980円でシボヘールを試してみる

シボヘール公式サイトへ

 

 

シボヘールの飲み方・ダイエット効果がでる期間・3ヶ月の継続を推奨する理由

シボヘールは「葛の花イソフラボン」が配合された、ダイエットサポートサプリメントです。

個人のブログなどでは、シボヘールを1週間や2週間程度~2か月程度使用した人の感想に「効果なし」などのサプリメントの効果を実感できない方の感想がある場合がありますが、シボヘールは医薬品でなくサプリメントなので、効果が表れるまでには個人差や、時間がかかります。

実際に効果が出る期間や、実感できる効果が表れるまでには、公式サイトでも推奨しているように3か月・4か月程度、継続して飲み続ける必要があります。

1か月程度では、効果が現れていても実感を得られないことが多いです。

早い人では2か月目に効果が表れる人もいますが、サプリメントの効果を確実に得るためには、3か月から半年程度飲み続けることをおすすめします。

公式サイトではらくらく定期便コースという、毎月発送してくれるコースがあります。

らくらく定期便にすると、初回購入時はシボヘールを980円で購入することが出来ます。

2回目以降も、12.7%offの2,808円で購入することが出来るので、3か月飲み続けようと考えている方で、購入を考えている場合は、らくらく定期便が一番コストを抑えることが出来ます。

 

⇒初回限定980円でシボヘールを試してみる

シボヘール公式サイトへ

 

 

 

シボヘールの飲み方・下痢や便秘などの副作用・ダイエット効果なしの口コミの理由

「葛の花イソフラボン」配合のダイエットサポートサプリメント、シボヘールには副作用になるような成分は配合されていません。

配合されている「葛の花イソフラボン」も科学的調査によって、脂肪を減らしやすくする効果が認められているため、シボヘールには「機能性表示食品」の表記もされています。

「葛の花イソフラボン」以外の原材料も、還元パラチノース・セルロース・二酸化ケイ素など人体に害のないものばかりです。

ただし、サプリメントにも個人差や体質によっての相性はあるため、ネットでの体験談・感想などには「便秘になった」「下痢になった」「肌荒れがひどい」「お腹が張る」などのマイナスの意見も多数あります。

「太った」「リバウンドした」などの意見もありますが、公式サイトではシボヘールを3か月間継続して飲み続けるよう勧めています。

サプリメントなので急に効果が表れないため、効果がないと感じても3か月間は続けて飲むことが大切です。

 

⇒初回限定980円でシボヘールを試してみる

シボヘール公式サイトへ

 

 

シボヘールの飲み方・飲み忘れた時はどうする?ダイエット効果を高める正しい飲み方

シボヘールは「葛の花イソフラボン」が配合されていて、脂肪を減らしやすい体づくりをサポートするサプリメントです。

サプリメントなので、ほかの薬やサプリメントとの飲み合わせは問題がなく、副作用も心配ありません。

正しい飲み方は決まっておらず、飲むタイミングも、服用している人の好きなタイミングで大丈夫です。

ただ、よりダイエットに効果的な飲み方というものはあります。

シボヘールをいつ飲むのが効果的なのでしょう?それは、飲む時間を朝・昼・晩の食後や運動後、寝る前など毎日飲む時間を決めて欠かさず飲むことです。

飲む時間を決めることで、シボヘールを飲む習慣がついて、飲み忘れ防止にもなります。

サプリメントは医薬品のように急に効果が出るわけではなく、継続して飲み続けることで少しづつ効果が表れます。

飲み忘れてしまうと、その分効果が表れるのも遅くなってしまうので、週間にすることは大切です。

公式サイトでも、3か月間の継続した服用を推奨しています。

また、食後に摂取することで、胃腸の活動も活発になっているため、サプリメントの成分も食事の栄養と一緒に体内に吸収されやすくなります。

また、1回に大量に飲んでも、体内に吸収される成分には限界があるため、回数を分けて飲むことも大事です。

シボヘールの1日の推奨量は4粒なので、1日4回に分けて少しずつ飲むことが効率のいい飲み方だといえます。

 

⇒初回限定980円でシボヘールを試してみる

シボヘール公式サイトへ

 

関連ページ:【シボヘールの悪い口コミ】効果なしと使ってみた結果

タイトルとURLをコピーしました