シボヘール 飲み方

[シボヘールの飲み方/効果的]3つのポイント

シボヘールは「葛の花イソフラボン」が配合された、ダイエットサポートサプリメントです。

「葛の花抽出イソフラボン」には、摂取し続けることで、脂肪を減らしやすくする効果があることが研究で分かっています。

シボヘールは、脂肪を落とすために、ダイエットを始めようと考えている方や、ダイエット中の方におすすめです。

シボヘールは、サプリメントなので、医薬品のように正しい飲み方はないため、飲む時間は決まっていません。

自分の好きなタイミングで飲んでも大丈夫です。

 

シボヘール公式サイトはこちら

 

シボヘールの効果的な飲み方・下痢や便秘などの副作用・ダイエット効果なしの口コミの理由

「葛の花イソフラボン」配合のダイエットサポートサプリメント、シボヘールには副作用になるような成分は配合されていません。

配合されている「葛の花イソフラボン」も科学的調査によって、脂肪を減らしやすくする効果が認められているため、シボヘールには「機能性表示食品」の表記もされています。

「葛の花イソフラボン」以外の原材料も、還元パラチノース・セルロース・二酸化ケイ素など人体に害のないものばかりです。

ただし、サプリメントにも個人差や体質によっての相性はあるため、ネットでの体験談・感想などには「便秘になった」「下痢になった」「肌荒れがひどい」「お腹が張る」などのマイナスの意見も多数あります。

「太った」「リバウンドした」などの意見もありますが、公式サイトではシボヘールを3か月間継続して飲み続けるよう勧めています。

サプリメントなので急に効果が表れないため、効果がないと感じても3か月間は続けて飲むことが大切です。

シボヘールの効果的な飲み方・ダイエット効果がでる期間・3ヶ月の継続を推奨する理由

シボヘールは「葛の花イソフラボン」が配合された、ダイエットサポートサプリメントです。

個人のブログなどでは、シボヘールを1週間や2週間程度~2か月程度使用した人の感想に「効果なし」などのサプリメントの効果を実感できない方の感想がある場合がありますが、シボヘールは医薬品でなくサプリメントなので、効果が表れるまでには個人差や、時間がかかります。

実際に効果が出る期間や、実感できる効果が表れるまでには、公式サイトでも推奨しているように3か月・4か月程度、継続して飲み続ける必要があります。

1か月程度では、効果が現れていても実感を得られないことが多いです。

早い人では2か月目に効果が表れる人もいますが、サプリメントの効果を確実に得るためには、3か月から半年程度飲み続けることをおすすめします。

公式サイトではらくらく定期便コースという、毎月発送してくれるコースがあります。

らくらく定期便にすると、初回購入時はシボヘールを980円で購入することが出来ます。

2回目以降も、12.7%offの2,808円で購入することが出来るので、3か月飲み続けようと考えている方で、購入を考えている場合は、らくらく定期便が一番コストを抑えることが出来ます。

3か月間の継続をする理由

ダイエットサプリは飲んですぐに効果があると思っている人もいるようですが、実際は、そのような即効性はありません。

あくまでサプリメントは、体質改善なので、1日4粒で3か月という時間をかけてもらいます。

ただし、ダイエットサプリは、個人差が大きく、上の図のようにたった12週間ほどで、ある程度の効果が出た人もいます。

期待してしまいますが、とりあえず3か月続けてみてください。

また、シボヘール4粒はタイミングをずらすことなく、まとめて飲んでも問題ありません。

面倒ではないという事が一番継続するために必要なことですから。

シボヘールの効果的な飲み方と適度な運動と食生活も注意する理由

脂肪燃焼するためには適度な運動が必要です。

残念ながらシボヘールだけを飲んで脂肪燃焼することはほとんどありません。

また、どんな運動でも良いわけではなく、激しい運動よりウォーキングなどのいわゆる有酸素運動がぴったりです。

運動後より運動前に飲むの方がより効果的です。

運動前にシボヘールに含まれている葛の花由来イソフラボンが脂肪を分解してくれるとより脂肪が燃えやすいです。

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)は、体重やおなかの脂肪を減らすのを助ける機能があることが報告されています。
推定されるメカニズムとして、肝臓内で糖や脂が中性脂肪に合成されるのを抑制、白色脂肪細胞内での中性脂肪を分解、さらに褐色脂肪細胞内での脂肪の燃焼を促進すると考えられます。

引用元:富士フィルム

シボヘールの効果を高めるコツ・運動を併用する

シボヘールのダイエット効果を高めるコツは運動を併用することです。

公式サイトでも「適度な運動と、バランス良い食事にプラスして、お腹の脂肪対策を!」と書かれており、サプリメントの服用のみでダイエット効果を得ることはできません。

運動も食事制限も続かないからダイエットサプリを飲もう!と言う方には、シボヘールは向いていません。

30代40代以降のダイエットでは適度な運動は必要不可欠です。

これはシボヘールに限らず、どのダイエットサプリやダイエット飲料でも同じく、運動を併用しなければ理想通りのダイエット効果は得られません。

30代40代以降は基礎代謝量が低下するため、適度な運動をして脂肪燃焼・脂肪分解を促進しなければ、余計な脂肪をなくすことはできません。

30代40代以降のダイエットで重要なのは、継続できる程度の方法を取り入れることです。

辛い運動や難しい運動では継続することが難しいですよね。。。

ウォーキングやエアロバイクなど、簡単で無理なく続けられる方法を見つけて、痩せやすく太りにくい体質を取り戻したいですね。

脂肪を燃やす有酸素運動はどのくらいの時間続けると良いか

ダイエット効果を高める有酸素運動の方法は、持続時間よりも運動強度にあります。

食品から摂った糖質は、すぐにエネルギーに変換することができるため、強度が高くすぐにエネルギー供給が必要となる運動をした時には、食品から摂った糖質が消費されます。

体内に蓄積された脂肪を燃焼するためには、長時間継続できるような強度の低い運動が必要です。

体内に蓄積された脂肪は、いちどグリセロールと脂肪酸に分解されてから、エネルギーとして利用されます。

脂肪が分解されまでには20分程度の有酸素運動をする必要があると言われていますが、20分継続しておこなわなければ脂肪分解がされないと言うことではありません。

20分の有酸素運動を何度かに分けて取り入れても同程度の効果が得られます。

5分の有酸素運動を4回行い、計20分の有酸素運動を行っても、体内の脂肪は燃焼できます。

20分の有酸素運動を行う時間がない人や、体力的に20分の有酸素運動の継続が難しい人は、5分の有酸素運動を数回繰り返す方法をおすすめします。

脂肪燃焼には有酸素運動が効果的と言われています。

有酸素運動は、長時間継続可能な軽度または中度の負荷の運動を言います。

有酸素運動の代表的なものは、ウォーキング・ランニング・ジョギング・サイクリング・エアロビ・水泳・エアロビクスなどがあります。

有酸素運動は好気的代謝によってヘモグロビンを得るため、全身の期間に酸素を送り届けることができるため長時間の継続が可能です。

筋トレやウェイトトレーニングのような無酸素運動は、嫌気的代謝によって酸素の供給が不足するため、長時間の継続はできません。

有酸素運動は健康維持やダイエットなどの目的で行われ、無酸素運動は筋力アップなどの目的で行われます。

シボヘールは、脂肪分解+脂肪燃焼をサポートする効果があるため、運動により脂肪分解+脂肪燃焼をすることにより、ダイエット効果を高めることができます。

痩せやすく太りにくい体質に改善されるだけでなく、体重や体脂肪を減らしたい方は、シボヘールの服用に加えて運動を取り入れることをおすすめします。

脂肪を燃やす有酸素運動はどの時間帯に行うと良いか

ダイエット効果の高い有酸素運動の方法や効果的な時間帯・タイミングについて紹介します。

有酸素運動を行う効果的なタイミングは、食事前・朝食前などと言われることが多いです。

有酸素運動は、運動の強度にもよりますが、食事から摂取した糖質をエネルギーに変換する、または体内に蓄積された脂肪をエネルギーに変換します。

食事前の空腹時は、食事から摂取した糖質が少ない状態となるので、体内に蓄積された脂肪が分解されてエネルギー源として利用されやすくなります。

とくに朝食前は、夕食からの時間が長く空くため、より体内に蓄積された脂肪を燃やすのみ効果的と言われています。
でも、あまりに空腹が強いときに運動をすることで健康に悪影響を及ぼすことがあります。

空腹時は血糖値が低下しているため、長時間の有酸素運動を行うことで、めまい・気分不快などの繋がる可能性があります。

強い空腹時は低血糖状態となっており、不整脈を誘発することがあるので、心臓に負荷のかかる有酸素運動を長時間行なうのは危険です。

朝食前の空腹時に有酸素運動を行う場合は、消化の良い食事(バナナなどの果物)やウィダーインゼリーのようなものを食べることで、ダイエット効果の高い有酸素運動を行うことができます。

また食後30分以内の有酸素運動は、脇腹が痛くなったり、心臓に負荷をかけることになるため避けるようにしましょう。
ダイエットは継続することが鍵なので、毎日同じ時間に運動を行うことで、日常生活に運動習慣を組み込むことができ、無理なく運動を続けることができます。

シボヘールでダイエットに成功した方は、起床後に果物やウィダーインゼリーなどを摂取して、ウォーキングや早歩きなどの運動を取り入れている方が多いです。

朝の運動は気分も爽快になりますし、血行が良くなるため頭が冴えて仕事や家事がスムーズにすすみますよ。

脂肪を燃やす有酸素運動はどのくらいの頻度で行うと良いか

ダイエット効果を高める運動の1つに有酸素運動がありますが、頻度が高ければダイエット効果が高いと言うことではありません。

有酸素運動は、無理なく長時間継続できる運動ですが、筋肉や骨には負担がかかるものです。

とくに運動を始めたばかりの頃は、少しの運動で疲れてしまい、なかなか疲れが取れないと言うことがあると思います。

これは、オーバーワークの状態で、筋肉や骨に負担がかかり疲労回復ができていないために起こります。

オーバーワークが続き全身に疲労が溜まってしまうと、血流が低下したり、自律神経の乱れに繋がります。

有酸素運動は3日行って1日休むくらいのペースで続けると効果的です。

有酸素運動を行わない日は、簡単なストレッチやラジオ体操などを行うと、全身の血流が改善され自律神経の乱れを改善します。

ダイエットの鍵は継続することなので、日常生活に無理のない範囲で有酸素運動を取り込むのがポイントです。

生活習慣に合わせて、起床後すぐに運動をする・昼休憩の間に運動をする・夕方の仕事終わりに運動をする・夜の帰宅後に運動をするなど、1人1人の生活に合わせて運動を組み込むことをおすすめします。

シボヘールは有酸素運動を併用することでダイエット効果を高めることができます。

有酸素運動をお休みする日も、シボヘールは忘れずに服用しましょう。

脂肪を燃やす有酸素運動はどのくらいの負荷で行うのが良いか

脂肪を燃やす有酸素運動は、運動の強度によって脂肪燃焼の効率が変わります。

30代40代以降のダイエットでは、体内に蓄積された体脂肪(中性脂肪)を燃やす必要があります。

体脂肪(中性脂肪)は、長時間無理なく続けられる強度の有酸素運動を行うことで燃焼されます。

中性脂肪は、グリセロールと脂肪酸に分解されなければ燃焼することができません。

そのため、中性脂肪が燃焼しやすい強度の有酸素運動を行うことでダイエット効果を高めることができます。

長時間の継続が難しい強度の高い運動を行うと、食事から摂取した糖質から順番に消費されます。

食事から摂取した糖質の消費が終わると、脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が分解され、エネルギー源として消費されます。

本格的な運動療法を取り入れる場合は、心拍数のチェックなどを行いながら運動の強度を調整する必要があります。

でも、普段の運動なら、自分が長時間無理なく継続できる程度の強度に調整すれば良いです。

誰かと会話しながらでも続けることができる、息はあがるが会話が可能なレベルの強度が目安です。

強度の高い運動は、心臓への負担にも繋がりますし、運動の習慣がない人にはストレスになってしまうので、無理なう継続できる程度の運動を行います。

シボヘールは脂肪分解+脂肪燃焼をサポートするダイエットサプリです。

シボヘールは、運動や食事制限と併用することで、ダイエット効果を実感することができます。

脂肪を燃やす有酸素運動・筋トレ

筋トレはダイエットに効果的な運動の1つです。

筋トレは有酸素運動ではなく、無酸素運動です。

ウェイトトレーニングや筋トレは、短時間で最大限の力を発揮する運動なので、有酸素運動とは反対の代謝が行われます。

筋肉量を増加させることは基礎代謝量のアップに繋がるため、ダイエットに効果的ですが、筋トレのみを行うよりも有酸素運動を組み合わせたほうがダイエット効果が高まります。

筋トレを行うと成長ホルモンの分泌が促進されます。

筋トレを行った後は成長ホルモンの分泌が続くため、有酸素運動を加えることで効率よく脂肪燃焼をすることができます。

筋トレと有酸素運動を組み合わせるときは、筋トレを先に行ってから有酸素運動を行いましょう。

逆に筋肉をつけたいときは、有酸素運動を行ってから筋トレを行うと効果的です。

シボヘールは脂肪分解+脂肪燃焼の効果があるため、筋トレで筋肉量をアップし、代謝の改善に繋げたいですね。

脂肪を燃やす有酸素運動・ジョギング

ジョギングは有酸素運動の1つですが、運動の習慣がない人が急にジョギングを取り入れると、様々な不調を起こしやすく、また運動のストレスから続けられなくなる可能性が高いです。

ダイエットを始めると、早く痩せたくて最初のうちは負荷の大きな運動を一生懸命にやる方が多いですよね。

でも、運動の習慣がない人にとって、有酸素運動はストレスになる可能性が高いです。

また、足腰を痛める原因となったり、心臓への負荷が強くなったりするので、運動の習慣ができて体力がついてからジョギングを取り入れることをおすすめします。

シボヘールでダイエット効果のあった人は、運動経験のある方はジョギングを取り入れて大幅減量をされている方もいます。

運動経験や体力などから、無理のない運動を取り入れましょう。

脂肪を燃やす有酸素運動・ウォーキング

ウォーキングは運動の習慣がない人でも気軽に始められる有酸素運動の1つです。

いつもよりやや早歩きにするだけで、全身の筋肉を使うため、カロリー消費が高まります。

ウォーキングをするときは、しっかりと手を振って、歩幅を広くすると消費カロリーが高まります。

慣れてきたら、ウォーキングからジョギングやランニングにステップアップするのも良いですね。

ウォーキングは、腰や膝が悪い人では負荷が強いので、体調に合わせて水泳やエアロバイクなどの有酸素運動もおすすめです。

シボヘールでダイエットを成功させた人の多くは、ウォーキングや水泳・エアロバイクなどを定期的に取り入れている方が多いです。

体力や運動経験などから、無理のない運動を取り入れましょう。

シボヘールで効果的であった人の特徴・食事制限を併用

シボヘールと糖質制限を組み合わせることで、体重減に繋がります。

本当に痩せる!との口コミには、食事制限をしている方が多いのが特徴です。

糖質制限とは、パンや白米などの主食や、ジャンクフードや洋菓子などを制限することです。

体脂肪(中性脂肪)は、体内に取り込まれエネルギー消費ができなかった糖質を元に、肝臓で合成されます。

そのため、体脂肪の元となる糖質(ブドウ糖)を制限することで、さらにダイエット効果を高めることができます。

シボヘールで効果的でない人の特徴・運動を併用しない

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴は、運動嫌いな人・運動の時間がない人・運動方法が間違っている人などが多いです。

ダイエットを成功させる鍵は継続することですが、間違った方法を継続するよりも、正しい方法で継続したほうがダイエット効果はアップします。

無酸素運動は短時間で大きな力を発揮する強度の高い運動のことであり、ダイエット効果を高めるための運動としては不向きで、筋力アップをしたい人におすすめの運動です。

無酸素運動には、ウェイトリフティング・筋トレなどがあります。

ダイエット効果が低い運動方法として、頻度が少ない・時間が短いなどがあります。

ダイエットは継続が肝心なので、無理なく続けられる運動が良いのですが、週1回の運動よりも週2回・3回のほうがダイエット効果は高まります。

できれば、日々の生活の中に無理のない範囲で運動を取り入れるのが一番理想的です。

また、時間が短すぎるのもダイエット効果には繋がりません。

有酸素運動は、20分以上の継続が必要とされていますが、20分を継続するのが難しい場合は、10分を2回や、5分を4回など分けて運動をしても同程度の効果が得られるとされています。

20分程度の運動なら、家の中で足踏みをしたり、通勤時に歩く距離を伸ばしたり、無理なく継続できる時間ではないでしょうか。

シボヘールには「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」の効果がありますが、30代40代以降では基礎代謝量が低下しているため、サプリメントの服用だけでは体重減には繋がりません。

シボヘールの服用ではダイエット効果が得られなかった人は、サプリメントを飲むだけで痩せると勘違いされていることが多いのですが、シボヘールはダイエットサポートサプリであり、日常的な運動を併用したほうがダイエット効果が高まります。

50代60代に入るとさらに基礎代謝量は低下し、痩せにくく太りやすい体質になります。

30代40代のうちから対策をすることで、50代・60代に入ってもキレイなスタイルを維持できますし、生活習慣病の予防にも効果的ですよ。

シボヘールで効果的でない人の特徴・食事制限ができない

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴は食事制限ができないことです。

糖質制限・間食制限・カロリーの高い食事の制限は、ダイエット効果を高めるために最低限行いたいことです。

パン・ご飯・麺類などの炭水化物は、血糖値が急激にあがりやすい食品のため、太りやすい体質を作ってしまいます

お菓子や砂糖がたくさん入った食べ物も高GI値の食品で、接種後に急激に血糖値が上昇するため、太りやすく痩せにくい体質を作ります。

シボヘールは「脂肪分解を促進」「脂肪燃焼のサポート」効果がありますが、サプリメントを飲むだけで痩せると言うことはありません。

太りにくく痩せやすい体質に近づくことはできますが、30代40代では基礎代謝量が低下しているため、摂取カロリーを制限しなければ、体重減をするのは難しいのです。

消費カロリー>摂取カロリーになることでダイエット効果を得ることができるため、基礎代謝が低下する30代以降は、摂取カロリーを制限するため、糖質制限ダイエットを日常的に行うことをおすすめします。

シボヘールで効果的でない人の特徴・サプリを飲むだけで痩せると思っている

シボヘールは「脂肪分解の促進」「脂肪燃焼のサポート」効果がありますが、サプリメントを飲んでいるだけで大幅減量をすることはありません。

30代40代以降はなぜ痩せにくく太りやすくなるのかが理解できると、シボヘールを飲んだだけでは体重減に繋がるのは難しいことが分かると思います。

10代や20代は基礎代謝量が高いため、多少は摂取カロリーが多くても余計な糖分を代謝することができました。

そのため、余分な糖分が中性脂肪の元になることもありませんでした。

でも30代40代以降は基礎代謝量が徐々に低下するため、10代20代の頃の摂取カロリーのまま食べ続けていると、体重は増える一方です。

基礎代謝量が低下すると言うことは、消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らすかしないと、体重の維持すら難しいと言うことです。

消費カロリーを増やすためには運動が理想的ですし、摂取カロリーを減らすには食事制限が理想的です。

シボヘールは痩せやすい体質に近づけるようにサポートをしてくれますが、服用するだけで簡単に痩せると言うことはありません。

シボヘールでダイエット効果を得たいと言うかたは、簡単な運動と無理のない食事制限を併用することをおすすめします。

シボヘールで効果的でない人の特徴・何事も続かない、飽きっぽい

シボヘールでダイエット効果がない人の特徴は、何事も続かない・飽きっぽい・サプリを飲むこと自体を忘れてしまうなどです。

シボヘールに限らずすべてのダイエットサプリに言えることですが、自分に甘い人は、なかなか思うようなダイエット効果を得ることはできません。

まったく生活習慣や食生活を変えずに、キレイに痩せるのは難しいと言うことですね。。。

シボヘールでダイエット効果を発揮するためには、体質を改善する必要があります。

30代40代は基礎代謝量が低下するため、何も対策をしないと太りやすく痩せにくい体質となり、50代60代はさらにその体質が加速します。

シボヘールを継続して飲むことで、内臓脂肪や皮下脂肪が貯まりにくい体質になりますが、蓄積された脂肪を落とすためには、食事制限や運動の併用が効果的です。

シボヘールは1ヶ月や2ヶ月の短期間ではダイエット効果を発揮することができません。

服用を継続することで、脂肪の分解&燃焼がスムーズにできる体質となるため、最低でも3ヶ月は続けましょう。

ダイエット効果アップのために、運動と食事制限の併用をすることをおすすめします。

シボヘールのコツは運動と食事制限の併用

シボヘールでダイエットを成功させるポイントは運動と食事制限の併用です。

シボヘールは「脂肪分解」「脂肪燃焼」の効果がありますが、飲むだけで大幅に減量することはできません。

30代40代以降のダイエットでは、基礎代謝量の低下を補うために、運動と食事制限の併用が効果的です。

シボヘールと運動・食事制限を併用することで、基礎代謝量の低下を補い、痩せやすくて太りにくい若い頃の体質に近づけることができますよ。

シボヘールで体の内側から若々しく、キレイなスタイルをキープしたいですね。

シボヘールを高めるコツ・食事制限を併用する

シボヘールでダイエット効果を高めるコツは、食事制限を併用することです。

シボヘールはダイエットサポートサプリであり、飲むだけで大幅減量をするサプリメントではありません。

30代40代では基礎代謝量が低下するため、20代のころのように食べたいだけ食べていると、体重は増える一方です。
基礎代謝量が低下するため、シボヘールの服用で脂肪分解・脂肪燃焼が促進されても、それだえでは体重減少までは不十分です。

シボヘールの服用により、痩せやすく太りにくい体質を取り戻すことはできますが、体重減少となると食事制限の併用が不可欠です。

ダイエット成功の秘訣は継続することなので、無理のない範囲で食事制限を行いダイエット効果を高めたいですね。

低GI値の食品とは

GI値とは「Glycemic Index(グリセミック・インデックス)」の略で、食後の血糖値の上昇を表す指数です。

低GI値の食品は、摂取後の血糖値の上昇が緩やかな食品です。

食事をすると食物から摂取した糖分は、ブドウ糖として血管内に取り込まれます。

血管内のブドウ糖が増えると、すい臓からインスリンが分泌され、血管内の血糖値を下げるように働きます。

インスリンの過剰な分泌は肥満や生活習慣病の原因となるため、血糖値の上昇が急激となる高GI値の食品はダイエットに不向きと言えます。

血糖値の上昇は食物から摂取した糖分により左右されるため、カロリーが高い食品が必ずしもGI値の高いのではありません。

カロリーは高くても低GI値の食品もあります。

GI値は数値で表され、GI値55以下の食品を低GI食品と言い、GI値70以上の食品を高GI食品と呼びます。

低GI食品には、乳製品(ヨーグルト・チーズなど)・果物(バナナ・りんごなど)・そば・大豆製品・野菜類(じゃがいも・とうもろこし・さつまいもを除く)・海藻などがあります。

食事をするときは、最初に主食を食べてしまうと急激に血糖値が上昇してしまい太りやすい体質となるため、最初に野菜サラダや納豆などの発酵食品、お味噌汁などを食べ、主食を最後に摂るようにすると、食べ過ぎや急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。

シボヘールでダイエットを成功させるコツは、無理な食事制限をしないことです。

無理な食事制限はストレスとなり、余計に過食の原因となることがあります。

シボヘールを継続的に飲みながら、食事の順番に気を付け、1日に1食は主食を控えるようにするとダイエット効果が高まります。

高GI値の食品とは

高GI値の食品は、低GI値の食品とは反対に、摂取すると急激に血糖値を上昇させます。

血糖値が上昇するとすい臓からインスリンが分泌されますが、急激に血糖値が上昇するとインスリンは過剰に分泌され、次第にインスリンの分泌量が低下したり、インスリンの作用が低下したりなどに繋がり、血糖の処理がスムーズにできなくなり、慢性的に血糖値が下がらない状態となります。

慢性的に血糖値が下がらない状態を放置しておくと、糖尿病に繋がることもあります。

高GI食品の代表的な例は、主食(糖質)です。

白米・パン・パスタ・ラーメンなど、摂取すると急激に血糖値が上昇します。

空腹時は早くご飯が食べたくて、主食から食べてしまうこともありますよね。

急いで食事をするときは、丼ものやラーメンなどで済ませてしまうこともあります。

このような食生活が続くと、慢性的に血糖値が下がらない状態となり、痩せにくい体質になります。

痩せやすい体質を取り戻すためには、高GI食品は控えたほうがダイエット効果は高まります。

高GI食品の食べる順番も重要です。

先に低GI食品を食べてから高GI食品を食べるようにすると、血糖値の上昇が緩やかになるため、膵臓に負担がかかることもありません。

シボヘールは脂肪分解・脂肪燃焼効果がありますが、血糖値の上昇を緩やかにする効果はありません。

食べる順番に注意したり、食事制限(糖質制限)を取り入れることで、シボヘールのダイエット効果を高めることができますよ。

 

シボヘール公式サイトはこちら

 

[シボヘールの飲み方/効果的]本当は飲むタイミングがある

サプリメントは、日本では、食品の扱いです。

医薬品と違って、タイミングについて表記することができません。

本来であれば、食前や運動後に飲むと効果的ではあるのですが、薬機法上書くことができないことをご理解ください。

いつ飲んでも大丈夫ですが、シボヘールの効果をより高めるためには、飲むタイミングを工夫することも大切です。

では、シボヘールをいつ飲むのが効果的かと言うと、運動をする前や、食事の前です。

「葛の花イソフラボン」には、脂肪を燃焼しやすくする働きもあるので、運動の前に飲むことで、効率よく脂肪を燃焼させることができます。

また、脂肪の吸収を穏やかにしてくれる効果もあるので、食事の前に摂取することで、脂肪の吸収を抑えることが出来るのです。

シボヘールに飲むタイミングに決まりがない理由

シボヘールは、サプリメントなので、医薬品のように正しい飲み方はないため、飲む時間は決まっていません。

自分の好きなタイミングで飲んでも大丈夫です。

ただし、忘れないようにするという意味では、起床後や食後などが飲むタイミングとしては良いと思います。

3か月間わすれないようにするには、シボヘールを飲むことを習慣にしていまうと良いと思います。

シボヘールは運動前のタイミングで飲むと効果的

シボヘールはダイエットサポートサプリメントなので、皮下脂肪や内臓脂肪といった、体脂肪を減らしやすくする効果があります。

これは、シボヘールに配合されている機能性関与成分である「葛の花イソフラボン」の脂肪燃焼効果によるものです。

「葛の花イソフラボン」は、摂取し続けることで、体脂肪を減少させることが研究により分かっています。

人間の身体には2種類の脂肪細胞が存在しています。

ひとつは、「褐色脂肪細胞」で、もうひとつは「白色脂肪細胞」です。

「白色脂肪細胞」は体脂肪を体内に蓄える働きがあります。反対に「褐色脂肪細胞」には脂肪を分解してエネルギーに変換して、燃焼させる働きがあります。

「葛の花由来イソフラボン」には、この「褐色脂肪細胞」の働きをサポートする効果もあるため、脂肪を燃焼しやすくなるのです。

脂肪はウォーキングなどの有酸素運動や、筋トレなどでも燃焼させることができるので、シボヘールの摂取と並行して、運動も行うことで「褐色脂肪細胞」の活動もさらに活性化させることが出来るのでおすすめです。

シボヘールは食事の30分前に飲むと効果的

ダイエットを始めようとしていたり、ダイエット中の方おすすめの機能性表示食品です。

シボヘールは機能性関与成分として、「葛の花イソフラボン」が配合されています。

「葛の花イソフラボン」には脂肪を減らしやすくする効果があることが、研究により確認されています。

そのため、シボヘールを活用することで、より効率よくダイエットを行うことが出来ます。

シボヘールはサプリメントなので、いつ飲んでも問題はありませんが、「葛の花イソフラボン」の効果を効率よく得るためには、食前の30分前に飲むことをおすすめします。

食事の30分前に飲むことで「葛の花イソフラボン」の脂肪の吸収を穏やかにする効果が働き、食事で摂取した脂肪の吸収を抑えることが可能です。これにより、無理な食事制限をしないでダイエットを進めることができたり、食前に飲む習慣をつけることで飲み忘れ防止にもなる、といったメリットもあるのです。

シボヘールは朝と夜のどっちが効果的な飲み方か?

シボヘールは配合されている「葛の花由来イソフラボン」の脂肪を減らしやすくする効果により、ダイエットに適したサプリメントです。

シボヘールを飲みながら、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れたり、無理のない範囲で食事制限を行うと、さらに効果を高めることが可能です。

年齢を重ねると、新陳代謝が少なくなるため、脂肪燃焼の量も減ってきます。

そのため、ウォーキングなどの負担のかかりにくい運動をしながらシボヘールを併用することで、お腹の脂肪対策をすることが出来るのです。

シボヘールはサプリメントなので、医薬品のようにきちんと飲む量や、時間を守る必要はないので、好きなタイミング、好きな量を飲んでも大丈夫です。

ただし、サプリメントは一度に大量に摂取してもすぐに劇的な効果が現れるわけではありません。毎日、目安となる量を欠かさずに飲み続けていくことで、少しずつ効果が現れてきます。

効果がでる期間は、人によって個人差はありますが、大体、2か月~3か月程度で効果が表れてくるようなので、公式サイトでも推奨しているように、まずは3か月間飲み続けて、変化が現れるかを試してみることがおすすめです。

公式サイトでは継続を推奨しているので、らくらく定期便という料金が割引されるコースもあるので、3か月続けて購入してもコストも抑えることが可能です。

シボヘールを飲んで1週間~2週間

シボヘールは「葛の花由来イソフラボン」が配合された、ダイエットサポートサプリメントです。サプリメントは、医薬品のように即効性はないため、効果が表れるのには時間がかかったり、個人差があります。

利用者の口コミやブログなどには、1~2週間で「効果がなかった」といったコメントもあります。

公式サイトでは、効果が表れるまで最低3か月は飲み続けてほしい、と記載してあるため、やはり、効果が表れるには1~2週間では少なく、長い期間続けて1~3か月はかかるようです。

また、シボヘールをただ飲むだけでなく、ダイエットの一環として、有酸素運動や、筋トレ、食事制限なども並行することで、痩せやすい体を作り、シボヘールの効果も表れやすくなります。

シボヘールを飲んで1ヶ月

シボヘールはサプリメントなので、すぐに効果が現れません。

毎日継続して飲むことで、少しずつ身体に変化が現れます。

シボヘールの口コミやブログでの報告などいろいろありますが、「効果あり」「効かなかった」など使用者によって感想も様々です。

効果があった人の感想に絞ってみると、ただシボヘールを飲むだけではなく、シボヘールを飲みながら、ジョギングなどの有酸素運動や筋トレを行ったり、食事制限でカロリーを抑えることで、体重や体脂肪を減らせているようです。

運動や食事制限は無理しておこなう必要はありませんが、本当にダイエットで体重や体脂肪を減らしたい人は、シボヘールと平行して行うことで相乗効果が生まれ、シボヘールの効果も現れやすくなると言えます。

シボヘールを飲んで2ヶ月

腹痛などのお薬ではありませんので、ただ飲んだだけでは何の効果もありません。説明書のなかにも適度な運動と合わせることで効果がでるようなことが書かれていましたので、私は軽めのジョギングを50分程度、週に3日だけ行いました。そして、2ヶ月目に脂肪計測器で数値を見て驚きました。5kg弱の脂肪がなくなっていました。少しは減ったかなと思ってましたが、まさか5kg(4.6kg)弱までの数値になっていたとは。シボヘールだけでは無理で、運動と一緒にやったことがよかったと思います。

引用元:ダイエットカフェ

シボヘールは配合されている「葛の花イソフラボン」の効果により、脂肪の吸収を抑えたり、脂肪を燃焼しやすくする効果があります。

シボヘールを飲むだけでも効果はありますが、効果が出るまでには時間がかかる場合があります。

シボヘールはサプリメントなので、すぐに効果が表れるわけではありません。効果には個人差があったり、少しづつ目に見える効果が表れます。

個人の利用者の方の、口コミやブログを見ると、続けていると大体2か月目くらいに効果が表れるようです。

また、シボヘールを飲むだけでなく、筋トレやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れることで、さらに効果を高めることができているようです。

脂肪の燃焼には、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が効果的で、シボヘールを併用することで、脂肪の燃焼をさらに促すことができるのです。

ダイエットには食事制限もありますが、無理に食事を制限してしまうと、食べたいものが食べられず、ストレスが溜まってしまったり、栄養バランスが崩れて体調を崩してしまう可能性もあります。

運動なら無理なく続けることができ、ダイエットだけでなく、体力をつけたり、健康的な体作りにもつながるため、シボヘールの服用と相性がいいのです。

シボヘールを飲んで3ヶ月

一年半で7キロ太り、人生最大の体重になったので飲み始めました。朝飲み、ウォーキングと同時進行で、一日も休まず、毎日朝夕合わせて、一時間歩きました。同時に腹八分をこころがけ、糖質も制限し最初の3ヶ月で、7キロ痩せました。シボヘールだけの効果ではないと思いますが、まあまあ、効くのではと思います。

引用元:ダイエットカフェ

シボヘールは服用することで、脂肪を減らしやすくするダイエットサポートサプリメントです。

サプリメントは人によって体質や体調などにより、効き目に個人差があります。

シボヘールを利用した人のブログや口コミの感想では、早い人で1ヶ月程度、遅い人でも3ヶ月程度服用を続けたことで、体重や体脂肪に変化があらわれています。

平均的に、2ヶ月ほどで効果が出たと言う感想が多く、ただシボヘールを服用するだけでなく、有酸素運動や筋トレなどを行ったり、食事制限を平行して行った方は効果が現れやすいようです。

シボヘールを使用していても、暴飲暴食や過度な飲酒ばかりでは体重や体脂肪は減りにくいので、シボヘールの効果を出して、ダイエットを成功させるためには、適度な運動やバランスのいい食生活を心がけることも大切です。

シボヘールを飲んで4ヶ月

いろんなサプリで少しずつ減量して、最後にこちらを飲み、極めてハードに食事制限や運動をし、シボヘールを飲みながら一気に落としました。約4ヶ月の使用で6キロ落とすことに成功です。このサプリだけではまずムリです。このサプリで、と言うより、意識付けのために飲むのがいいのかなと思います。このサプリでシメとなりましたが、いろんなサプリで体重を落とし、このシメのサプリで開始時は75キロあった体重が今は60キロジャストです。

引用元:ダイエットカフェ

シボヘールはサプリメントなので、効果が表れるには時間がかかります。

個人の方の口コミやブログを見ると、有酸素運動をしたり、筋トレをしたり、カロリーを抑えるために食事制限をしながら、シボヘールを服用していて、大体2か月目くらい服用すると効果が表れてくるようです。
サプリメントの成分は、毎日忘れないように飲み続けると、徐々に効果が表れてくるので、3か月程度は継続して飲んだほうがいいでしょう。

4か月飲んだ方の感想でも、サプリを飲み続けながら、運動や食事制限を行うことで6キロの体重の減少に成功しているので、なかなか効果が表れなくても、根気強く続けることも大切です。

数か月にわたってサプリメントを購入すると、その分コストもかかりますが、公式サイトでの購入なら、定期便コースもあり、割引もされるため、コストを抑えることが出来ます。

シボヘールを飲んで半年

6ヶ月で12キロ痩せたのですが、かなりの量の運動をしていたのでこのサプリは関係ないかと思い、定期購入をやめました。すると、全く体重が減らなくなり、増えることもちょくちょく出てきたので、もしかしたら、このサプリは効いていたのかもしれない、と思い、再度、定期購入申し込みました。また、数ヶ月様子を見たいと思います。

引用元:ダイエットカフェ

「シボヘールを半年間飲んでいて効果があり、痩せたので定期購入をやめた」「半年間飲み続けたが効果なしだった」とシボヘール利用者の方の口コミや簿ログを観覧すると、肯定的・否定的、両方の意見があります。

サプリメントには個人差があるので、半年でも効果が表れない方もいるかもしれません。

シボヘールに配合されている「葛の花イソフラボン」には脂肪を減らしやすくする、燃焼させやすくする効果が研究で確認されています。

シボヘールをただ飲んでも効果があるかもしれませんが、「痩せた」「効果あり」というコメントのブログを書いている方は、シボヘールを飲みながら、並行して有酸素運動や筋トレ、食事制限などを行っていて、2か月目くらいに効果が表れている方が多いため、シボヘールを飲みながら、バランスのいい食事や、適度な運動をすることも大切です。

 

シボヘール公式サイトはこちら

[シボヘールの飲み方/効果的]飲み合わせすると効果が弱まってしまうもの

シボヘールには、脂肪を燃焼させやすくなる成分「葛の花由来イソフラボン」が配合されているため、飲み続けることで体脂肪を減らし、ダイエットに効果があります。

サプリメントは飲み方など決まっていないため、好きに飲むことが出来ます。

ただ、飲み続けるだけでも効果が表れますが、運動や食事制限でカロリーを抑えることで、より早く効果的に効果が表れます。

反対に、飲み合わせを気をつけないと、シボヘールの働きを鈍くするものもあります。

お酒などのアルコールや、糖分の多い炭酸飲料や、ジュースなどの清涼飲料水は過剰な摂取でシボヘールの効果を弱めてしまう可能性があるため注意が必要です。

そもそも、ゼロカロリー以外の炭酸飲料や清涼飲料水は砂糖が大量に含まれているため、ダイエット中は控えた方がいいでしょう。

関連ページ:【シボヘールの口コミ】効果とダイエットの結果

シボヘールの効果的な飲み方・注意したい薬との飲み合わせ・併用に注意が必要なサプリや薬

シボヘールは「葛の花イソフラボン」配合のダイエットサポートサプリメントです。

「葛の花イソフラボン」は葛の花から抽出した成分で、脂肪の燃焼を助けて、痩せやすい体を作ることが出来ます。

そのため、シボヘールは「機能性表示食品」として販売されています。飲むタイミング、用法・用量を正しく守って適切に飲むことで、ダイエットに効果があります。

ネットでは「効果なし」「太る」などの評価も見受けられますが、効果には個人差があったり、効果が出るまでに時間がかかるため、継続して飲み続けることが大切です。

薬局やマツモトキヨシ・ウエルシアなどのドラッグストアでは販売していないため、ネットで購入する必要があります。

ネットでの購入も、amazonや楽天などの通販サイトを活用するよりも、公式サイトで購入したほうが、購入割引などが適用される場合があり、安く購入することが出来ます。

シボヘールは薬ではなくサプリメントなので、強い副作用が出ることはなく、ほかのサプリメントや医薬品との併用は基本的に問題はなく、注意したい薬もありません。

ラクトフェリンなど腸内の善玉菌を増やしてくれる成分が入っているサプリメントと一緒に摂取しても両方の効果を有効に活用できます。

ただし、アルコールはほかの栄養素や成分の吸収を阻害することがあるため、飲み合わせには注意が必要な場合もあります。

お酒を飲むときは、飲む前にシボヘールを摂取したほうが、成分を吸収しやすくなります。

飲み合わせに関して、不安がある場合は、かかりつけの医師に相談してシボヘールと薬を一緒に飲んでも大丈夫か相談するといいでしょう。

シボヘールを白湯(さゆ)で飲むとサプリメントが体内で溶けやすい

「葛の花由来イソフラボン」が配合されたシボヘールは、脂肪を減らしやすくする効果があるため、ダイエットサポートに役立ちます。

利用者の方の体験談でも、「効果があった」「痩せることができた」といった、喜びの声があがっています。

シボヘールはサプリメントなので、医薬品のように副作用はありませんが、白湯で飲むことで、サプリメントの成分が胃で溶けやすくなり、胃への負担を軽減することができます。

また、白湯で溶けやすくすることで、成分の吸収もしやすくなるため、より効率よくシボヘールの効果を得ることが可能です。

シボヘールには刺激の強い成分は入っていませんが、毎日飲み続けるものなので、なるべく体内に負担をかけないようなちょっとした工夫をすることも大切です。

シボヘールと薬を飲み合わせるとどうなる?

シボヘールはサプリメントなので、他のサプリメントや薬と併用しても、基本的には問題ありません。

配合されている成分も、ダイエット成分である「葛の花由来イソフラボン」が主な成分で、それ以外の成分もサプリメントを形成するための最低限にとどめているので、サプリや風邪薬などの医薬品の成分に影響しにくいのです。

なので、シボヘールを飲みながら薬局などで売っている市販の薬を一緒に飲んでも問題はありません。

飲む場合は、薬とは飲むタイミングを分けるのも一つの方法です。

また、病院などで処方される薬でも問題はありません。飲み合わせが悪くて、危険だったり、死ぬということはありません。

ただ、飲み合わせの悪いくするもあるかもしれないので、内服薬を飲んでいる人は、かかりつけの医師に相談するといいでしょう。

もし、飲み合わせが悪くて体調を崩したり、悪影響が出てしまった場合は、シボヘールは公式サイトからいつでも停止や解約が可能です。

シボヘール公式サイトはこちら

 

 

[シボヘールの飲み方/効果的]他のサプリを併用

シボヘールは「葛の花由来イソフラボン」配合のダイエットサポートサプリメントです。

「葛の花イソフラボン」には、体脂肪を燃焼しやすくする効果があるため、ダイエットをしながら飲むことで、脂肪を減らしやすくでき、効率よくダイエットを行えます。

シボヘールはサプリメント(健康食品)なので、医薬品や他のサプリメントと一緒に摂取しても、副作用などが出ることはありません。

他のサプリメントと一緒に併用することも可能ではあります。

ただ、他のダイエットサプリメントと併用しても、相乗効果で劇的に効果が変わるわけではなく、効果がすぐに現れたりもしません。

むしろ、摂取しても吸収しきれない成分は、体外に排出されてしまうため無駄になってしまいます。

シボヘールと他のサプリメントの併用は、一定の効果はあるかもしれませんが、二つ以上のサプリメントの併用は商品の値段次第では、コストパフォーマンスの面でもかなりの金額になってしまうため、金額面ではおすすめできません。

ただ、ダイエットに効果のある成分は様々なので「葛の花由来イソフラボン」とは違った成分を併用することで、ダイエット効果を高めることはできるかもしれません。

シボヘールと大人のカロリミットを併用して飲む

ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミン、ペンタメトキシフラボン

ファンケルが販売している機能性表示食品の「大人のカロリミット」には、ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミン、ペンタメトキシフラボンなどのダイエット成分が含まれていて、脂肪の吸収を抑える、糖の吸収を抑える、血中中性脂肪値を抑える、血糖値上昇を抑える効果があります。

シボヘールも機能性表示食品で、脂肪の吸収を穏やかにしたり、脂肪を燃焼させやすくする効果があるため、「大人のカロリミット」と合わせて飲むことで、さらに脂肪を減らせることに期待が出来ます。

併用は問題ありませんが、飲むタイミングは一緒ではなく、別々の時間に飲んだ方が、サプリメントの成分を無駄なく吸収できるので、ダイエットを効率よく行うことが出来ます。

シボヘールとメタバリアを併用して飲む

難消化性デキストリン、サラシア濃縮エキス、赤ワインポリフェノール、クロム含有酵母/結晶セルロース、緑茶抽出物、炭酸カルシウム、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、光沢剤、酵素処理ルチン

FUJIFILMが発売している機能性表示食品「メタバリア」は配合されている「サラシア由来サラシノール」が糖質カットをしてくれるので、血糖値上昇抑えてくれたり、腸内でビフィズス菌が増えることで、腸内環境改善をすることができます。

脂肪を増やさないために、血糖値の上昇を抑えることは大切なポイントです。

「メタバリア」の利用で、血糖値の上昇をおさえながら、 シボヘールを併用して、脂肪燃焼させることで、効率よく脂肪を減らすことができるので、ダイエット効果的だと言えます。

サプリメントの併用は、2つのサプリメントの金額がかかるため、経済的な負担が大きくなってしまいますが、「メタバリア」には、14日分を500円でお試しできるトライアルパックがあるので、シボヘールと一緒に試しやすいです。

シボヘールとラクビ(LAKUBI)を併用して飲む

サラシアエキス、麦芽糖、酒粕発酵物、澱粉、デキストリン、ビフィズス菌末、酪酸菌、イソマルトオリゴ糖、ゼラチン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、リン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素

悠々館が発売しているサプリメント「ラクビ(LAKUBI) 」は腸内フローラを改善して、善玉菌を増やしてくれる効果があります。

また、乳酸菌と同じように、体内でよい働きをしてくれる酪酸菌や、悪玉菌の発生を抑えてくれるサラシアエキスが配合されています。

酪酸菌は胃を通過する際に、胃酸で死滅しないため生きて腸内に届きます。

「LAKUBI 」を服用することで、配合されている酪酸菌が小腸・大腸などの腸内で短鎖脂肪酸を作り、やせ菌とも呼ばれている善玉菌を増やしてくれます。

同時に、でぶ菌とも呼ばれる悪玉菌の数もサラシアエキスの効果で抑制してくれるため、腸内フローラが整い、便通がよくなるのです。

便通が良くなると、体内の老廃物を排出しやすくなるなるため、体内環境を整えることができます。

シボヘールは脂肪を燃焼しやすくしてくれるダイエットサポートサプリメントなので、「ラクビ(LAKUBI )」のもつ効果とは別なので、併用しても効果が重複しないため、両方のサプリメントを活用してダイエットすることも可能です。

シボヘールとフォースコリーを併用して飲む

ココナッツオイル、コレウスフォルスコリエキス末(コレウスフォルスコリ抽出デキストリン)/ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、バリン、ロイシン、イソロイシン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6

DHCが販売しているサプリメント「フォースコリー」にはシソ科の植物から抽出した「コレウスフォルスコリ」が脂肪の代謝を助けるので、体脂肪分解に期待が出来ます。

「フォースコリー」には、「コレウスフォルスコリ」以外にもアミノ酸の「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」や、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6も配合されているので、ダイエットと同時に、不足しがちな栄養素も補うことが出来ます。DHCのサプリメントは店頭販売もされているため、手軽に購入できるのも利点の一つです。

シボヘールにも配合されているダイエットサポート成分「葛の花イソフラボン」の効果により、脂肪燃焼効果があるためダイエットに適しています。

どちらのサプリメントも、脂肪を減らしやすくするため、併用することで、体脂肪の減少に期待が出来ます。

シボヘール公式サイトはこちら

 

[シボヘールの飲み方/効果的]飲み忘れた時

シボヘールはサプリメントなので、毎日続けることが大切です。

毎日欠かさず飲むことで、少しづつ身体に効果が表れます。

そのため、飲み忘れには注意が必要です。

シボヘールはどのタイミングで飲んでも問題はありませんが、より効果を発揮させるためには、朝・昼・晩の食事前や食事後などに飲んだり、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行う前に飲むことで、脂肪をより燃焼しやすくなります。

食後や運動前など毎日決まった時間に飲み続けることで、飲み忘れを防止することもできます。

運動は毎日欠かさず行うのは難しい方もいると思うので、おすすめの習慣は、食事の前です。

食事はほとんどの方が毎日欠かさず食べていると思うので、習慣づけしやすいといえます。

もし、飲み忘れてしまっても多少は問題ありませんが、飲み忘れたからと言って、2回分まとめと飲まないようにしましょう。

食事やサプリメントから摂取した栄養素や成分を体内で吸収できる量には限度があります。

吸収しきれなかった分は、尿や便と一緒に体外に排出されてしまうため、まとめて飲むことは効果なしなのです。

飲み忘れを防止するために、毎日の習慣をつけることや、カレンダーなどにチェックを入れたり、スマートフォンのリマインダー機能を使うなど、自分なりに工夫して、飲み続けられるようにしましょう。

シボヘールの効果的な飲み方・飲み忘れた時はどうする?ダイエット効果を高める正しい飲み方

シボヘールは「葛の花イソフラボン」が配合されていて、脂肪を減らしやすい体づくりをサポートするサプリメントです。

サプリメントなので、ほかの薬やサプリメントとの飲み合わせは問題がなく、副作用も心配ありません。

正しい飲み方は決まっておらず、飲むタイミングも、服用している人の好きなタイミングで大丈夫です。

ただ、よりダイエットに効果的な飲み方というものはあります。

シボヘールをいつ飲むのが効果的なのでしょう?それは、飲む時間を朝・昼・晩の食後や運動後、寝る前など毎日飲む時間を決めて欠かさず飲むことです。

飲む時間を決めることで、シボヘールを飲む習慣がついて、飲み忘れ防止にもなります。

サプリメントは医薬品のように急に効果が出るわけではなく、継続して飲み続けることで少しづつ効果が表れます。

飲み忘れてしまうと、その分効果が表れるのも遅くなってしまうので、週間にすることは大切です。

公式サイトでも、3か月間の継続した服用を推奨しています。

また、食後に摂取することで、胃腸の活動も活発になっているため、サプリメントの成分も食事の栄養と一緒に体内に吸収されやすくなります。

また、1回に大量に飲んでも、体内に吸収される成分には限界があるため、回数を分けて飲むことも大事です。

シボヘールの1日の推奨量は4粒なので、1日4回に分けて少しずつ飲むことが効率のいい飲み方だといえます。

シボヘール公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました